ポルシェ・ケイマン:初代にこそ高い志が宿る!?

2011.12.05 コレはゼッタイ!

【コレはゼッタイ!】ポルシェ・ケイマン:初代にこそ高い志が宿る!?

新型「911」のデビューで盛り上がるポルシェブース。しかしその一角で、見逃すことができないオーラを発するモデルがあった。会場では「ケイマン」の運転席に、今一度、座ってみてほしい!

■「奇跡のレイアウト」にしばし妄想す

ポルシェと言えば、「911」が7代目へと進化し、これが一番の話題となっている。それでも筆者は「ケイマン」をイチオシしたい。すでに登場して久しいモデルだから、注目すべきポイントも少ないが、新型車がめじろ押しのショーの中にあっても、「買うなら絶対にコレ!」と思えるオーラは漂っていた。

グレードは最終進化形といえる「ケイマンR」でなくとも構わない。大切なのはそのサイズ(全長×全幅×全高=4345×1800×1285mm)であり、車重(ケイマンRで1340kg)であり、車体中央に低重心な水平対向6気筒エンジンを搭載する奇跡のレイアウトである。市販車としてはこれ以上望めない、最上の物理的なシャシーバランスを、ポルシェの完成度で得られるクルマはこれしかない。

すでにニュー・ケイマンが、新型911のシャシーの前半を使って開発されているようだが、こういうクルマこそ初代モデルにその志が強く貫かれていると思う。ポルシェ・ジャパンには怒られてしまいそうだが、程度の良い初期モデルを手に入れて、ひそやかに趣味のポルシェを楽しむ……そんな妄想が膨らむ。それを確認する意味でも、今一度、モーターショーでそのコクピットに座ってみてほしいのだ。

(文=山田弘樹/写真=峰昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.5.13 試乗記 2.5リッターターボから4リッターの自然吸気へとエンジンが変更された「ポルシェ718ボクスター/ケイマンGTS」。まさかの“アップサイジング”を図ったポルシェの思惑とは? 新エンジンを得た新型GTSの走りとともに、ポルトガル・エストリルより報告する。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
ホームへ戻る