スバルXV仕様変更 専用カラーのPOP STARも登場

2014.11.25 自動車ニュース
「スバルXV 2.0i-L EyeSight」
「スバルXV 2.0i-L EyeSight」
    拡大

「スバルXV」仕様変更 専用カラーの「POP STAR」も登場

富士重工業は2014年11月25日、クロスオーバー「XV」の一部仕様を変更するとともに、特別仕様車「XV POP STAR」を設定し、同年12月25日に発売すると発表した。


スバルXV仕様変更 専用カラーのPOP STARも登場の画像 拡大

スバルXV仕様変更 専用カラーのPOP STARも登場の画像 拡大
「アイサイト(ver.3)」のステレオカメラ。
「アイサイト(ver.3)」のステレオカメラ。
    拡大
サンライズイエローのボディーカラーをまとう、特別仕様車「XV POP STAR」。
サンライズイエローのボディーカラーをまとう、特別仕様車「XV POP STAR」。
    拡大

今回、インテリアの質感や静粛性、燃費性能、走行性能など、XVの全方位的な進化が図られた。

インテリアの変更点としては、ブルーパネルや金属調リング、マルチインフォメーションディスプレイ(3.5インチカラー)を備えるメーターの採用(「2.0i」を除くガソリン車)、金属調加飾とUSB電源の追加が挙げられる。さらに、直観的なタッチ操作が可能なセンターディスプレイを搭載した、SDナビゲーションシステムもオプション設定される。
ボディー各部への吸音材の追加やウィンドウガラス周辺の構造変更などにより、静粛性も高められている。

パワーユニット各部のフリクションを低減することにより、燃費も最高16.2km/リッターへと向上。新たにSI-DRIVEを採用し、変速特性を最適化することで、燃費性能とドライバビリティーを両立させたという。

走りについては、ショックアブソーバーの減衰力やコイルスプリングのバネ定数の最適化といったサスペンション性能の向上や、ステアリングギア比の変更(15.5:1→14.0:1)などがポイント。ハンドリングと取り回し性の向上が図られた。

運転支援システムは、アクティブレーンキープやクルーズコントロールなど基本性能をアップさせた「アイサイト(ver.3)」が採用されている。

価格は、「XV 2.0i」の225万7200円から「XVハイブリッド 2.0i-L EyeSight」の286万2000円まで。

同時に、特別仕様車「POP STAR」も設定された。
こちらは、専用色「サンライズイエロー」のボディーカラーや専用のカーボン調加飾パネル、オレンジ色のステッチなどが特徴で、サンルーフとSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグも標準で与えられている。

価格は264万6000円。

(webCG)

関連キーワード:
XV, スバル, 自動車ニュース

スバル XV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-5 XDエクスクルーシブモード/CX-5 XDブラックトーンエディション【試乗記】 2020.12.27 試乗記 パワーユニットの性能向上やコネクテッドシステムの採用、そしてラインナップの拡充と、多方面にわたり商品力の強化が図られた「マツダCX-5」。マツダSUV製品群の中核を担う基幹モデルの、今日における実力を確かめた。
  • 第197回:ホンダeで電費アタック 2021.1.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。愛車フェラーリと半分愛車のランボルギーニでスーパーカー、いや化石燃料車を究めた気分になった今、次に狙うはEVである。一番気になる「ホンダe」は果たして実用車たり得るのか。いざ電費をチェック!
  • レクサスIS300h“バージョンL”/IS300h“Fスポーツ”/IS300“Fスポーツ”【試乗記】 2020.12.25 試乗記 セダン冬の時代と言われて久しいが、「レクサスIS」の最新型は、この情勢を一変させられるか? フルモデルチェンジ並みの改良策が施された、プレミアムスポーツセダンの走りをリポートする。
  • シトロエン・ベルランゴ フィール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.16 試乗記 先行導入された特別仕様車「デビューエディション」があっという間に売り切れた「シトロエン・ベルランゴ」が、ついにカタログモデルとして正式に上陸。エントリーグレード「フィール」を連れ出し、フレンチMPVのニューフェイスが秘める“素”の魅力を探った。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る