GAZOOから気軽にレースを楽しめる新プログラム

2014.07.24 自動車ニュース
ワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」の様子。
ワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」の様子。 拡大

GAZOO Racingが気軽にレースを楽しめる新プログラムを発表

トヨタのGAZOO Racingは2014年7月23日、一般ユーザーのモータースポーツへの参加をサポートする「GAZOO Racingチャレンジプログラム」を発表した。

記者発表会で「GAZOO Racingチャレンジプログラム」について説明するレーシングドライバーの井口卓人選手。
記者発表会で「GAZOO Racingチャレンジプログラム」について説明するレーシングドライバーの井口卓人選手。
    拡大
今回のプログラムには、サーキット走行の基礎などを学ぶドライビングレッスンも含まれている。
今回のプログラムには、サーキット走行の基礎などを学ぶドライビングレッスンも含まれている。
    拡大

GAZOOから気軽にレースを楽しめる新プログラムの画像 拡大

今回発表されたのは、ナンバー付きの「トヨタ86」「スバルBRZ」で行われるワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」向けのプログラムであり、7月24日に申し込み受け付けを開始する。

内容はレースへの参加に関わるサポート全般となっており、競技車両やタイヤなどの消耗品やメカニックはいずれも事務局が手配する。競技車両の保険も用意されており、ドライバーはフルフェイスヘルメットやレーシングスーツなど身の回りの装備品を準備するだけで、レースに参加することができる。

また、プログラムには「GAZOO Racingスポーツドライビングレッスン」(1回)も含まれており、参加者はスポーツ走行の基礎などを学んだうえで、レースに出場することとなる。

対象となるレースは、第7戦(9月6日・7日:岡山国際サーキット)、第8戦(9月20日・21日:富士スピードウェイ)、第9戦(10月12日:オートポリス)第10戦(11月8日・9日:鈴鹿サーキット)の4レースで、参加枠は各回につき2人。2014年の定員は合計8人となっている。

応募条件は、年齢21歳以上でJAF公認レース未経験者、サーキット走行経験者のみ。参加費用は42万8760円(消費税8%込み)。

(webCG)
 

関連キーワード:
86, BRZ, トヨタ, スバル, モータースポーツ, 自動車ニュース

トヨタ 86 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・スープラRZ“ホライズンブルーエディション”(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.24 試乗記 デビューからわずか1年余りで、エンジンのパワーアップを伴う大きな改良を受けた「トヨタ・スープラRZ」。“いいものがあれば即座に使う”というGRならではのクルマづくりは、3リッター直6ターボの高性能スポーツカーに、劇的な進化をもたらしていた。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • TOM'Sスープラ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.8 試乗記 トヨタのオフィシャルチューナーであるTOM'Sから、「トヨタ・スープラ」のコンプリートモデル「TOM'Sスープラ」が登場。レースカーかと見まがうボディーにノーマル比+120PSのハイチューンエンジンを搭載したマシンは、“通(ツウ)”をもうならせる一台に仕上がっていた。
  • 「スープラ」と「Z4」はどっちがおトク?
    兄弟スポーツカーのコスパについて考える
    2019.5.31 デイリーコラム 「トヨタ・スープラ」と「BMW Z4」の新型は、基本的なメカニズムを共有する兄弟車。プライスリストを見比べてみると、ずいぶん価格差があるようだが……? 両車の装備を比較しつつ、コストパフォーマンスについて検証した。
ホームへ戻る