「ルーテシア」に直3ターボ&5MTの新グレード

2014.12.25 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシア ゼン」(0.9リッター直3ターボエンジン、5段MT搭載車)
「ルノー・ルーテシア ゼン」(0.9リッター直3ターボエンジン、5段MT搭載車)
    拡大

「ルノー・ルーテシア」に直3ターボ&5MTの新グレード登場

ルノー・ジャポンは2014年12月25日、5ドアハッチバック車「ルーテシア」に0.9リッターターボエンジンと5段MTを搭載した「ゼン」を設定し、2015年1月8日に発売すると発表した。

これまでルーテシアのパワーユニットには、高性能スポーツモデルの「ルノースポール」を除くと、「インテンス」「ゼン」「アクティフ」ともに1.2リッター直噴直4ターボエンジンと6段デュアルクラッチ式ATの組み合わせのみが採用されていた。

今回の新グレードは、最高出力90ps、最大トルク13.8kgmを発生する0.9リッター直噴直3ターボエンジンと5段MTを搭載したもので、既存のアクティフに代わる新しいエントリーグレードとして設定。1.2リッター車のゼンとは異なり、エクステリアにはインテンスと同じブリリアントブラックの加飾パーツとクロムメッキフィニッシャー、16インチのブラックアロイホイールを装備している。

価格は208万円。

(webCG)

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • 第145回:欲望の縮小限定化 2019.10.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第145回は「欲望の縮小限定化」。マイナーチェンジを受けた新型「ルノー・トゥインゴ」にプチ試乗。新旧乗り比べた印象は? 「足グルマなら断然小型車!」を主張する筆者が、トゥインゴの走りをジャッジする。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 第180回:新型コロナ下にクルマを買ふということ 2020.6.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第180回は「新型コロナ下にクルマを買ふということ」。メジャーなブランドが大幅に新車の販売台数を減らすなか、目立った動きを見せたブランドがあった! コロナ後の中古車市場に期待がふくらむ、注目のモデルとは?
ホームへ戻る