クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ルノー・メガーヌ インテンス(FF/7AT)

ザ・フツー 2021.10.04 試乗記 マイナーチェンジで新世代の1.3リッターターボエンジンが採用された「ルノー・メガーヌ」に試乗。同ユニットを積む弟分の「ルーテシア」や従来型の1.6リッターモデルとの違いについてリポートする。

スポーツモデルだけじゃない

メガーヌといえば、対句のように続くのが「ルノースポール(R.S.)」だが、R.S.じゃないメガーヌが刷新された。

いちばん大きなニュースは、エンジンが新たに1.3リッターになったことである。これまでは1.6リッターの「GT」が日本仕様のフツーメガーヌだった。いや、GTもルノースポールがプロデュースした最高出力205PSのスポーツモデルだから、フツーとはいえなかった。

お尻が洋館のバルコニーみたいだったメガーヌII時代(2004年~)に始まるR.S.は、これまでに日本で約4200台が売れたという。多いときでR.S.以外のメガーヌの2倍を数えることもあったというから、R.S.がメガーヌの代名詞であったことは間違いない。

それはそれとして、今後はフツーのメガーヌもよろしくと登場したのが1.3リッターのインテンスである。2017年秋の現行4代目メガーヌ導入以来、標準グレードの上級装備モデルを意味する「インテンス」がメガーヌのラインナップに加わるのは初めてである。

今回試乗したのはハッチバック(310万円)。20万円高でステーションワゴンの「スポーツツアラー」も用意される。

マイナーチェンジを受けた「ルノー・メガーヌ」。「インテンス」単一のグレード展開で、2021年8月に国内販売がスタートした。
マイナーチェンジを受けた「ルノー・メガーヌ」。「インテンス」単一のグレード展開で、2021年8月に国内販売がスタートした。拡大
インテリアカラーはブラックのみ。中央の7インチタッチスクリーンを介してスマートフォンのミラーリングができるマルチメディアシステム「イージーリンク」が新たに採用された。
インテリアカラーはブラックのみ。中央の7インチタッチスクリーンを介してスマートフォンのミラーリングができるマルチメディアシステム「イージーリンク」が新たに採用された。拡大
前席にはシートヒーターが標準装備される。高さ調節のリフターは運転席・助手席ともに、ランバーサポートは運転席のみ備わる。
前席にはシートヒーターが標準装備される。高さ調節のリフターは運転席・助手席ともに、ランバーサポートは運転席のみ備わる。拡大
60:40分割可倒式の後席。前席と同様、レザー調の素材とファブリックで仕立てられている。センターの背もたれは左右席のアームレストを兼ねる。
60:40分割可倒式の後席。前席と同様、レザー調の素材とファブリックで仕立てられている。センターの背もたれは左右席のアームレストを兼ねる。拡大

なかなかの俊足だが……

1.3リッターの直噴4気筒ターボはすでにルーテシアに搭載されているパワーユニットのチューンナップ版である。ルノー/日産/三菱アライアンスとダイムラーが共同開発したもので、現行「メルセデス・ベンツAクラス」にも使われている。

ルーテシアより120kg増えた車重(1320kg)に対処して、最高出力は131PSから159PSへ、最大トルクは240N・mから270N・mへと向上している。湿式のデュアルクラッチ変速機はゲトラグ製の7段型だ。

走りだすと、なかなかの俊足ハッチである。けっこうターボ感のあるエンジンで、低い回転域から厚みのあるトルクを生み、ルーテシアよりひとまわり大きい5ドアハッチバックボディーを軽快に加速させる。70kg重いスポーツツアラーまで考えた出力特性だから、ハッチバックなら余裕しゃくしゃくという感じだ。

タイヤサイズは225/40R18と十分スポーティーだが、フツーのメガーヌだから、足まわりはこれまでのGTほど硬くない。猫足というほどしなやかではないものの、平滑な路面では軽快な乗り心地をみせる。

ただし、フトコロはそう深くなくて、荒れた舗装路だと、けっこう揺すられる。ボディーの剛性感も含めて、プラットフォーム(車台)の新しいルーテシアのほうが乗り心地の品質感は高いと感じた。

エンジンは、最高出力159PSの1.3リッターターボに一本化された。WLTCモードの燃費値は、「ルーテシア」より0.5ポイント良好な17.5km/リッター。
エンジンは、最高出力159PSの1.3リッターターボに一本化された。WLTCモードの燃費値は、「ルーテシア」より0.5ポイント良好な17.5km/リッター。拡大
1.3リッターという控えめな排気量ながら、1800rpmという低回転域で270N・mもの最大トルクを発生。軽快なピックアップをみせる。
1.3リッターという控えめな排気量ながら、1800rpmという低回転域で270N・mもの最大トルクを発生。軽快なピックアップをみせる。拡大
「HIGHTEK」と呼ばれるデザインの18インチアルミホイール。タイヤはコンチネンタルの「プレミアムコンタクト6」が組み合わされていた。
「HIGHTEK」と呼ばれるデザインの18インチアルミホイール。タイヤはコンチネンタルの「プレミアムコンタクト6」が組み合わされていた。拡大
バンパーやグリルのデザインが改められたフロントまわり。クロームのアクセントを添えることで質感の向上が図られている。
バンパーやグリルのデザインが改められたフロントまわり。クロームのアクセントを添えることで質感の向上が図られている。拡大

「安全」も変わった

7段DCTは高速道路での100km/h巡航を1800rpmまで落としてくれる。100km/hキープでシフトダウンしてゆくと、4速の3800rpmに上がったあたりでやっとそれらしいエンジンのうなりが届く。変速も滑らかでスピーディーだ。シフトパドルが欲しいと思った。

オクテだった運転支援装備は、日産プロパイロットとほぼ同等のものがインストールされた。ACC(アダプティブクルーズコントロール)はストップ&ゴー機能付きの、いわゆる全車速型だ。

個人的に「付いててよかった!」と思った経験がある「リアクロストラフィックアラート」も備わる。ぎっしり埋まったサービスエリアの駐車場などからバックで出るときに、こちらに向かってくる見えないクルマの存在を教えてくれる機能だ。

液晶メーターパネルの正面には常にメガーヌの後ろ姿が表示されていて、走行中、そこに小さな数字が出る。前走車との車間秒数だ。以前からあった「セーフティーディスタンスワーニング」である。

とるべき車間距離は、速度によって変わる。その点、車間秒数は絶対的で、自動運転に使われる車間のデータは、距離ではなく時間である。しかし、だからといって0.9秒とか1.7秒とか2.4秒とかいった数字をそこに出してもらっても、活用のしようがない。というか、車間はなにより前を見てればわかるという話なのだが、バージョンアップした運転支援システムを搭載しても、オリジナルの安全デバイスを据え置いているところに、ルノーの意地を感じる。

今回は370kmほどの道のりを試乗。燃費は満タン法で15.8km/リッター、車載の燃費計で14.7km/リッターを記録した。
今回は370kmほどの道のりを試乗。燃費は満タン法で15.8km/リッター、車載の燃費計で14.7km/リッターを記録した。拡大
運転支援システムの充実も、「メガーヌ」のマイナーチェンジにおけるトピックのひとつ(写真はステアリングスポークに備わる、ストップ&ゴー機能付きACCのスイッチ)。
運転支援システムの充実も、「メガーヌ」のマイナーチェンジにおけるトピックのひとつ(写真はステアリングスポークに備わる、ストップ&ゴー機能付きACCのスイッチ)。拡大
メーターパネルは7インチのカラー液晶。選択したドライブモードによりイルミネーションカラーが変化する。
メーターパネルは7インチのカラー液晶。選択したドライブモードによりイルミネーションカラーが変化する。拡大
トランスミッションは7段のデュアルクラッチ式AT。本革仕立てのシフトノブはクロームのアクセントで飾られる。
トランスミッションは7段のデュアルクラッチ式AT。本革仕立てのシフトノブはクロームのアクセントで飾られる。拡大

ルーテシアとは一長一短

リモコンキーをポケットに入れて、後ろからクルマに近づくと、リアランプが点き、ドアロックが解除され、室内灯やアンビエントライトがオンになってドライバーを迎える。運転席に座ってドアを閉めれば、低音のウエルカムジングルがグオーンと響く。そこまでの“おもてなし”はGTと同じである。

R.S.にも興味津々だけど、ふだんは奥さんも運転するし、小さな子どもも乗せるから、とてもあんな超ドライバーズカーには手が出せない、なんていう人にGTはうってつけだった。

メガーヌGTを1泊の遠出に使わせてもらったことがあるが、エンジンも足まわりもスポーティーでありながら、乗り心地などの快適性も十分高い。名前通り、グランドツーリングがしたくなるスポーツハッチで、地味ながら、隠れたルノーの名車だと思った。

それに代わって登場した1.3リッターのインテンスは、R.S.偏重の日本市場に久々に投入されるフツーのメガーヌである。走る性能のコスパでは、設計の新しいルーテシアが一枚上手だと感じたが、メガーヌにはより広いリアシートと荷室が付いてくる。あと、後席ドアのレバーが、外側にちゃんと水平に付いているのは、やっぱり使いやすいと思った。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=郡大二郎/編集=関 顕也)

ドライブモードは4種類。ユーザーが個別に設定する「My Sense」のほか「Sport」「Comfort」「Eco」が選べる。
ドライブモードは4種類。ユーザーが個別に設定する「My Sense」のほか「Sport」「Comfort」「Eco」が選べる。拡大
センターコンソールのソケット類。USBのほかAUXにも対応する。
センターコンソールのソケット類。USBのほかAUXにも対応する。拡大
運転席と助手席の間には、さまざまな収納スペースが確保される。(写真右端にスイッチが見える)電動パーキングブレーキには、オートホールド機能が追加された。
運転席と助手席の間には、さまざまな収納スペースが確保される。(写真右端にスイッチが見える)電動パーキングブレーキには、オートホールド機能が追加された。拡大
今回試乗したハッチバックの「メガーヌ」は、ワゴンボディーの「メガーヌ スポーツツアラー」に対して全長が240mm短い。ホイールベースにも違いがあり、ワゴンのほうが40mm長くなる。
今回試乗したハッチバックの「メガーヌ」は、ワゴンボディーの「メガーヌ スポーツツアラー」に対して全長が240mm短い。ホイールベースにも違いがあり、ワゴンのほうが40mm長くなる。拡大

テスト車のデータ

ルノー・メガーヌ インテンス

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4395×1815×1485mm
ホイールベース:2670mm
車重:1320kg
駆動方式:FF
エンジン:1.3リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:159PS(117kW)/5500rpm
最大トルク:270N・m(27.5kgf・m)/1800rpm
タイヤ:(前)225/40R18 92W/(後)225/40R18 92W(コンチネンタル・プレミアムコンタクト6)
燃費:17.5km/リッター(WLTCモード)
価格:310万円/テスト車=331万2700円
オプション装備:カーナビETC2.0セット(15万円)/フロアマット(3万0800円)/エマージェンシーキット(3万1900円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:1584km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:371.8km
使用燃料:23.4リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:15.8km/リッター(満タン法)/14.7km/リッター(車載燃費計計測値)

ルノー・メガーヌ インテンス
ルノー・メガーヌ インテンス拡大
ステアリングホイールは下端がフラットなタイプ。表皮にはフルグレインレザーが採用されている。
ステアリングホイールは下端がフラットなタイプ。表皮にはフルグレインレザーが採用されている。拡大
荷室の容量は5人乗車時で473リッター。「ルーテシア」の391リッターに対して約80リッターのアドバンテージがある。なお、ワゴン版たる「メガーヌ スポーツツアラー」の場合は580リッター。
荷室の容量は5人乗車時で473リッター。「ルーテシア」の391リッターに対して約80リッターのアドバンテージがある。なお、ワゴン版たる「メガーヌ スポーツツアラー」の場合は580リッター。拡大
後席の背もたれを倒すことで、積載容量は1367リッターにまで拡大できる。ただし底部には傾斜や段差が残り、完全なフラットフロアにはならない。
後席の背もたれを倒すことで、積載容量は1367リッターにまで拡大できる。ただし底部には傾斜や段差が残り、完全なフラットフロアにはならない。拡大
リアのウインカーは、光源が車体中央から外側に流れるように見えるシーケンシャルタイプとなっている。
リアのウインカーは、光源が車体中央から外側に流れるように見えるシーケンシャルタイプとなっている。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ルノー メガーヌ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。