クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第392回:マラネッロの「フェラーリ宿」がすごいことになっている

2015.04.03 マッキナ あらモーダ!

マラネッロの新しいホテル

イタリアでは先週末2015年3月29日から夏時間に切り替わった。続いて今週末はイースター休暇だ。毎年、この時期から多くの観光客が国境を越えて訪れるようになる。バカンスシーズンの幕開けだ。

マラネッロのフェラーリ博物館「ムゼオ・フェラーリ」や、モデナのエンツォ・フェラーリ博物館「ムゼオ・エンツォ・フェラーリ」も、これからにぎわいを増す季節である。参考までに、エンツォ・フェラーリの生家を公開している後者は、2014年に前者同様フェラーリ傘下となった。おかげで展示内容の充実が図られたほか、両博物館を結ぶシャトルバスや共通入場券もスタートした。

少し前、取材でマラネッロを訪れることになったときのことである。共に仕事をするイタリア人フォトグラファーとは、ホテルで落ち合う段取りだった。取材依頼先が手配してくれたホテルの名前は「マラネッロ・ビレッジ」である。ストリート名を調べると、Viale terra delle Rosseだった。「赤い大地通り」という意味である。
マラネッロのあるエミリア・ロマーニャ州は、イタリアでも政治的に左派勢力が強い地域である。「赤」とはそれを指しているのか? というジョークも思いついたが、そうではなくてフェラーリのお膝元であることを意識したことは明らかだ。同時に、イタリアではどの街でもそうだが、歴史的背景が薄いストリート名は、近年開発された地域である。新しい地図に記されていないことがままある。

その予想は的中した。当日現地に向かうためボクが乗った2008年型のクルマに付いていた純正カーナビデータには「赤い大地通り」は入ってなかったのだ。頼みの綱であるグーグル地図も、スマートフォンの通信状況が悪くて、うまく動作しない。そのうえ雨ときた。道端のアジップ給油所にいたおじさんに尋ねた頃には、すでに「赤い大地通り」に至る分岐から数km通り過ぎていた。
別にやってきたイタリア人フォトグラファーも、自分のクルマに装着しているトムトム(注:欧州で普及している後付け簡易ナビ)の地図データには入ってなかったらしい。散々迷ったあげく、ボクより1時間以上遅れて到着した。

マラネッロのフェラーリ博物館「ムゼオ・フェラーリ」。一部は結婚式や大学の卒業祝いなどセレモニーにも貸し出されている。
マラネッロのフェラーリ博物館「ムゼオ・フェラーリ」。一部は結婚式や大学の卒業祝いなどセレモニーにも貸し出されている。 拡大
モデナにあるエンツォ・フェラーリ博物館「ムゼオ・エンツォ・フェラーリ」。右の建物はエンツォの父親アルフレード・フェラーリが鉄工所を営んでいた生家。左は展示ホール。
モデナにあるエンツォ・フェラーリ博物館「ムゼオ・エンツォ・フェラーリ」。右の建物はエンツォの父親アルフレード・フェラーリが鉄工所を営んでいた生家。左は展示ホール。 拡大
生家にて。1階の鉄工所と2階家屋をつなぐ階段。エンツォも、ここを昇り降りしていたのだろう。
生家にて。1階の鉄工所と2階家屋をつなぐ階段。エンツォも、ここを昇り降りしていたのだろう。 拡大
「ムゼオ・エンツォ・フェラーリ」はフェラーリ傘下となったあと改装が行われ、生家の1階には常設展として、往年のモデルが並べられている。
「ムゼオ・エンツォ・フェラーリ」はフェラーリ傘下となったあと改装が行われ、生家の1階には常設展として、往年のモデルが並べられている。 拡大

驚きの連続

それはさておき、このマラネッロ・ビレッジ、ロビーに入るやいなや目に飛び込んできたのはフロントの背後にディスプレイされたフェラーリF1マシンだった。そばには「575Mマラネロ」のダッシュボードも置かれている。めまいを覚える演出だ。

部屋のカードキーと共に見取り図を渡されて、もう一度驚いた。4つに分かれた宿泊棟は「DAYTONA(デイトナ)」「MONZA(モンツァ)」「LE MANS(ルマン)」そして「SUZUKA(スズカ)」と名付けられているではないか。ボクは日本人なので「スズカ」が割り当てられるかと思いきや、「デイトナ」の中にある一室が割り当てられた。

部屋も写真のとおり、マラネロレッドを基調としている。イタリアのホテルでは、ベッドの頭上に聖母子像が飾られていることが多い。代わりにこのホテルではエンツォ・フェラーリ像が……と書きたいところだが、そこまではなかった。
マラネッロ・ビレッジは、フェラーリが従業員向けに計画立案し、2006年に開館した居住施設が前身である。その後2008年に当初から不動産を所有する企業が4つ星ホテルとして一般客にも開放した、というのが経緯だ。

現在ホテルは前述のムゼオ・フェラーリと密接な連携をとりながら運営されている。マラネッロかいわいには、オフィシャルである「フェラーリストア」はもとより、個人経営のグッズ店やフェラーリを貸しだすレンタカー店が門前町のごとく点在している。しかしこのホテルのムードは、それらを明らかに凌駕(りょうが)した決定版である。

ホテル「マラネッロ・ビレッジ」のフロントにて。デスクの背後には、アロンソ、マッサのマシンが大胆にディスプレイされている。
ホテル「マラネッロ・ビレッジ」のフロントにて。デスクの背後には、アロンソ、マッサのマシンが大胆にディスプレイされている。 拡大
そばには「575Mマラネロ」のダッシュボードが。フェラーリ・オフィシャル・マーチャンダイジング商品の販売コーナーも。
そばには「575Mマラネロ」のダッシュボードが。フェラーリ・オフィシャル・マーチャンダイジング商品の販売コーナーも。 拡大
「STOP & GO」と名付けられたカフェの入り口。寡黙なアロンソもお出迎え。
「STOP & GO」と名付けられたカフェの入り口。寡黙なアロンソもお出迎え。 拡大
朝食のホールからフロントをのぞむ。
朝食のホールからフロントをのぞむ。 拡大

廊下でゼロヨン!?

ボクが訪れたときはハイシーズンでなかったためだろう、「パドック」と名付けられた、これまた別棟のリストランテは休業中だった。そこでフロントの横にあるセルフサービス式簡易食堂「ピットレーン」でフォトグラファーとランブルスコをちびちび飲みながら夕食をとることになった。周囲のテーブルを見渡せば、フェラーリもしくはその関連産業で働いていたり、もしくはそこに出張で来たりしているおじさんたちが同様に食事をとっている。しゃれた雰囲気はないが、個人的には、こういうほうがマラネッロ風情がある。

ちなみに、このマラネッロ・ビレッジは、前述のような経緯から、キッチンを備えたレジデンス、つまり滞在型の部屋も用意されている。フェラーリは世界の大学生に長期職業研修の門戸を開いていることでも有名だ。彼らにとっても、良い滞在先候補になるに違いない。

食後再び「デイトナ」棟に戻る。宿の廊下に掲げられた写真や絵といえば、超高級ホテルを除いて無意味なものの代表である。だが、それはマラネッロ・ビレッジには当てはまらない。フォトグラファー氏は廊下に掲げられたフェラーリにまつわる歴史写真を指さしながら、「これは◯◯の撮影だ」と撮影した写真家の名前を次から次へと教えてくれた。さすがムゼオ・フェラーリの協力を得ているだけのことがある。

別の階に部屋を割り当てられたフォトグラファー氏と別れ、自分の階に上がる。到着時には慌てていて気づかなかったのだが、廊下のカーペットもレッドで、縁にはチェッカー模様ととともに「F430」「612スカリエッティ」などのモデル名がプリントされているではないか。なんだかわからないけど、さながらサーキット感覚である。
ランブルスコでほろ酔い加減になっていたボクは、誰もいないのをいいことに端から端まで走ってみた。突き当たりまで行ってもうひと走り。小学校のとき、先生に隠れて廊下を走ったときに似た快感を味わった。

翌朝、ホテルのスタッフは朝食のホールでもチェックアウトでも丁寧に対応してくれた。だが実は深夜監視カメラに写っていたボクの「ひとり人間ゼロヨンテスト」を思い出し、心のなかで笑いをこらえていたのかもしれない。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

フロントで渡された見取り図。手描きで「デイトナ」棟への順路が記されている。
フロントで渡された見取り図。手描きで「デイトナ」棟への順路が記されている。 拡大
中庭。建物の外壁には象徴的なモデルのイラストレーションが。
中庭。建物の外壁には象徴的なモデルのイラストレーションが。 拡大
「SUZUKA(スズカ)」と名付けられた宿泊棟もある。
「SUZUKA(スズカ)」と名付けられた宿泊棟もある。 拡大
モダンな家具で統一された客室。
モダンな家具で統一された客室。 拡大
廊下に敷かれたカーペットも、ご覧のとおり。
廊下に敷かれたカーペットも、ご覧のとおり。 拡大
「コラ、走るな」と言われているようでもあり……。
「コラ、走るな」と言われているようでもあり……。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フェラーリ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。