第59回「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」

2014.07.25 水野和敏的視点

“慣れ”に頼っていないだろうか?

今回はちまたで話題のニューモデル「スバル・レヴォーグ」を取り上げます。このクルマは日本市場を見据えて、ボディーサイズを抑えたことが話題になりました。北米を向いた「レガシィ」が、おそらく今後、ますます大型化することに対応したのでしょう。国内では、実質的にレガシィの後継となるツーリングワゴンです。

エンジンは、1.6リッターと2リッターの2種類。いずれももちろん水平対向エンジンで、ターボで過給されます。直噴機構が採り入れられ、JC08モードのカタログ燃費は、1.6が16.0~17.4km/リッター、2リッターは13.2km/リッターと記載されます。価格は、1.6が266万7600~305万6400円。2リッターが334万8000~356万4000円になります。

いきなり結論めいたことを言います。レヴォーグは、いかにもワゴンを造り慣れたスバルらしい、そつなくよくできたクルマです。しかし一方では、「ワゴンとはこうしたものだ」という思い込みと慣れ……といったら言い過ぎですが、既存の概念にとらわれすぎているところも感じます。せっかくのワゴン専用ボディーなのですから、もっと基本に立ち返って理想に向かってほしかった、という部分もあるというのが正直なところです。

それでは具体的に見ていきましょう。


第59回「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」の画像 拡大

第59回「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」の画像 拡大

第59回「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight」の画像 拡大
スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1780×1485mm/ホイールベース:2650mm/車重:1540kg/駆動方式:4WD/エンジン:1.6リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:CVT/最高出力:170ps/4800-5600rpm/最大トルク:25.5kgm/1800-4800rpm/タイヤ:(前)215/50R17 (後)215/50R17/車両本体価格:277万5600円
スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1780×1485mm/ホイールベース:2650mm/車重:1540kg/駆動方式:4WD/エンジン:1.6リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:CVT/最高出力:170ps/4800-5600rpm/最大トルク:25.5kgm/1800-4800rpm/タイヤ:(前)215/50R17 (後)215/50R17/車両本体価格:277万5600円 拡大
関連記事
  • スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2014.7.29 試乗記 日本を意識して開発したという、新型ワゴン「スバル・レヴォーグ」に試乗。「レガシィ」誕生から25年の節目に生まれた“新顔”の実力を、燃費とあわせて報告する。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2014.8.6 試乗記 リアルスポーツカーとグランドツーリングカーの融合を目指して開発された、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。実際に乗ってみたら、どうなのか? 最もパワフルかつスポーティーなグレードで試した。
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.4 試乗記 従来より幅広い車速域での運転支援を実現したアイサイト・ツーリングアシスト。この最新機能は走りを磨いた「STI Sport」にどんな“愉しさ”を与えたのか。「レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight」に試乗した。
  • スバル・レヴォーグ(その1) 2014.4.15 画像・写真 2014年6月発売。スバルの新世代ワゴン「レヴォーグ」の姿を写真で紹介する。
  • スバル・レヴォーグ【開発者インタビュー】 2014.2.3 試乗記 富士重工業 スバル商品企画本部 プロジェクトゼネラルマネージャー 熊谷泰典(くまがい やすのり)さん 国内専用のニューモデルとして2014年春に市場投入される、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。その誕生の背景は、どのようなものだったのか? 開発責任者に話を聞いた。
ホームへ戻る