クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

祝・生誕25周年! ポルシェ躍進の立役者「ボクスター」

2021.02.10 デイリーコラム

コンセプトカー登場は1993年

2021年、「ポルシェ・ボクスター」がデビュー25周年を迎えた。それを記念して世界限定1250台の「ボクスター25イヤーズ」というアニバーサリーモデルの受注が始まっている。

ここであらためて、ボクスターの足跡を振り返ってみたいと思う。ボクスターのコンセプトが生まれる数年前、1990年~1991年当時のポルシェのラインナップは「911」と「928」、そして「944」(1991年に生産終了)or「968」(1991年にデビュー)のわずか3種類。生産台数は911が1万9641台で928が1792台、944(968)が4724台と、トータルで3万台にも満たないものだった。

911しか売れるクルマがない。車種バリエーションもないので販売店も売るクルマがない。ポルシェの経営は危機的な状況にあった。1993年にヴェンデリン・ヴィーデキング氏がCEOに就任、トヨタ生産方式を取り入れることを決断する。

時を同じくして、1993年のデトロイトモーターショーでオープントップ2シータースポーツカー「ボクスター コンセプトカー」が発表された。ちなみに車名のボクスターは、ボクサーエンジンとロードスターを組み合わせた造語である。

2021年1月13日から予約注文受け付けが始まった「ポルシェ・ボクスター」のデビュー25周年記念車「25イヤーズ」。
2021年1月13日から予約注文受け付けが始まった「ポルシェ・ボクスター」のデビュー25周年記念車「25イヤーズ」。拡大
1993年のデトロイトモーターショーでお披露目された「ボクスター コンセプトカー」。好評だったため市販モデルをこれとそっくりにつくるよう指示が下ったという。
1993年のデトロイトモーターショーでお披露目された「ボクスター コンセプトカー」。好評だったため市販モデルをこれとそっくりにつくるよう指示が下ったという。拡大

販売台数を大幅に引き上げる

1996年、コンセプトカーのスタイリングをほぼ踏襲した、初代ボクスター(986)の市販が始まる。初の水冷水平対向エンジンを搭載した911(996)と部品の多くを共通化することで、より安価な価格帯での市場投入を実現した。

986の登場初年度の販売台数は約1万6000台と、その年の911(993)とほぼ同じセールスを記録。さらに2年遅れて登場した996の初年度のセールスはいきなり2万台超の約2万3000台に到達。相乗効果もあってその年の986も約2万2000台のセールスを記録し、ポルシェとして初めて年間販売台数で4万台を突破した。このビジネスとしての成功のおかげで、「ターボ」や「カレラ4」に続き、911としては初となる「GT3」を導入。いまに続くポルシェの看板スポーツカーが誕生した瞬間だった。

排気量2.5リッターの水平対向6気筒エンジンで始まった986は、1999年に2.7リッターエンジンを搭載して出力を強化。また3.2リッター6気筒エンジンを搭載した「ボクスターS」も追加された。

2004年には987へとアップデート。翌年にはボクスターのクーペ版となる「ケイマン」が発表された。モデルライフ中にボクスターは2.9リッター、ボクスターSは3.4リッターにまで排気量を拡大している。

2012年には、981へとフルモデルチェンジ。2.7リッターと3.4リッターの水平対向6気筒エンジンを皮切りに、出力を高めた「GTS」や軽量化したボディーに3.8リッターエンジンを搭載した「ボクスター スパイダー」などが設定された。

1996年に発売された初代「ボクスター」。2年遅れで登場した996型「911」とはフロントまわりのパーツを共有する関係にある。
1996年に発売された初代「ボクスター」。2年遅れで登場した996型「911」とはフロントまわりのパーツを共有する関係にある。拡大
2代目となる987型は2004年にデビュー。モデルライフの途中でATがトルコン式の「ティプトロニック」からデュアルクラッチ式の「PDK」に変更された。
2代目となる987型は2004年にデビュー。モデルライフの途中でATがトルコン式の「ティプトロニック」からデュアルクラッチ式の「PDK」に変更された。拡大

6気筒モデルが復活

そして2016年に現行の982世代がデビュー。排ガス規制をクリアすべく2リッター、もしくは2.5リッター4気筒ターボエンジンへとダウンサイジング。4気筒エンジンを搭載していた1950年代のレーシングカー「718」へのオマージュとして、車名を「718ボクスター/718ケイマン」へと改名。GTSも2.5リッター水平対向エンジンへとダウンサイジングを余儀なくされていた。

ところが近年、欧州で燃費基準が国際基準のWLTP(Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedure)に統一化される動きが起きている。皮肉にもこの新たな燃費計測方法には、ダウンサイジングエンジンではミートしにくいことが判明。欧州各社がエンジンのライトサイジング(right=適正化)を進めるなかで、ポルシェは「スパイダー」「GTS 4.0」を設定し、ボクスターに水平対向6気筒自然吸気エンジンを復活させた。

ポルシェファンとしては喝采を送るとともに、3リッターターボへとダウンサイジングされた911のエンジンが、この4リッター自然吸気へと置き換えられることを期待せずにはいられない(新型「911 GTS」に搭載とのうわさもある)。

メルセデスが「SLC」の、アウディが「TT」の生産中止を決めるなか、(「BMW Z4」も「トヨタ・スープラ」の存在がなければ絶版の予定だったという)、コンパクトな2シーターオープンスポーツカー市場の未来は決して楽観できるものではないだろう。

それでもボクスターは4世代にわたり、35万7000台以上が生産されてきた。ポルシェは新たに「カイエン」や「マカン」といったSUVでビジネスの屋台骨を築き上げ、それを原資として911やボクスターといったスポーツカーを絶やすことなくつくり続けている。それこそがまさにポルシェの矜持(きょうじ)といえるものだろう。

(文=藤野太一/写真=ポルシェ/編集=藤沢 勝)

2012年にデビューした3代目の981型。最終モデルの「スパイダー」には3.8リッター水平対向6気筒エンジンが積まれた。
2012年にデビューした3代目の981型。最終モデルの「スパイダー」には3.8リッター水平対向6気筒エンジンが積まれた。拡大
復活した水平対向6気筒自然吸気ユニットを搭載した「718ボクスターGTS 4.0」。「25イヤーズ」のベースモデルにもなっている。
復活した水平対向6気筒自然吸気ユニットを搭載した「718ボクスターGTS 4.0」。「25イヤーズ」のベースモデルにもなっている。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ポルシェ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。