トヨタ・アクアのクロスオーバー仕様が登場

2014.12.08 自動車ニュース
「アクアX-URBAN」オプション装着車。ボディーカラーはフレッシュグリーンマイカメタリック×ブロンズマイカメタリック。
「アクアX-URBAN」オプション装着車。ボディーカラーはフレッシュグリーンマイカメタリック×ブロンズマイカメタリック。
    拡大

「トヨタ・アクア」のクロスオーバー仕様「X-URBAN」が登場

トヨタ自動車は2014年12月8日、「アクア」にクロスオーバースタイルの新グレード「X-URBAN(エックス・アーバン)」を設定し、同日発売した。(より詳しい写真はこちら)

「アクアX-URBAN」オプション装着車。ボディーカラーはライムホワイトパールクリスタルシャイン×ブルーマイカメタリック。
「アクアX-URBAN」オプション装着車。ボディーカラーはライムホワイトパールクリスタルシャイン×ブルーマイカメタリック。 拡大
「アクアX-URBAN」(オプション装着車)のインテリア(アクセント:オレンジ)。
「アクアX-URBAN」(オプション装着車)のインテリア(アクセント:オレンジ)。 拡大

■最低地上高を20mmアップ

車両のコンセプトは「都会的なセンスのクロスオーバー」。専用サスペンションを採用して、最低地上高を160mm(標準車+20mm)とした。また、専用のフロントグリルやサイドマッドガード、ルーフモールなどの外装部品や、16インチ専用アルミホイールを採用して、クロスオーバー車らしいアクティブなイメージを表現した。外板色11色と専用パーツカラーを組み合わせ、33通りのカラーバリエーションが用意される。

インテリアはブラックを基調とし、合成皮革とファブリックを組み合わせた専用のシート表皮やオーナメントパネルを採用。さらに、「アクセント:シルバー」と「アクセント:オレンジ」という2色の内装色を設定し、スタイリッシュな雰囲気を演出した。

ボディーサイズは全長4030×全幅1695×全高1490mm。標準車と同様に1.5リッター直4エンジン(74ps)とモーター(61ps)を組み合わせたハイブリッドシステムを搭載し、駆動方式はFFとなる。JC08モード燃費は33.8km/リッター。価格は204万6109円。

(webCG)

→「トヨタ・アクアX-URBAN」のより詳しい写真はこちら。

関連キーワード:
アクア, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ アクア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー 2017.6.23 画像・写真 モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • 「トヨタ・アクア」に上質なインテリアの「クロスオーバー“グラム”」が登場 2018.9.4 自動車ニュース 「トヨタ・アクア」に特別仕様車「クロスオーバー“グラム”」登場。ブラウンとブラックの専用インテリアが特徴で、ボディーカラーには特別設定色の「オリーブマイカメタリック」を含む5色を設定。スマートキーを標準で採用するなど、装備も充実している。
  • 「トヨタ・アクア」仕様変更で利便性向上 フルフラットデッキボード採用のビジネス仕様も登場 2019.7.1 自動車ニュース トヨタ自動車は、コンパクトハイブリッド車「アクア」の仕様を一部変更し、2019年7月1日に発売した。「S」グレードをベースとし、ビジネス用途に合わせた装備を採用した特別仕様車「S“ビジネスパッケージ”」も新設定している。
  • 第114回:アクアだ~い好き♡! 2018.12.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第114回は「アクアだ~い好き♡!」。発売から7年たった今も、売れ続ける「トヨタ・アクア」。4年間愛車として所有した筆者が最新モデルにプチ試乗、“我が愛するアクア”はどう変わっていたのか!?
  • 第115回:トヨタさまの猛省を促したいでちゅ 2018.12.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第115回は「トヨタさまの猛省を促したいでちゅ」。「アクア」のユーザーは、なぜまたアクアに乗り換えるのか!? カーマニアの盲点となる驚くべき裏事情を探るとともに、トヨタの安全装備のあり方にモノ申す!
ホームへ戻る