GMが「キャデラックCTS-V」の日本導入を発表

2015.01.14 自動車ニュース
「キャデラックCTS-V」
「キャデラックCTS-V」
    拡大

GMが「キャデラックCTS-V」の日本導入を発表

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年1月14日、北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー、会期:2015年1月25日まで)で公開された新型「キャデラックCTS-V」を、日本に導入すると発表した。

デトロイトショーにおける「キャデラックCTS-V」の展示の様子。
デトロイトショーにおける「キャデラックCTS-V」の展示の様子。
    拡大

キャデラックCTS-Vは2013年3月のニューヨーク国際オートショーで発表された「CTS」の高性能モデルで、最高出力640hp、最大トルク87.2kgmを発生するスーパーチャージャー付き6.2リッターV8エンジンを搭載。最高速は200mph(約320km/h)、0-60mph(0-97km/h)加速は3.7秒と公表される。

キャデラックの高性能モデルである「Vシリーズ」は、これまでに先代「CTS-V」「STS-V」「XLR-V」が日本へ導入されており、2014年11月には、同年のロサンゼルスオートショーで公開された「ATS-V」の日本導入も発表されている。

新型CTS-Vの日本仕様のスペックや、価格、導入時期については、明らかにされていない。

(webCG)
 

関連キーワード:
CTSセダン, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック CTSセダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】 2020.11.21 試乗記 ホームコースの鈴鹿サーキットで、ホンダがFF車最速の座を宿敵ルノーから奪還した。その立役者となったのが、「シビック タイプR」のマイナーチェンジと同時に登場した「リミテッドエディション」。聖地・鈴鹿に赴き、進化と速さの秘密を探った。
  • GMが新型「キャデラック・エスカレード」を日本導入 東京オートサロン2021で日本初公開 2020.11.12 自動車ニュース GMジャパンが新型「キャデラック・エスカレード」を日本に導入。全長5.4mに迫るフルサイズSUVで、大型の湾曲型OLEDディスプレイを含む先進装備を多数搭載。グレードは「プラチナム」と「スポーツ」の2本立てで、2021年夏ごろの納車開始を予定している。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • キャデラックXT6ナイトクルーズエディション(4WD/9AT)【試乗記】 2020.4.21 試乗記 アメリカが誇るプレミアムブランド、キャデラックに、3列シートの大型SUV「XT6」が登場。最新の高級モデルにふさわしいハイテク装備と、往年のアメリカ車を思わせるやさしい乗り味を併せ持つニューモデルは、欧州のライバルに勝るとも劣らない実力を備えていた。
ホームへ戻る