第59回「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」

2014.07.25 水野和敏的視点

“慣れ”に頼っていないだろうか?

今回はちまたで話題のニューモデル「スバル・レヴォーグ」を取り上げます。このクルマは日本市場を見据えて、ボディーサイズを抑えたことが話題になりました。北米を向いた「レガシィ」が、おそらく今後、ますます大型化することに対応したのでしょう。国内では、実質的にレガシィの後継となるツーリングワゴンです。

エンジンは、1.6リッターと2リッターの2種類。いずれももちろん水平対向エンジンで、ターボで過給されます。直噴機構が採り入れられ、JC08モードのカタログ燃費は、1.6が16.0~17.4km/リッター、2リッターは13.2km/リッターと記載されます。価格は、1.6が266万7600~305万6400円。2リッターが334万8000~356万4000円になります。

いきなり結論めいたことを言います。レヴォーグは、いかにもワゴンを造り慣れたスバルらしい、そつなくよくできたクルマです。しかし一方では、「ワゴンとはこうしたものだ」という思い込みと慣れ……といったら言い過ぎですが、既存の概念にとらわれすぎているところも感じます。せっかくのワゴン専用ボディーなのですから、もっと基本に立ち返って理想に向かってほしかった、という部分もあるというのが正直なところです。

それでは具体的に見ていきましょう。


第59回「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」の画像 拡大

第59回「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」の画像 拡大

第59回「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」の画像 拡大
スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1780×1485mm/ホイールベース:2650mm/車重:1540kg/駆動方式:4WD/エンジン:1.6リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:CVT/最高出力:170ps/4800-5600rpm/最大トルク:25.5kgm/1800-4800rpm/タイヤ:(前)215/50R17 (後)215/50R17/車両本体価格:277万5600円
スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1780×1485mm/ホイールベース:2650mm/車重:1540kg/駆動方式:4WD/エンジン:1.6リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:CVT/最高出力:170ps/4800-5600rpm/最大トルク:25.5kgm/1800-4800rpm/タイヤ:(前)215/50R17 (後)215/50R17/車両本体価格:277万5600円 拡大

第59回「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」の画像 拡大

関連キーワード:
レヴォーグ, スバル

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • これは“超革新”だ! 次期「スバル・レヴォーグ」でわかっていること 2020.1.17 デイリーコラム 2020年の後半に発売をひかえる、次期「スバル・レヴォーグ」。オートショーでのプロトタイプ展示や関係者への取材を通して、新型ならではの注目すべきポイントが次第に見えてきた。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.12.7 試乗記 スバル独自の4WD機構がかなえる、高い運動性能が自慢のスポーツワゴン「レヴォーグ」。300psの高出力と400Nmの大トルクを発生する高性能グレード「2.0GT-S EyeSight」に試乗し、マイナーチェンジを経た“最新版”の、進化のほどを確かめた。
  • ドレスアップに安全装備の充実も トヨタが「アクア」の一部仕様を変更 2020.8.6 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年8月6日、コンパクトカー「アクア」の一部仕様を変更し、同日、販売を開始した。グレードにより、スポーティーモデル専用のアルミホイールが標準化されたほか、安全装備の充実が図られている。
ホームへ戻る