スバルXV仕様変更 専用カラーのPOP STARも登場

2014.11.25 自動車ニュース
「スバルXV 2.0i-L EyeSight」
「スバルXV 2.0i-L EyeSight」
    拡大

「スバルXV」仕様変更 専用カラーの「POP STAR」も登場

富士重工業は2014年11月25日、クロスオーバー「XV」の一部仕様を変更するとともに、特別仕様車「XV POP STAR」を設定し、同年12月25日に発売すると発表した。


スバルXV仕様変更 専用カラーのPOP STARも登場の画像 拡大

スバルXV仕様変更 専用カラーのPOP STARも登場の画像 拡大
「アイサイト(ver.3)」のステレオカメラ。
「アイサイト(ver.3)」のステレオカメラ。
    拡大
サンライズイエローのボディーカラーをまとう、特別仕様車「XV POP STAR」。
サンライズイエローのボディーカラーをまとう、特別仕様車「XV POP STAR」。
    拡大

今回、インテリアの質感や静粛性、燃費性能、走行性能など、XVの全方位的な進化が図られた。

インテリアの変更点としては、ブルーパネルや金属調リング、マルチインフォメーションディスプレイ(3.5インチカラー)を備えるメーターの採用(「2.0i」を除くガソリン車)、金属調加飾とUSB電源の追加が挙げられる。さらに、直観的なタッチ操作が可能なセンターディスプレイを搭載した、SDナビゲーションシステムもオプション設定される。
ボディー各部への吸音材の追加やウィンドウガラス周辺の構造変更などにより、静粛性も高められている。

パワーユニット各部のフリクションを低減することにより、燃費も最高16.2km/リッターへと向上。新たにSI-DRIVEを採用し、変速特性を最適化することで、燃費性能とドライバビリティーを両立させたという。

走りについては、ショックアブソーバーの減衰力やコイルスプリングのバネ定数の最適化といったサスペンション性能の向上や、ステアリングギア比の変更(15.5:1→14.0:1)などがポイント。ハンドリングと取り回し性の向上が図られた。

運転支援システムは、アクティブレーンキープやクルーズコントロールなど基本性能をアップさせた「アイサイト(ver.3)」が採用されている。

価格は、「XV 2.0i」の225万7200円から「XVハイブリッド 2.0i-L EyeSight」の286万2000円まで。

同時に、特別仕様車「POP STAR」も設定された。
こちらは、専用色「サンライズイエロー」のボディーカラーや専用のカーボン調加飾パネル、オレンジ色のステッチなどが特徴で、サンルーフとSRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグも標準で与えられている。

価格は264万6000円。

(webCG)

関連キーワード:
XV, スバル, 自動車ニュース

スバル XV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバル・フォレスター アドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2018.12.13 試乗記 新型「フォレスター」のフルモデルチェンジから少し遅れて登場した、モーターアシスト機能付きパワーユニット「e-BOXER」搭載の「アドバンス」。刷新されたプラットフォームと進化したハイブリッドパワートレインの組み合わせは、どんな走りをもたらすのか。
  • 「スバル・フォレスター」に特別仕様車「Xエディション」登場 アウトドアなどで役立つ装備が充実 2019.11.26 自動車ニュース スバルがフォレスターに特別仕様車「Xエディション」を設定。ガンメタリックのホイールやダークメッキの装飾パーツが採用されたエクステリアが特徴で、インテリアにもはっ水加工のシートやラゲッジフロアボードなどが採用されている。
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
  • スバル・フォレスターX-BREAK(4WD/CVT)【試乗記】 2018.9.19 試乗記 5代目「スバル・フォレスター」に試乗。パッと見は「どこが新しくなったの?」という感じのキープコンセプトだが、中身はさにあらず! 派手さはなくてもユーザーの使い勝手を徹底的に考慮した、真摯(しんし)なクルマに仕上がっているのだ。
ホームへ戻る