スポーティーなルックスのアウディA4/A5登場

2014.11.11 自動車ニュース
「アウディA5クーペ S lineコンペティション」
「アウディA5クーペ S lineコンペティション」 拡大

スポーティーなルックスの「アウディA4/A5」登場

アウディ ジャパンは2014年11月11日、「A4」および「A5」シリーズに特別仕様車「S lineコンペティション」を設定し、販売を開始した。

「A4 S lineコンペティション」
「A4 S lineコンペティション」 拡大
「A4アバント S lineコンペティション」
「A4アバント S lineコンペティション」 拡大
「A5スポーツバック S lineコンペティション」
「A5スポーツバック S lineコンペティション」 拡大

今回の特別仕様車は、「A4/A4アバント」と「A5スポーツバック/A5クーペ」の「2.0 TFSI クワトロ」をベースに、エクステリアの各部を黒でスポーティーに加飾したものである。

具体的には、専用のフロント&リアバンパーやスポーツサスペンションなどからなる「S lineパッケージ」に加え、ブラックを基調とした「Audi exclusiveブラックハイグロススタイリングパッケージ」やブラックのドアミラーカバーを採用。アルミホイールはA4/A4アバントが「Audi sport 5Vスポークデザインチタンルック(8.5Jx19)」、A5スポーツバックが「5アームローターデザインチタンルック(9Jx19)」、A5クーペが5ツインスポークデザイン(9Jx20)となっている。

ボディーカラーは「グレイシアホワイト」「デイトナグレー」「ミサノレッド」の3種類。販売台数はA4が15台、A4アバントが40台、A5スポーツバックが15台、A5クーペが5台となっている。

価格は以下の通り。
・A4 S lineコンペティション:621万円
・A4アバント S lineコンペティション:649万円
・A5スポーツバック S lineコンペティション:700万円
・A5クーペ S lineコンペティション:713万円

(webCG)
 

関連キーワード:
A4, A5, A5スポーツバック, A4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第148回:衝撃のアウディA6 2019.10.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第148回は「衝撃のアウディA6」。5代目となる新型に試乗! “どのモデルも同じ乗り味”“おりこうすぎる”というネガティブな先入観から一転、カーマニア人間国宝を目指す筆者の前に現れた、新たな境地とは?
  • メルセデス・ベンツA250 4MATICセダン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.31 試乗記 メルセデス・ベンツのエントリーモデル「Aクラス」に、オーセンティックないでたちの「セダン」が登場。FFベースならではの高効率なパッケージを持つニューモデルは、FRセダン「Cクラス」に迫る実力の持ち主だった。
  • アウディQ3スポーツバック【海外試乗記】 2019.9.24 試乗記 アウディのSUVラインナップに、ファストバックスタイルのCセグメントモデル「Q3スポーツバック」が登場。ドイツ・アイメルディンゲンでの試乗を通し、2020年半ばの日本導入が予想されるニューモデルの出来栄えを確かめた。
  • 第39回:アウディA6 2019.7.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 アウディ伝統のEセグメントモデル「A6」が、5代目にモデルチェンジ。新世代のシャシーやパワートレインの採用など、その“中身”が話題を呼んでいる新型だが、“外見”=デザインの出来栄えはどうなのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が斬る。
  • BMW 745eラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2019.11.20 試乗記 「BMW 745eラグジュアリー」には、BMWの金看板“ストレートシックス”に電気モーターを組み合わせたぜいたくなパワートレインが搭載されている。スムーズかつパワフルなプラグインハイブリッドシステムを味わうとともに、高級車に求められる条件について思いをはせた。
ホームへ戻る