燃費性能を改善した新VWクロスポロ発売

2014.11.06 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・クロスポロ」
「フォルクスワーゲン・クロスポロ」
    拡大

フォルクスワーゲン、燃費性能を改善した「クロスポロ」を発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年11月6日、コンパクトハッチバック「ポロ」のラインナップに「クロスポロ」を設定し、発売した。

新色の「ハニーオレンジメタリック」。
新色の「ハニーオレンジメタリック」。
    拡大
新色の「チタニウムベージュメタリック」。
新色の「チタニウムベージュメタリック」。
    拡大
バイキセノンヘッドライトパッケージおよびACCパッケージオプション装着車のインテリア。
バイキセノンヘッドライトパッケージおよびACCパッケージオプション装着車のインテリア。
    拡大
「クロスポロ」のシート。(写真をクリックするとカラーバリエーションが見られます)
「クロスポロ」のシート。(写真をクリックするとカラーバリエーションが見られます)
    拡大

クロスポロは、ポロをベースに専用デザインのバンパーやホイールハウスエクステンションを装備するなど、内外装をSUV風にドレスアップしたモデルである。日本では2006年9月に先代のポロをベースとしたモデルの導入が開始され、現行の5代目をベースとしたものは2010年6月に発売されていた。

今回のモデルは、ベース車のポロを2014年8月にマイナーチェンジしたのに伴い、改良を施したものである。エンジンは「ポロTSIコンフォートライン」と同じ1.2リッター直4直噴ターボで、トランスミッションには7段DSGを搭載。今回初めてアイドリングストップ機構を採用したことで、従来モデルより約16%高い21.9km/リッターの燃費(JC08モード)を実現している。

ボディーカラーは新色2色を含む全5色の設定で、特に歴代クロスポロのテーマカラーであるオレンジに関しては、これまでのポップな色調から落ち着いたトーンの「ハニーオレンジメタリック」に変更した。

一方、インテリアはブラックを基調に、シートの座面や背もたれの内側、ドアトリムにアクセントカラーをあしらったもので、ボディーカラーがハニーオレンジメタリックまたは「チタニウムベージュメタリック」の場合はベージュ、「フラッシュレッド」の場合はレッド、「リフレックスシルバーメタリック」の場合はグレーを組み合わせている。

これらを含む、クロスポロ専用装備は以下の通り。
・フロント&リアバンパー
・ホイールハウスエクステンション
・シルバードアミラー
・シルバールーフレール
・ボディー色とカラーコーディネートされたファブリックシートとドアパネル(ベージュ、レッド、グレー)
・215/40R17タイヤ、7.5Jx17アルミホイール(10スポーク)

また、ベース車と同じくプリクラッシュブレーキシステムの「フロントアシストプラス」や「シティエマージェンシーブレーキ」「マルチコリジョンブレーキシステム」を標準で採用するなど、充実した安全装備も同車の特徴となっている。

価格は275万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ポロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.4.23 試乗記 新型「フォルクスワーゲン・ポロ」のモデルラインナップに、1.5リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「TSI Rライン」が加わった。気筒休止機構やコースティング機構など最新のテクノロジーを手にデビューした、中間グレードの出来栄えやいかに!?
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • 日産フェアレディZ プロトタイプ 2020.9.16 画像・写真 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。S30型と呼ばれる初代を筆頭に、歴代Zのモチーフを取り入れたというそのデザインは、7代目となる次期型フェアレディZにも踏襲されるという。同車の姿を、内覧会の様子とともに写真で紹介する。
  • 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を発表 伝統のロングノーズにV6ターボを搭載 2020.9.16 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。7代目となる新型「フェアレディZ」のデザインを示唆するモデルで、初代をほうふつさせるエクステリアが特徴。パワートレインは、V6ツインターボエンジンと6段MTを組み合わせているという。
ホームへ戻る