「シビック」シリーズがホンダの目玉【パリサロン2014】

2014.10.02 自動車ニュース
「シビック タイプRコンセプト」
「シビック タイプRコンセプト」 拡大

【パリサロン2014】「シビック」シリーズがホンダの目玉

本田技研工業はパリモーターショー(会期:2014年10月2日~10月19日)で、「シビック タイプRコンセプト」ほか、欧州市場向けの新型車を発表した。


 

「シビック タイプRコンセプト」のリアビュー。
「シビック タイプRコンセプト」のリアビュー。 拡大
新グレードの「シビック スポーツ」(欧州専用車)。
新グレードの「シビック スポーツ」(欧州専用車)。 拡大
「CR-V」マイナーチェンジモデル。
「CR-V」マイナーチェンジモデル。 拡大
新型「HR-V」(欧州仕様。日本名「ヴェセル」)。
新型「HR-V」(欧州仕様。日本名「ヴェセル」)。 拡大
新型「ジャズ」(欧州仕様。日本名「フィット」)。
新型「ジャズ」(欧州仕様。日本名「フィット」)。 拡大

ホンダはパリモーターショーにおいて、欧州での基幹車種である「シビック」シリーズと「CR-V」のマイナーチェンジモデルを発表した。また、新型「HR-V」(日本名「ヴェゼル」)と新型「ジャズ」(同「フィット」)の欧州仕様プロトタイプも初出展した。主な出展モデルとその概要は以下のとおり。

・「シビック タイプRコンセプト」
2014年3月のジュネーブモーターショーに続く2度目の出展。欧州で2015年に発売予定の次期「シビック タイプR」のデザインの方向性を示している。量産型には280ps以上を発生する新開発の2リッター直噴ガソリンターボエンジンを搭載し、6段MTを組み合わせる。ボタンを押すとエンジンとサスペンションがスポーティーなセッティングに切り替わる「+R」モードを採用する。

・「シビック」シリーズのマイナーチェンジモデル
欧州専用の「シビック」(5ドア)と「シビックツアラー」のフロントデザインを変更し、デイタイムランニングライトを内蔵した新デザインのヘッドライトなどを採用する。また、シビック5ドアには新グレードの「シビック スポーツ」を設定する。専用リアスポイラーや17インチアルミホイール、現在開発中のシビック タイプRを思い起こさせるメッシュタイプのフロントバンパーグリルなどを採用し、スポーティーなイメージを演出している。

・「CR-V」マイナーチェンジモデルプロトタイプ
新デザインのフロントグリル、ヘッドライト、リアコンビネーションランプ、バンパーを採用するとともに、1.6リッターi-DTECディーゼルエンジンに、従来比で40ps強化した160psの高出力仕様を追加する。このエンジンには従来の6段MTに加え、ホンダブランドで初の採用となる9段ATを組み合わせる。

・新型「HR-V」欧州仕様プロトタイプ
1.5リッター直噴DOHC i-VTECガソリンエンジンと1.6リッターi-DTECディーゼルエンジンを搭載する。2015年夏発売予定。

・新型「ジャズ」欧州仕様プロトタイプ
1.3リッターDOHC i-VTECエンジンを搭載する。2015年夏発売予定。

(webCG)

関連キーワード:
CR-V, シビック, ホンダ, パリモーターショー2014, 自動車ニュース

ホンダ CR-V の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-V 2018.8.11 画像・写真 本田技研工業は2018年8月10日、同年8月30日に国内デビューを予定している5代目「ホンダCR-V」の姿を報道関係者に公開した。新型には、1.5リッター直4ターボエンジン搭載車と、CR-V初となるハイブリッド車がランナップされる。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【レビュー】 2019.1.21 試乗記 およそ2年のインターバルを経て、2018年8月に日本市場に復帰したホンダのミドルクラスSUV「CR-V」。4WDの実力を試すべく、スタッドレスタイヤを履いたハイブリッド車を借り出したものの、試乗ではむしろパワートレインの上質感に感銘を受けることとなった。
  • 日産ノート 2020.11.24 画像・写真 日産がコンパクトハッチバック「ノート」をフルモデルチェンジ。2020年11月24日、3代目となる新型を発表した。2021年に発売されるEV「アリア」とともに新生日産を代表するクルマと位置づけられる最新型の姿を、写真で紹介する。
  • SUVの「クラウン」はアリなのか? 絶滅危惧車の運命について考える 2020.11.23 デイリーコラム 販売不振にあえぐ大物セダン「トヨタ・クラウン」に未来はあるか? 現実味を帯びてきた“クラウンSUV化計画”や、クラウンと同様苦境に立たされた不人気モデルの今後について、識者はこう考える。
ホームへ戻る