ダイハツ・コペンに走りを強化した上級グレード

2014.12.24 自動車ニュース
「ダイハツ・コペン ローブS」
「ダイハツ・コペン ローブS」 拡大

ダイハツが「コペン」に走りを強化した上級グレードを設定

ダイハツ工業は2014年12月24日、軽オープンスポーツカー「コペン」に新グレード「ローブS」を設定し、販売を開始した。

「ローブS」のインテリア。
「ローブS」のインテリア。 拡大
MOMO製革巻きステアリングホイール
MOMO製革巻きステアリングホイール 拡大
ビルシュタイン製ショックアブソーバー
ビルシュタイン製ショックアブソーバー 拡大
BBS製鍛造16インチアルミホイール
BBS製鍛造16インチアルミホイール 拡大

ローブSは、初代コペンの「アルティメットエディション」と同様の位置づけにあたる上級グレードである。より正確な操舵(そうだ)と、より引き締まった上質な乗り心地の両立をめざし、従来車で好評を得ていた装備を採用している。

具体的には、同車専用設計のビルシュタイン製ショックアブソーバーや、スエード調生地を使用したレカロシート、MOMO製の革巻きステアリングホイールを標準で採用。シートには内装色に合わせ、ブラックとベージュの2色を用意している。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・シフトパドル(CVT車)
・レカロシート
・MOMO製革巻きステアリングホイール
・ビルシュタイン製ショックアブソーバー(リアオーナメント付き)
・マルチリフレクターハロゲンフォグランプ
・メッキ加飾(ドアインナーハンドル、サイドブレーキボタン、エアコンレジスターノブ)

またメーカーオプションとして、専用デザインのBBS製鍛造16インチアルミホイールを設定している。

価格はCVT車が199万8000円、5MT車が201万9600円。

(webCG)
 

関連キーワード:
コペン ローブ, コペン, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・コペン スパイダーVer./ハイゼット ジャンボ スポルツァVer. 2021.1.13 画像・写真 ダイハツが「バーチャルオートサロン2021」の出展車両を公開。披露された4台のコンセプトモデルの中から、まずはスパイダースタイルの「コペン スパイダーVer.」と、レーシーな「ハイゼット ジャンボ スポルツァVer.」を写真で紹介する。
  • ダイハツがコペンの“着せ替えパーツ”を発売 2015.10.2 自動車ニュース ダイハツが「コペン」の“着せ替えパーツ”発売。まずは「セロ」のキットから。
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
  • スズキ・ワゴンRスマイル ハイブリッドX(FF/CVT)【試乗記】 2021.9.28 試乗記 スズキから、リアスライドドアを備えた新しい軽ハイトワゴン「ワゴンRスマイル」が登場。「ワゴンR」と「スペーシア」の間を埋めるニューモデルのターゲットは? ライバルとの違いは? 用意周到な戦略のもとに登場した新型車の仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る