カスタマイズカー「トヨタ86“style Cb”」登場

2015.02.10 自動車ニュース

カスタマイズカー「トヨタ86“style Cb”」登場

トヨタ自動車は2015年2月10日、スポーツカー「86」の一部仕様を変更し、同年4月8日に発売すると発表した。併せてカスタマイズカーも、同年4月23日から販売する。

「タンカラーミックス」のインテリア。
「タンカラーミックス」のインテリア。
    拡大
カスタマイズモデル「86“style Cb”」
カスタマイズモデル「86“style Cb”」
    拡大
「86“style Cb”」のアナログホワイトメーター。
「86“style Cb”」のアナログホワイトメーター。
    拡大
車名の「Cb」は「Cool beauty」を意味している。
車名の「Cb」は「Cool beauty」を意味している。
    拡大

今回の一部改良では、電動パワーステアリングの特性変更と、車体の一部剛性向上を実施。これにより、ステアリングフィールと乗り心地の質感を向上させたという。

さらに、「G」グレードを除き、高輝度シルバーメタリックのセンタークラスターおよびドアグリップ、8スピーカー、クルーズコントロール機能が与えられたほか、「GT“リミテッド”の内装にはタンカラーミックスがオプション設定された。

ボディーカラーは新色の「ピュアレッド」と「アズライトブルー」を加えた、全7色となった。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・G(6MT):248万8909円
・G(6AT):256万582円
・GT(6MT):290万5200円
・GT(6AT):298万7673円
・GT“リミテッド”(6MT):309万763円
・GT“リミテッド”(6AT):317万3237円

併せて、「ファッションセンスを重視するユーザーをターゲットに、クールで都会的な雰囲気に仕立てた」という、GTベースのカスタマイズモデル「86“style Cb”」もラインナップされる。

ベースモデルからの主な変更箇所は、以下の通り。
・専用フロントバンパー
・専用フロントグリル
・専用オーバル形ヘッドランプ
・リアスポイラー(オプション)
・LEDイルミネーション(フェンダー部)
・専用高級本革巻きステアリングホイール(“Cb”エンブレム付き)
・新意匠のアナログホワイトメーター
・黒檀木目調インテリアパネル(インストゥルメントパネル)

ボディーカラーは、ニュアンスベージュ×デミタスブラウンの専用プレミアムツートーンペイント(オプション)が設定される。

価格は、6MTモデルが418万582円で、6ATモデルが426万3055円。

(webCG)

関連キーワード:
86, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ 86 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGR 86 2021.4.5 画像・写真 トヨタが「GR 86」を世界初公開。外装は「トヨタ86」の面影を残しつつパネル類を全面刷新。運転のしやすさに配慮してMT仕様とAT仕様でセンターコンソールの高さを変えるなど、内装にも工夫が凝らされている。2021年秋発売予定の新型スポーツカーを写真で紹介する。
  • トヨタGR 86プロトタイプ/スバルBRZプロトタイプ【試乗記】 2021.7.17 試乗記 日本の2メーカーの共同開発により生まれた「トヨタ86」と「スバルBRZ」。初代誕生から9年の時を経て世に出る2代目は、どんなスポーツカーに仕上がっているのか? サーキットで試乗した印象と進化のポイントをリポートする。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • ヤマハMT-07 ABS(6MT)【レビュー】 2021.7.22 試乗記 高い機能性と軽快に回るエンジンで人気を博す、ヤマハの中量級スポーツモデル「MT-07」がマイナーチェンジ。兄貴分「MT-09」ゆずりのスタイリングとなった改良型は、どのような進化を遂げたのか? サーキットで行われた試乗会から、その仕上がりを報告する。
  • 第211回:究極のオッサン殺し 2021.7.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。ここ2年で劇変したアウディが気になる。エリート感あふれる「A6」もいいが、サイズ的にはやはり「A3」に興味が湧く。ならば、と試乗した高性能モデル「S3セダン」の走りにノックアウトされた!
ホームへ戻る