ポルシェから「911タルガ4 GTS」が登場【デトロイトショー】

2015.01.13 自動車ニュース
「ポルシェ911タルガ4 GTS」
「ポルシェ911タルガ4 GTS」
    拡大

【デトロイトショー】ポルシェから「911タルガ4 GTS」が登場

独ポルシェは2015年1月13日、現在開催中の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー、会期:2015年1月25日まで)において、「911タルガ4 GTS」を発表した。

「ポルシェ911タルガ4 GTS」
「ポルシェ911タルガ4 GTS」 拡大
「ポルシェ911タルガ4 GTS」と、独ポルシェのマティアス・ミューラー会長。
「ポルシェ911タルガ4 GTS」と、独ポルシェのマティアス・ミューラー会長。
    拡大
「ポルシェ911タルガ4 GTS」発表会の様子。(右がポルシェ会長のマティアス・ミューラー氏)
「ポルシェ911タルガ4 GTS」発表会の様子。(右がポルシェ会長のマティアス・ミューラー氏)
    拡大

911タルガ4 GTSは、自動格納ルーフを備えた911タルガ シリーズの高性能モデルに当たり、最高出力430psを発生する3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。パワーウェイトレシオは「911タルガ4S」の3.9kg/psから、3.6kg/psに改善している。装備も強化しており、スポーツクロノパッケージやPASMシャシー、20インチホイール、スポーツエキゾーストシステムを標準で採用。最高速は301km/h、0-100km/h加速は4.3秒という動力性能を実現している。

エクステリアのディテールは他の「GTS」モデルに準じたもので、「カレラ」の二輪駆動モデルから、左右のリアホイールアーチをそれぞれ22mmワイド化。リアタイヤも幅を10mm拡大している。また、フロントまわりには補助ラジエーター用の開口部を備えたバンパーや、スモーク加工を施したポルシェ・ダイナミック・ライト・システム(PDLS)付きバイキセノンヘッドライトを採用。スポーツデザインドアミラーやブラックのエアインレットスクリーン、シルキーグロスブラックのセンターロック式20インチ 911ターボSホイールなども同車の特徴となっており、ロールオーバープロテクションバーの「targa」ロゴも、ホイールと同じくシルキーグロスブラックで仕上げられている。

一方インテリアでは、主要な素材として重量がレザーの半分というブラックアルカンターラを採用。フロントの4way調節式スポーツシートプラスには、「GTS」のロゴをあしらっている。

販売はドイツから、2015年3月中旬に開始される予定となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
911タルガ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911タルガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ホンダCBR1000RR-RファイアブレードSP(6MT)【レビュー】 2021.1.14 試乗記 レースでも活躍するリッタークラスのスーパースポーツ。中でも今注目を集めているのが「ホンダCBR1000RR-Rファイアブレード」だ。「“TOTAL CONTROL” for the Track」をテーマに開発されたニューモデルは、ひたすらに“速さ”を追求したマシンに仕上がっていた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
ホームへ戻る