スポーティーなルックスのアウディA4/A5登場

2014.11.11 自動車ニュース
「アウディA5クーペ S lineコンペティション」
「アウディA5クーペ S lineコンペティション」 拡大

スポーティーなルックスの「アウディA4/A5」登場

アウディ ジャパンは2014年11月11日、「A4」および「A5」シリーズに特別仕様車「S lineコンペティション」を設定し、販売を開始した。

「A4 S lineコンペティション」
「A4 S lineコンペティション」 拡大
「A4アバント S lineコンペティション」
「A4アバント S lineコンペティション」 拡大
「A5スポーツバック S lineコンペティション」
「A5スポーツバック S lineコンペティション」 拡大

今回の特別仕様車は、「A4/A4アバント」と「A5スポーツバック/A5クーペ」の「2.0 TFSI クワトロ」をベースに、エクステリアの各部を黒でスポーティーに加飾したものである。

具体的には、専用のフロント&リアバンパーやスポーツサスペンションなどからなる「S lineパッケージ」に加え、ブラックを基調とした「Audi exclusiveブラックハイグロススタイリングパッケージ」やブラックのドアミラーカバーを採用。アルミホイールはA4/A4アバントが「Audi sport 5Vスポークデザインチタンルック(8.5Jx19)」、A5スポーツバックが「5アームローターデザインチタンルック(9Jx19)」、A5クーペが5ツインスポークデザイン(9Jx20)となっている。

ボディーカラーは「グレイシアホワイト」「デイトナグレー」「ミサノレッド」の3種類。販売台数はA4が15台、A4アバントが40台、A5スポーツバックが15台、A5クーペが5台となっている。

価格は以下の通り。
・A4 S lineコンペティション:621万円
・A4アバント S lineコンペティション:649万円
・A5スポーツバック S lineコンペティション:700万円
・A5クーペ S lineコンペティション:713万円

(webCG)
 

関連キーワード:
A4, A5, A5スポーツバック, A4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4/A4アバント 2021.1.11 半世紀の進化の到達点 新アウディA4<AD> デザインからメカニズムまでリファインされた、アウディの基幹モデル「A4」「A4アバント」。一段と磨きのかかった最新型の走りは、このブランドならではの確かな技術力を感じさせてくれた。
  • アウディが「A4/A4アバント」に2種類のクリーンディーゼルエンジン搭載車を設定 2021.1.7 自動車ニュース アウディ ジャパンが「A4/A4アバント」のクリーンディーゼルモデルを発売。出力の異なる2種類の2リッターディーゼルターボエンジンを用意しており、FF車には最高出力163PSの「35 TDI」を、4WD車には最高出力190PSの「40 TDI」を採用している。
  • メルセデス・ベンツE300カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2021.1.15 試乗記 メルセデス・ベンツが綿々と歴史を紡ぐ4シーターオープンモデル「Eクラス カブリオレ」がマイナーチェンジ。アップデートされた運転支援システムやユーザーインターフェイスの出来栄えを確かめながら、開放感あふれる走りを味わった。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.12.28 試乗記 フルモデルチェンジ並みの改良が施された「メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ」に試乗。最新デジタル技術によって進化したインフォテインメントや日本初となるARカーナビの実用性に加え、48Vマイルドハイブリッドの走りをチェックした。
ホームへ戻る