クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー

2017.04.06 自動車ニュース
フルモデルチェンジで2代目となった「スバルXV」。
フルモデルチェンジで2代目となった「スバルXV」。拡大

スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。

「XV」の最低地上高は200mm。「インプレッサスポーツ」比で70mm高となる。
「XV」の最低地上高は200mm。「インプレッサスポーツ」比で70mm高となる。拡大
ボディーカラーは全9色。写真のクリスタルホワイトパールのみ3万2400円高となる。
ボディーカラーは全9色。写真のクリスタルホワイトパールのみ3万2400円高となる。拡大
インテリアの様子。空間の広がりと精緻(せいち)な質感を表現したとアピールされる。
インテリアの様子。空間の広がりと精緻(せいち)な質感を表現したとアピールされる。拡大

よりカッコよく 一段と安全に

2017年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開された新型スバルXV。“Fun Adventure”をコンセプトに、都会的で洗練されたデザインとスバルのSUVならではの走破性、そして世界トップクラスの安全性能を兼ね備えたクロスオーバーSUVである。

先代と同じく5ドアハッチバック「インプレッサスポーツ」をベースとする車体は、その現行型インプレッサに続いて、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」を採用。走行性能および安全性能が飛躍的に進化したとアピールされる。

スバル共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC×SOLID”のもとに構築された5ドアハッチバックボディーは、たくましく精悍(せいかん)なSUVテイストと都会的なクールさを併せ持ち、さらに広い視界、取り回しや乗降性のよさといった高い機能性を備えた「スポカジスタイル」を実現。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4465×1800×1550mm、ホイールベース2670mmで、先代よりわずかに長く、幅広い。

インテリアはスポーティーかつ先進的なデザインと精緻な作り込みを融合させ、クラスを超えた質感を誇る。全方位にわたり優れた視界を確保し、ルームスペースおよびカーゴルームも拡大するなど、機能性についても一段と進化した。

2リッターモデルのシートは、オレンジ色のステッチでドレスアップされる。
2リッターモデルのシートは、オレンジ色のステッチでドレスアップされる。拡大
駆動方式は4WDのみ。コーナリング性能を高める「アクティブ・トルク・ベクタリング」が標準装備される。
駆動方式は4WDのみ。コーナリング性能を高める「アクティブ・トルク・ベクタリング」が標準装備される。拡大
水平対向4気筒エンジンは、1.6リッターと2リッター(写真)の2種類がラインナップされる。トランスミッションはCVTのみとなる。
水平対向4気筒エンジンは、1.6リッターと2リッター(写真)の2種類がラインナップされる。トランスミッションはCVTのみとなる。拡大
「スバルXV」は全車、先進安全装備「アイサイト(ver.3)」を搭載する。
「スバルXV」は全車、先進安全装備「アイサイト(ver.3)」を搭載する。拡大
 
クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビューの画像拡大

悪路走破性も抜かりなし

車体およびシャシー各部の大幅な剛性向上(従来型比1.7~2倍)やサスペンションの進化、さらなる低重心化などにより、ドライバーの意思に忠実な操舵応答性を実現。旋回性能を高めるアクティブ・トルク・ベクタリングも全車に採用された。ロードクリアランスは200mmを確保し、本格SUV並みの悪路走破性と優れた操縦安定性を両立。総じて車高の高さを感じさせない安定感と爽快感に満ちた走りを実現し、路面状況を問わず、揺れの少ない快適な乗り心地を提供するという。

パワートレインは、スバルのアイデンティティーとされているシンメトリカルAWD。伝統の水平対向4気筒エンジンは、直噴化した2リッターに加え、1.6リッターをラインナップ。2リッターは最高出力154ps/6000rpm、最大トルク196Nm(20.0kgm)/4000rpm、1.6リッターは同115ps/6200rpm、同148Nm(15.1kgm)/3600rpmを発生する。変速機はマニュアルモード付きリニアトロニック(CVT)で、駆動方式は全車AWD(4WD)。新たに走破性と安心感を高めるAWD制御システム「X-MODE」も採用された。なおJC08モードの燃費値は、1.6リッターモデルが最高16.2km/リッター、2リッターモデルが同16.4km/リッターとなっている。

一段と進化した安全性能も、新型XVの大きなセリングポイントだ。走行安全では、前述したさらなる低重心化や剛性向上により、危機回避性能はクラストップ。衝突安全では、新たなフレーム構造や車体キャビン強度の向上により、衝突時の吸収エネルギーを従来型比で1.4倍に高めたほか、歩行者保護エアバッグを全車に標準装備。予防安全では、スバル独自の安全運転支援技術「アイサイト(ver.3)」を全車に標準装備している。

新型XVのグレードと価格は、以下の通りである。(※ルーフレール装着車は、各5万4000円高)

  • XV 1.6i EyeSight:213万8400円
  • XV 1.6i-L EyeSight:224万6400円
  • XV 2.0i-L EyeSight:248万4000円
  • XV 2.0i-S EyeSight:267万8400円

(文=沼田 亨)

関連キーワード:
XV, スバル, 自動車ニュース

スバル XV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツGLB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.29 試乗記 メルセデス・ベンツの人気SUV「GLA」と「GLC」の間に追加された、3列7人乗りの「GLB」。精神的支柱の「Gクラス」を想起させる四角い背高ボディーを背負ったニューモデルの仕上がりやいかに? 2リッターディーゼルのFF車「GLB200d」に試乗した。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
ホームへ戻る