クリーンディーゼル搭載の「GLクラス」登場

2015.01.22 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツGL350ブルーテック4MATIC」と、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長。
「メルセデス・ベンツGL350ブルーテック4MATIC」と、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長。
    拡大

メルセデス・ベンツが「GLクラス」にクリーンディーゼル搭載モデルを追加

メルセデス・ベンツ日本は2015年1月22日、「GLクラス」にクリーンディーゼルエンジン搭載の「GL350ブルーテック4MATIC」を追加し、発売した。

「GL350ブルーテック4MATIC」の3リッターV6ディーゼルターボエンジン。
「GL350ブルーテック4MATIC」の3リッターV6ディーゼルターボエンジン。
    拡大
ディーゼルエンジンの搭載に加え、右ハンドルとなることもトピック。
ディーゼルエンジンの搭載に加え、右ハンドルとなることもトピック。
    拡大

クリーンディーゼル搭載の「GLクラス」登場の画像 拡大
「2015年はクリーンディーゼル車やPHV、ディーゼルHVなどを積極投入する」と語る上野社長。
「2015年はクリーンディーゼル車やPHV、ディーゼルHVなどを積極投入する」と語る上野社長。
    拡大

クリーンディーゼル搭載の「GLクラス」登場の画像 拡大

■GLクラスで唯一の右ハンドルを用意

メルセデスが「ファーストクラスSUV」と呼ぶ7人乗りフルサイズSUVのGLクラスに、待望の“ブルーテック”、すなわち、クリーンディーゼルエンジン搭載モデルが追加になった。GL350ブルーテック4MATICに採用されるのは、3リッターV6ターボディーゼルエンジンで、最高出力258ps/3600rpm、最大トルク63.2kgm/1600-2400rpmを発生。7段オートマチック、フルタイム4WDが組み合わされ、燃費は11.4km/リッター(JC08モード)となっている。

これまでGLクラスのラインナップは4.7リッターV8ツインターボの「GL550 4MATIC」(1326万8000円)と、5.5リッターV8ツインターボの「GL63 AMG」(1800万円)の2グレードで、いずれも左ハンドルしか選べなかった。一方、今回追加されたGL350ブルーテック4MATICは、クリーンディーゼルを搭載することに加えて、1000万円という価格や右ハンドル仕様となることから、販売台数の増加が期待できる。

■2015年はクリーンディーゼル車をさらに充実

現在、メルセデス・ベンツは「Eクラス」「Mクラス」「Gクラス」にクリーンディーゼルモデルを設定しており、特にSUVのMクラスとGクラスでは販売台数の7割以上をクリーンディーゼルが占めているという。今回、GL350ブルーテック4MATICが設定されたことで、メルセデスのディーゼル人気がますます高まることが予想できるが、同社はさらに、2015年春にEクラスと「CLSクラス」の4気筒クリーンディーゼル、2015年下半期に「Cクラス」の4気筒クリーンディーゼルをそれぞれ追加し、攻勢をかける。加えて、2015年下半期にはCクラスのプラグインハイブリッドを、また、年末には日本初となるディーゼルハイブリッド搭載モデルを投入することで、自動車メーカーとして技術的な先進性を示したい考えだ。

GL350ブルーテック4MATICの発表会場では、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長が2014年の販売を振り返り、グローバルおよび日本市場ともに過去最高の販売を記録したと述べた。日本は前年比13.2%増の6万834台を販売したが、その要因として2013年に登場した「Sクラス」と、2014年に投入したCクラスが好調だったことを挙げている。2015年に関しては「安定して6万台を販売できる体制づくりに注力したい」と語った。

(文と写真=生方 聡)
 

関連キーワード:
GLクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ GLクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • 専用22インチホイールを履いた「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車限定発売 2020.3.24 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年3月24日、「メルセデス・ベンツGクラス」に特別仕様車「AMG G63 STRONGER THAN TIME EDITION(ストロンガーザンタイムエディション)」を設定し、250台の台数限定で発売した。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2020.2.20 試乗記 メルセデス・ベンツ伝統のオフローダー「Gクラス」に、直6ディーゼルターボエンジンを搭載した「G350d」が登場。ラインナップのエントリーモデルであり、同時にもっとも“クロカンらしさ”を感じさせるモデルでもあるニューフェイスの出来栄えを確かめた。
  • ベントレー・ベンテイガ 2020.7.1 画像・写真 2015年9月にデビューしてからおよそ5年。リニューアルにより最新世代の「コンチネンタルGT」や「フライングスパー」に共通する内外装デザインが与えられたラグジュアリーSUV「ベントレー・ベンテイガ」が登場。その姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」が初のフルモデルチェンジを受け、2代目に進化した。よりスタイリッシュになりながら悪路走破性もアップした新型の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る