クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スバルXVアドバンス(4WD/CVT)

真価は燃費のみにあらず 2020.01.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。

いまや大黒柱

スバルのコンパクトSUV(多目的スポーツ車)、XVがマイナーチェンジを受けた。同車種には2018年9月に、水平対向エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムe-BOXER搭載モデルが追加されたばかりだが、今回のマイナーチェンジでは2リッターエンジン搭載モデルすべてがe-BOXER採用車となったのが大きな変更点だ。

筆者の認識不足だったのだが、XVはもはや国内市場の大黒柱といえるモデルだ。10年前の2008年度には、スバルの国内販売台数に占める比率で「レガシィ」が30%を占める大黒柱であり、次いで「インプレッサ」(25%)、「フォレスター」(23%)、「エクシーガ」(16%)……という順序だった。

ところが2018年度になるとレガシィの占める比率はわずか5%になり、最も大きな比率を占めるのはフォレスター(30%)だ。XVはこれに次ぐ23%で、以下インプレッサ(21%)、「レヴォーグ」(12%)、「WRX」(6%)と続く。つまりフォレスターとXVというSUV系の車種が国内販売の半分以上を占めているのである。XVがインプレッサよりも売れているというのは意外だったし、SUVがもはやクルマの主流になっているのだという事実をあらためて認識した。

今回のマイナーチェンジでは、2リッターエンジン搭載モデルのe-BOXER標準化に加え、同時に部分改良を受けたインプレッサとともにスバル独自の運転支援技術である「アイサイト・ツーリングアシスト」を全車に標準装備したのが2大改良ポイントだ。

4輪の駆動力を最適に制御し、悪路でのスムーズな脱出を可能にする機能「X-MODE」は従来から採用しているが、新型XVではフォレスターと同様に、雪や砂利道など滑りやすい道を走行する際に使用する「SNOW・DIRT」、深雪やぬかるみといったタイヤが埋まってしまうような道を走行する際に使用する「DEEP SNOW・MUD」の2つのモードを選択可能として、さらに悪路走破性を高めた。

最新型「XV」は、2019年10月10日にマイナーチェンジが発表、同年11月15日に発売された。同じ「SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)」が採用された5代目「インプレッサ」も同時にマイナーチェンジが行われた。
最新型「XV」は、2019年10月10日にマイナーチェンジが発表、同年11月15日に発売された。同じ「SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)」が採用された5代目「インプレッサ」も同時にマイナーチェンジが行われた。拡大
マイナーチェンジで新デザインのヘッドランプが採用された。ただし、ランプユニット内のデザイン変更であるため、パッと見で新旧を見分けるのは難しい。
マイナーチェンジで新デザインのヘッドランプが採用された。ただし、ランプユニット内のデザイン変更であるため、パッと見で新旧を見分けるのは難しい。拡大
マイナーチェンジ後モデルでは、テールランプのクリアレンズ部分がスモーク色に変更されている。
マイナーチェンジ後モデルでは、テールランプのクリアレンズ部分がスモーク色に変更されている。拡大
インテリアのデザインは従来型から大きな変更はないが、パネル表面の仕上げや加飾などが見直されている。「XVアドバンス」では写真のブルー基調の内装色のほか、ダークシルバーのパネルやオレンジ色のステッチを用いたブラック基調の内装色が設定されている。
インテリアのデザインは従来型から大きな変更はないが、パネル表面の仕上げや加飾などが見直されている。「XVアドバンス」では写真のブルー基調の内装色のほか、ダークシルバーのパネルやオレンジ色のステッチを用いたブラック基調の内装色が設定されている。拡大

モーターは楽しさのために

今回2リッターエンジン搭載車種で標準装備になったe-BOXERについて少々おさらいをしておこう。e-BOXERは、エンジンに出力13.6PS(10kW)のモーターを組み合わせた、いわゆるマイルドハイブリッドシステムである。モーターはスバル独自のCVT(無段変速機)である「リニアトロニック」に組み込まれる。リニアトロニックとエンジンとの間のクラッチを切ればモーター走行も可能である。

このモーター自体は基本的には先代XVに設定されていたハイブリッド仕様と同じだ。しかし現行モデルから名称をe-BOXERに変更したのは、ユーザーがハイブリッドと聞いて燃費向上効果を過度に期待するのを避けたからだろう。

というのも、e-BOXER仕様のXVのJC08モード燃費は19.2km/リッターと、通常の2リッターエンジン搭載仕様(マイナーチェンジ前の「2.0i-S EyeSight 4WD」)のJC08モード燃費16.0km/リッターと比較して20%程度しか向上していないからだ。

スバル自身、e-BOXERの開発の狙いを「悪路走行時のコントロール性向上」や「ここ一番での気持ち良い加速感」と説明しており、燃費向上効果については強調していない。燃費に全く配慮していないわけではないが、むしろ「走りの楽しさ」のためにモーターを活用しているわけだ。

「e-BOXER」と呼ばれるマイルドハイブリッドシステムは、最高出力145PS、最大トルク188N・mのエンジンに、最高出力13.6PS、最大トルク65N・mのモーターが組み合わされる。
「e-BOXER」と呼ばれるマイルドハイブリッドシステムは、最高出力145PS、最大トルク188N・mのエンジンに、最高出力13.6PS、最大トルク65N・mのモーターが組み合わされる。拡大
駆動用バッテリーはリチウムイオンで、荷室床面に配置されている。バッテリー搭載によって、荷室高は1.6リッターモデルが777mmであるのに対して「e-BOXER」モデルは722mmとなる。
駆動用バッテリーはリチウムイオンで、荷室床面に配置されている。バッテリー搭載によって、荷室高は1.6リッターモデルが777mmであるのに対して「e-BOXER」モデルは722mmとなる。拡大
今回試乗した「XVアドバンス」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4475×1800×1575mm、ホイールベース=2670mm。これはマイナーチェンジ前と同一の数値となる。
今回試乗した「XVアドバンス」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4475×1800×1575mm、ホイールベース=2670mm。これはマイナーチェンジ前と同一の数値となる。拡大

4気筒エンジンとは思えない加速感

実際にXVに試乗してみると、モーターのない通常の2リッターエンジンとの差は歴然としている。XVに試乗した日は、同時にマイナーチェンジされた新型インプレッサにも乗る機会があった。単独で乗ればインプレッサも水平対向エンジンらしい滑らかで振動の少ない加速を味わえるのだが、e-BOXERを搭載したXVと比べてしまうと分が悪い。e-BOXERの制御では、特にアクセルを踏み始めたところのフィーリングとレスポンスを重視しており、アクセルを軽く踏んだだけで、瞬時にトルクが立ち上がってクルマを加速させていく。その滑らかで静かな加速感は、とても4気筒エンジンとは思えないものだった。

今回のマイナーチェンジにおいて、足まわりは変更されていないということだったが、そのセッティングも乗り心地と操縦安定性が高い次元で両立しており、とてもCセグメントのSUVとは思えない乗り味にあらためて驚かされた。

部分改良されたインプレッサも足まわりが改良され、しっかり感が増しているのだが、XVの乗り心地は明らかにインプレッサに勝る。これにはXVがモーターやバッテリーの搭載で車両重量が150kgも重くなっている影響もあるだろう。同時に、路面からのインフォメーションも確実にドライバーに伝わってくるので、安心して運転できる。このクルマならロングドライブでも疲れが少ないだろうことは容易に想像できる。

このように、快適な走りを実現している最新のXVだが、もちろん代償もある。今回のマイナーチェンジでXVの2リッターエンジン搭載モデルが全車ハイブリッド化されたことはすでに触れたが、新たにe-BOXER搭載モデルとなった「2.0e-S EyeSight」の場合、部分改良前に比べて17万1000円値上げされた。ハイブリッド化に伴う値上げ幅としては小さいといえるかもしれないが、絶対額として小さいわけではない。

アクセルの踏み始めにモーターの駆動力が加わり、瞬時にトルクが立ち上がる。このレスポンスや加速の気持ち良さも「e-BOXER」の魅力といえる。
アクセルの踏み始めにモーターの駆動力が加わり、瞬時にトルクが立ち上がる。このレスポンスや加速の気持ち良さも「e-BOXER」の魅力といえる。拡大
ネイビー/ライトグレーのコンビネーションカラーを採用する前席ヒーター付き本革シートは、「アドバンス」グレードのみのオプションアイテム。
ネイビー/ライトグレーのコンビネーションカラーを採用する前席ヒーター付き本革シートは、「アドバンス」グレードのみのオプションアイテム。拡大
リアシートのバックレストは60:40の分割可倒式。センターのアームレストには2人分のドリンクホルダーが内蔵されている。バックレストを前方に倒せば、荷室スペースを簡単に拡張できる。
リアシートのバックレストは60:40の分割可倒式。センターのアームレストには2人分のドリンクホルダーが内蔵されている。バックレストを前方に倒せば、荷室スペースを簡単に拡張できる。拡大
マットブルーの金属調パネルは「アドバンス」のみに用意されるもの。グローブボックスは、備え付けの車検証や取説を入れても若干の余裕があった。
マットブルーの金属調パネルは「アドバンス」のみに用意されるもの。グローブボックスは、備え付けの車検証や取説を入れても若干の余裕があった。拡大

燃費重視のハイブリッドではないが……

そしてもうひとつの代償は、荷室スペースが狭くなることだ。床下にバッテリーを搭載しているため、荷室の床面がe-BOXERを搭載していないモデルよりも高くなっている。SUVであれば、キャンプ道具などを積んで遠出する機会もあるだろうから、この荷室に関しては不満を抱くユーザーもいるのではないか。

またe-BOXER化に伴って燃料タンク容量が63リッターから48リッターにと、2割強少なくなっているのもマイナス点だ。これもバッテリー搭載に伴う措置である。燃費が2割向上しているのだからタンクをそのぶん小さくしていいだろうということなのかもしれないが、ユーザー心理からすると燃費が向上しているのだからそのぶん、航続距離も長くなってほしいと思うのが自然だろう。

気になる燃費だが、高速道路主体で走った結果、車載燃費計では約14km/リッターを示した。やはり高速道路主体で走った2リッターエンジン搭載のインプレッサ(四輪駆動仕様)の燃費が車載燃費計で約12km/リッターだったから、それよりは16.7%良かったということになる。これだけ快適に走って14km/リッターも走れば十分という見方もあるかもしれないが、一方では、ハイブリッド車で、しかも高速道路主体でこの数字は物足りないというユーザーもいるだろう。筆者の感想も後者に近い。

さらに言えば、デザイン面でも不満は残る。外観はまだしも、内装の質感は最新の競合モデルに対し見劣りする。試乗した最上級グレードの「アドバンス」にはインストゥルメントパネルからドアトリムにかけて青い加飾などを配してアクティブさを演出しようとしていたのだが、逆に安っぽい印象を与えてしまっている感は否めない。クルマの乗り味そのものはこのクラスでも屈指の実力があるのに、見た目で損をしているのがなんとも残念に思えた。

(文=鶴原吉郎<オートインサイト>/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

前後のドアはほぼ90度に開き、乗り降りがしやすい。最低地上高=200mm、アプローチアングル=15.8度、デパーチャーアングル=27.4度という数値が発表されている。
前後のドアはほぼ90度に開き、乗り降りがしやすい。最低地上高=200mm、アプローチアングル=15.8度、デパーチャーアングル=27.4度という数値が発表されている。拡大
メーターは従来型と同じく2眼タイプで、速度計の目盛りが細かくなるなどのデザイン変更が行われた。ブルー基調の文字盤色は「アドバンス」専用となる。
メーターは従来型と同じく2眼タイプで、速度計の目盛りが細かくなるなどのデザイン変更が行われた。ブルー基調の文字盤色は「アドバンス」専用となる。拡大
試乗車には、オンロード向けとなる前後225/55R18サイズの「ブリヂストン・デューラーH/Pスポーツ」タイヤが装着されていた。
試乗車には、オンロード向けとなる前後225/55R18サイズの「ブリヂストン・デューラーH/Pスポーツ」タイヤが装着されていた。拡大
マイルドハイブリッドのパワートレインが搭載される「XVアドバンス」の燃費値は、JC08モードが19.2km/リッター、WLTCモードが15.0km/リッター。これらは計算上、1.6リッターエンジン車の約2割増しの数値となる。
マイルドハイブリッドのパワートレインが搭載される「XVアドバンス」の燃費値は、JC08モードが19.2km/リッター、WLTCモードが15.0km/リッター。これらは計算上、1.6リッターエンジン車の約2割増しの数値となる。拡大

テスト車のデータ

スバルXVアドバンス

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4465×1800×1575mm
ホイールベース:2670mm
車重:1560kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:CVT
エンジン最高出力:145PS(107kW)/6000rpm
エンジン最大トルク:188N・m(19.2 kgf・m)/4000rpm
モーター最高出力:13.6PS(10kW)
モーター最大トルク:65N・m(6.6 kgf・m)
タイヤ:(前)225/55R18 98V/(後)225/55R18 98V(ブリヂストン・デューラーH/Pスポーツ)
燃費:19.2km/リッター(JC08モード)/15.0km/リッター(WLTCモード)
価格:292万6000円/テスト車=343万4200円
オプション装備:本革シート<フロントシートヒーター付き>+アイサイトセイフティプラス<運転支援><視界拡張>+ローマウントタイプルーフレール<ブラック塗装>+シャークフィンアンテナ(22万円) ※以下、販売店オプション パナソニックビルトインナビ(25万3000円)/ETC2.0車載器キット(3万5200)円

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:741km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:--km/リッター

スバルXVアドバンス
スバルXVアドバンス拡大
「XVアドバンス」の荷室容量は、5人乗車時の通常使用で340リッター。非ハイブリッドの1.6リッターモデルは同使用時で385リッターの容量となる。
「XVアドバンス」の荷室容量は、5人乗車時の通常使用で340リッター。非ハイブリッドの1.6リッターモデルは同使用時で385リッターの容量となる。拡大
リアシートのバックレストを前方に倒せば、簡単に荷室を拡張できる。床面はほぼフラットな状態に保たれている。
リアシートのバックレストを前方に倒せば、簡単に荷室を拡張できる。床面はほぼフラットな状態に保たれている。拡大
ステアリングに設けられた「アイサイト」の操作スイッチ。「ツーリングアシスト」が装備されたマイナーチェンジ後のモデルでは、右下に配置されたレーンキープスイッチのマークが変更されている(写真)。
ステアリングに設けられた「アイサイト」の操作スイッチ。「ツーリングアシスト」が装備されたマイナーチェンジ後のモデルでは、右下に配置されたレーンキープスイッチのマークが変更されている(写真)。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スバル XV の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。