クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第373回:イタリア製ジープは、SUV市場に新しい風を巻き起こすか!?

2014.11.14 マッキナ あらモーダ!

最新版・本場のフィアット系販売店の風景

ここ数年イタリア国内のフィアット系販売店は、市場の規模縮小と、それに伴う本社からの指導により、取り扱い各ブランドの展示スペース集約化を進めてきた。

具体的にいうと10年くらい前までは、同じ地域の販売会社が経営しているにもかかわらず、フィアット、ランチア、アルファ・ロメオそれぞれに独立したショールームが与えられているところが多かった。それが近年では、3ブランドを段階的に同じショールームで扱うようになってきた。
加えて2009年にフィアットグループがクライスラーと提携し、今日のフィアット・クライスラーに至る第一歩を踏み出したことで、イタリアのフィアットディーラーは、ジープブランドも一緒に並べるようになった。

ボクの街のフィアット系ディーラーもこんにち、上記の各ブランドをひとつのショールームに集約して展示している。展示構成は期間中の販売強化車種によって異なるが、目下ジープ3台、フィアット、アルファ・ロメオ、ランチア各1台、といったところだ。ちなみに、2018年までの数カ年計画で新車がないランチアのスペースは、次第に狭められている。

2014年10月に開催されたパリモーターショーにおける「ジープ・レネゲード」。
2014年10月に開催されたパリモーターショーにおける「ジープ・レネゲード」。 拡大

ジープがヨーロッパで根付いている理由

ところでイタリアのカーセールス界でこの秋話題の一台といえば、ジープの新型車「レネゲード」だろう。レネゲードは2014年3月のジュネーブショーでデビューした。全長は4232mm。ジープ史上初のミニSUVである。先ごろ9月のパリモーターショーで公開された「フィアット500X」とプラットフォームを共有する。
このレネゲード、何よりもの話題は、これまたジープ史上初めてのイタリア生産であることだ。「フィアット・プント」を生産していることで知られる南部バジリカータ州のメルフィ工場で、すでに2014年夏に生産が開始されている。

イタリア仕様のエンジンはディーゼルの1.6リッターおよび2リッター、ガソリンは1.4リッターが用意される。駆動方式と変速機の組み合わせは、1.6リッターが2WD+6段MT、2リッターは4WD+9段AT/6段MT、1.4リッターは2WD+6段MTである。価格は付加価値税込みで、2万3500ユーロ(約335万円)からだ。

「イタリア製ジープ」と書いてしまうと少々衝撃的だが、ボク自身は、かなり売れるのではないかと今から読んでいる。その理由は、以下のとおりだ。

西ヨーロッパでジープブランドは、ダイムラー・クライスラー時代も一定の人気を維持してきた。特にオーストリアのマグナ・シュタイアー工場製の欧州版「グランドチェロキー」(2代目)は、2000年代初頭の自動車買い替えトレンドに伴う上昇志向の波に乗り、各国で成功を収めた。こちらで需要が高いディーゼル仕様を、メルセデス・ベンツ製エンジンで補ったことも功を奏した。

さらに考察すれば、歴史的経緯もある。フランスしかり、イタリアしかり、ジープは第二次世界大戦の連合国による祖国解放の象徴として、人々の記憶に刻まれている。当時を体験していない世代でも、解放記念日には毎年ニュースで映像が繰り返されるから、ジープの姿は忘れようにも忘れられない。ちなみに、イタリアでは今も小学校でパルチザン闘争や解放の歴史を学ぶ。そうした背景により、ジープは欧州に根づいたブランドなのである。

「ジープ・レネゲード」
「ジープ・レネゲード」 拡大
「ジープ・レネゲード トレイルホーク」のダッシュボード。
「ジープ・レネゲード トレイルホーク」のダッシュボード。 拡大
「ジープ・レネゲード」
「ジープ・レネゲード」 拡大

ディーラー待望のモデル

2014年9月最終のウイークエンドのこと、わが街のフィアット系ディーラーを通りかかると、ちょうどレネゲードの発表展示会をやっているところだった。多くのイタリア人が最後の海を楽しみに出掛けてしまい、店内はさぞ閑散としているかと思いきや、意外にもお客さんが吸い込まれてゆく。中に入ると3つある商談スペースも、すべて埋まっている。知り合いのセールスマン、アンドレア氏をつかまえると、「うまくいくことを願おう!」と、笑顔とともに叫んだ。
参考までに、2014年9月の欧州におけるジープブランドの販売台数は、前年同月比1354台増の3592台(JATO調べ)だった。

フィアット・クライスラーの地区担当者も、約60km離れたフィレンツェからやって来ていた。アンドレア氏の同僚マウリツィオ氏にもう少し詳しい話を聞くと「今、イタリアの自動車セールスで活況なのは、(脇に展示してあるグランドチェロキーを差しながら)高級車種か、廉価車種かのどちらかだよ」と教えてくれた。そうしたなかレネゲードのようなモデルは、まさにディーラー待望のモデルといえよう。

実際のクルマを見てみる。フィニッシュの質はかなり高い。ちなみに、GKNドライブライン社製のAWDドライブシステムをはじめとする、レネゲードにパーツを供給しているサプライヤーの構成をみると、今や純粋なイタリア企業は少ない。そうした意味でも、「イタリア製」というバイアスをかけた目で見るのは正しくない。
ディテールもなかなか凝っている。テールランプのレンズのなかには、ジープの伝統的フロントフェイスを模したロゴが刻まれているではないか。メーターパネルの、泥をかぶったようなグラフィックも、なかなか斬新である。さらに、ナビゲーションのディスプレイの上には、大胆にも「SINCE 1941」と、ジープの事実上の誕生年が、まるで老舗菓子店の看板のごとく記されている。

こうした演出、ボクが知る長年ジープオーナーのおじさんのような、フィアット傘下に入ったことにでさえ複雑な思いを寄せる超硬派ファンに、どう映るかは知らない。だが、本場米国人だけでは気づかない、世界のユーザー候補者の心理をくすぐる巧妙な仕掛けであることは確かだ。早くもこんなところに大西洋をまたいだチームワークのシナジー効果が現れている。

今日SUVおよびクロスオーバーはヨーロッパで人気の一ジャンルだ。その理由をマウリツィオ氏に聞くと、「いやー、なんといっても流行だからな」という、つかみどころのない答えが返ってきたが、それは現場のプロも認めているということだ。中でも日産車は特に人気がある。2014年1月から9月の欧州乗用車販売全体で、「キャシュカイ」は8位にランクインしている。「ジューク」も引き続き人気だ。
そこに投入されるレネゲードは、日本車にはないヘリティッジを武器に奮闘すると思われる。実際、レネゲードを買う人たちの下取り車は? と聞くとマウリツィオ氏は、「フィアット・ムルティプラ」などフィアット系モデルとともに「トヨタRAV4」、日産キャッシュカイなどを挙げた。
イタリア製ジープによる、SUV市場への戦いの火蓋は切られたばかりだ。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=Akio Lorenzo OYA、FCA)
 

発表展示会当日、シエナのフィアット系販売店に展示された「ジープ・レネゲード」(写真手前)。展示車はオプションパッケージ装着車で、価格は2万5550ユーロ(約364万円)。
発表展示会当日、シエナのフィアット系販売店に展示された「ジープ・レネゲード」(写真手前)。展示車はオプションパッケージ装着車で、価格は2万5550ユーロ(約364万円)。 拡大
回転計のグラフィック。一歩間違えれば子供っぽくなるところを、しゃれたユーモアにとどめているのはさすがである。
回転計のグラフィック。一歩間違えれば子供っぽくなるところを、しゃれたユーモアにとどめているのはさすがである。 拡大
ディスプレイの上には「SINCE 1941」の文字が刻まれている。
ディスプレイの上には「SINCE 1941」の文字が刻まれている。 拡大
ドア開口部に貼られた車体/エンジン/塗装番号ステッカー。「MADE IN ITALY」の文字がプリントされている。
ドア開口部に貼られた車体/エンジン/塗装番号ステッカー。「MADE IN ITALY」の文字がプリントされている。 拡大
テールランプはかなり凝ったカットのうえ、中央にジープの伝統的フロントフェイスが刻まれている。
テールランプはかなり凝ったカットのうえ、中央にジープの伝統的フロントフェイスが刻まれている。 拡大
シエナのフィアット系ディーラー「ウーゴ・スコッティ」で長年セールスを務めるマウリツィオ氏(写真左)と、フィレンツェから来ていたフィアット-クライスラーの地区担当者のファブリツィオ・グアルニエリ氏(写真右)。
シエナのフィアット系ディーラー「ウーゴ・スコッティ」で長年セールスを務めるマウリツィオ氏(写真左)と、フィレンツェから来ていたフィアット-クライスラーの地区担当者のファブリツィオ・グアルニエリ氏(写真右)。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。