新型ポルシェ・ボクスター スパイダー受注開始

2015.04.01 自動車ニュース
「ポルシェ・ボクスター スパイダー」
「ポルシェ・ボクスター スパイダー」
    拡大

新型「ポルシェ・ボクスター スパイダー」の受注始まる

ポルシェ ジャパンは2015年4月1日、新型「ポルシェ・ボクスター スパイダー」の予約受注を同年4月15日に開始すると発表した。

ポルシェ・ボクスター スパイダーは、「ボクスター」の中で最もスポーティーなキャラクターが与えられたモデルである。

エクステリアは、ノーマル車とは異なる、起伏に富んだリアカウルが特徴。ルーフは一部手動となる軽量ソフトトップで、フロントエンドとリアエンドには、クローズドボディーのハイパフォーマンス車「ケイマンGT4」と同じパーツが装着されている。

エンジンは375psと42.8kgmを発生する、3.8リッターのフラット6。3.4リッターモデルの中で最もパワフルな「ボクスターGTS」(330ps、37.7kgm)と比べて、45psと5.1kgmの上乗せとなる。サスペンション高は、ノーマル比で20mmダウン。ブレーキは「911カレラ」用のものがおごられる。
0-100km/h加速は4.5秒で、最高速は290km/hだ。

トランスミッションは6段MTのみで、ハンドル位置は左右が選べる。価格は1012万円。

(webCG)

→新型ポルシェ・ボクスター スパイダーのフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
ボクスター, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ ボクスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
ホームへ戻る