スポーティーなルックスのアウディA4/A5登場

2014.11.11 自動車ニュース
「アウディA5クーペ S lineコンペティション」
「アウディA5クーペ S lineコンペティション」 拡大

スポーティーなルックスの「アウディA4/A5」登場

アウディ ジャパンは2014年11月11日、「A4」および「A5」シリーズに特別仕様車「S lineコンペティション」を設定し、販売を開始した。

「A4 S lineコンペティション」
「A4 S lineコンペティション」 拡大
「A4アバント S lineコンペティション」
「A4アバント S lineコンペティション」 拡大
「A5スポーツバック S lineコンペティション」
「A5スポーツバック S lineコンペティション」 拡大

今回の特別仕様車は、「A4/A4アバント」と「A5スポーツバック/A5クーペ」の「2.0 TFSI クワトロ」をベースに、エクステリアの各部を黒でスポーティーに加飾したものである。

具体的には、専用のフロント&リアバンパーやスポーツサスペンションなどからなる「S lineパッケージ」に加え、ブラックを基調とした「Audi exclusiveブラックハイグロススタイリングパッケージ」やブラックのドアミラーカバーを採用。アルミホイールはA4/A4アバントが「Audi sport 5Vスポークデザインチタンルック(8.5Jx19)」、A5スポーツバックが「5アームローターデザインチタンルック(9Jx19)」、A5クーペが5ツインスポークデザイン(9Jx20)となっている。

ボディーカラーは「グレイシアホワイト」「デイトナグレー」「ミサノレッド」の3種類。販売台数はA4が15台、A4アバントが40台、A5スポーツバックが15台、A5クーペが5台となっている。

価格は以下の通り。
・A4 S lineコンペティション:621万円
・A4アバント S lineコンペティション:649万円
・A5スポーツバック S lineコンペティション:700万円
・A5クーペ S lineコンペティション:713万円

(webCG)
 

関連キーワード:
A4, A5, A5スポーツバック, A4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツC300eセダン(FR/9AT)【海外試乗記】 2021.9.1 試乗記 メルセデス・ベンツの主力セダン「Cクラス」がフルモデルチェンジ。国内では2021年秋からのデリバリーが予定されているが、一足早く欧州でそのステアリングを握るチャンスを得た。プラグインハイブリッドモデル「C300e」の仕上がりを報告する。
  • アウディA5スポーツバック40 TDIクワトロ アドバンスト(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.15 試乗記 美しいスタイリングで人気を集める「アウディA5スポーツバック」のマイナーチェンジモデルが上陸。本命はやはりシリーズ初登場となるディーゼルエンジン搭載モデルだろう。一般道と高速道路でその仕上がりを試してみた。
  • 変化する新時代のカーライフを語る|サッシャ(ラジオDJ)×藤島知子(モータージャーナリスト) 2021.9.27 シェルドライブ検定・特別対談<AD> 半年前に電気自動車を購入したラジオDJのサッシャさんと、マニュアルトランスミッションのコンパクトカーに6年間乗り続けているモータージャーナリストの藤島知子さんが、変化を続ける新時代のカーライフを語り合った。
  • アウディRS 7スポーツバック 2021.2.22 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 「アウディRS 7スポーツバック」は世のクルマ好きの理想を体現した一台と言えるだろう。美しいスタイリングと確かな実用性を持ち、何より踏めば恐ろしいほど速い。これらを同時に実現せしめているのは、もちろんアウディの信奉する「技術」である。
  • アウディA4/A4アバント 2021.1.11 半世紀の進化の到達点 新アウディA4<AD> デザインからメカニズムまでリファインされた、アウディの基幹モデル「A4」「A4アバント」。一段と磨きのかかった最新型の走りは、このブランドならではの確かな技術力を感じさせてくれた。
ホームへ戻る