ホンダ、軽乗用車「N-BOX」をマイナーチェンジ

2015.02.05 自動車ニュース
「ホンダN-BOX G・Lパッケージ」
「ホンダN-BOX G・Lパッケージ」 拡大

ホンダ、軽乗用車「N-BOX」をマイナーチェンジ

本田技研工業は2015年2月5日、軽乗用車「N-BOX」シリーズにマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

「チップアップ&ダイブダウン機構付きスライドリアシート(5:5分割式、4段リクライニング付き)」
「チップアップ&ダイブダウン機構付きスライドリアシート(5:5分割式、4段リクライニング付き)」 拡大
シートバックテーブル
シートバックテーブル 拡大
「N-BOXカスタム G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル」(プレミアムベルベットパープル・パール/シルバー)
「N-BOXカスタム G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル」(プレミアムベルベットパープル・パール/シルバー) 拡大
「N-BOX G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル」(プレミアムピンク・パール/ブラウン)
「N-BOX G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル」(プレミアムピンク・パール/ブラウン) 拡大

■スライド付きリアシートが選択可能に

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインを変更するとともに、カスタムモデルのターボ車にLEDポジションランプとLEDフォグランプを標準で装備。また 「N-BOX カスタム」と「N-BOX+カスタム」のターボ車のインテリアに、新たに合皮コンビシートを採用した。

機能性の改善も図っており、「N-BOX」「N-BOXカスタム」には新たにスライド調整機能を追加した「チップアップ&ダイブダウン機構付きスライドリアシート(5:5分割式、4段リクライニング付き)」をオプション設定。同じくオプションとして、買い物袋をかけられるコンビニフックが付いたシートバックテーブルをスライドリアシートとのセットで採用した。さらに、紫外線(UV)を約99%カットし、赤外線(IR)を抑える「IRカット<遮熱>/スーパーUVカットガラス」や、リアドアのロールサンシェードをタイプ別に設定。オプションで、ドアロックに連動してドアミラーを自動で格納する「オートリトラミラー」を、カスタムモデルに標準で、ベースモデルにオプションとして採用している。

このほかの変更点としては、燃費性能を最高で25.6km/リッターに改善(「N-BOX G」「N-BOX G・Lパッケージ」「N-BOXカスタム G」「N-BOXカスタム G・Lパッケージ」のFF車、JC08モード)。ボディーカラーについては、新色としてベースモデルに「プレミアムピンク・パール」を、カスタムモデルに「プレミアムベルベットパープル・パール」を採用したほか、「2トーンカラースタイル」にブラウンルーフ(ベースモデル)とシルバールーフ(カスタムモデル)を採用した。

価格はN-BOXが127万円~165万9400円、N-BOXカスタムが152万円~185万9400円、N-BOX+が138万円~178万9400円、N-BOX+カスタムが159万円~192万9400円。

(webCG)
 

関連キーワード:
N-BOX, N-BOX+, N-BOXカスタム, N-BOX+カスタム, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-BOX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
  • ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズ【開発者インタビュー】 2019.11.29 試乗記 登録車の巨大化が進む中で、あえて“コンパクトであること”を最重要のテーマに掲げて開発された「ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズ」。その狙いと、小さなクルマづくりにかけるダイハツのこだわりをチーフエンジニアに聞いた。
ホームへ戻る