マツダからデミオベースの小型セダンが登場

2014.11.21 自動車ニュース
新型「マツダ2セダン」
新型「マツダ2セダン」
    拡大

マツダから「デミオ」ベースの小型セダンが登場

マツダは2014年11月21日、「タイ国際モーターエキスポ2014」(開催期間:11月28日~12月10日、一般公開は11月30日から)において、新型「マツダ2(日本名:デミオ)」のセダンを世界初公開すると発表した。

マツダ2はタイにおけるマツダの最量販車種であり、2010年1月の発売以来、累計12万台が販売されている。

今回の新型マツダ2セダンは、ハッチバックモデルとともに2015年初頭にタイでの発売を計画しているもので、両モデルともエンジンには小排気量クリーンディーゼルの「SKYACTIV-D 1.5」を搭載。マツダは同車について「端正なプロポーションと力強いスタイリング、上質かつスポーティーなインテリア空間、優れた走りと環境安全性能を高次元で実現するコンパクトセダン」であるとしている。

(webCG)
 

関連キーワード:
デミオ, マツダ, 自動車ニュース

マツダ デミオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • マツダ・デミオ(後編) 2014.7.17 画像・写真 マツダが新型「デミオ」の生産を開始。それに伴い、写真を世界初公開した。
  • スズキ・ジムニー『動く茶室』(Kiwakoto CRAFT-CAR) 2021.5.8 画像・写真 放送作家・脚本家である小山薫堂氏の要望を受け、Kiwakoto(キワコト)が京都の工芸職人とともにつくり上げた「スズキ・ジムニー」のビスポークカー。“動く茶室”となったジムニーの姿を、匠(たくみ)の技がやどるディテールとともに紹介する。
  • 第205回:よみがえる「プログレ」発狂事件 2021.4.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。今回は、メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に試乗し、VIP気分を満喫した。しかし、最新のデジタルインターフェイスは先進的すぎてどうにも使い勝手がイマイチ……と、思ったその時、20年前のある出来事が脳裏をよぎったのだった。
ホームへ戻る