祝・生誕25周年! ポルシェ躍進の立役者「ボクスター」

2021.02.10 デイリーコラム

コンセプトカー登場は1993年

2021年、「ポルシェ・ボクスター」がデビュー25周年を迎えた。それを記念して世界限定1250台の「ボクスター25イヤーズ」というアニバーサリーモデルの受注が始まっている。

ここであらためて、ボクスターの足跡を振り返ってみたいと思う。ボクスターのコンセプトが生まれる数年前、1990年~1991年当時のポルシェのラインナップは「911」と「928」、そして「944」(1991年に生産終了)or「968」(1991年にデビュー)のわずか3種類。生産台数は911が1万9641台で928が1792台、944(968)が4724台と、トータルで3万台にも満たないものだった。

911しか売れるクルマがない。車種バリエーションもないので販売店も売るクルマがない。ポルシェの経営は危機的な状況にあった。1993年にヴェンデリン・ヴィーデキング氏がCEOに就任、トヨタ生産方式を取り入れることを決断する。

時を同じくして、1993年のデトロイトモーターショーでオープントップ2シータースポーツカー「ボクスター コンセプトカー」が発表された。ちなみに車名のボクスターは、ボクサーエンジンとロードスターを組み合わせた造語である。

2021年1月13日から予約注文受け付けが始まった「ポルシェ・ボクスター」のデビュー25周年記念車「25イヤーズ」。
2021年1月13日から予約注文受け付けが始まった「ポルシェ・ボクスター」のデビュー25周年記念車「25イヤーズ」。拡大
1993年のデトロイトモーターショーでお披露目された「ボクスター コンセプトカー」。好評だったため市販モデルをこれとそっくりにつくるよう指示が下ったという。
1993年のデトロイトモーターショーでお披露目された「ボクスター コンセプトカー」。好評だったため市販モデルをこれとそっくりにつくるよう指示が下ったという。拡大
ポルシェ ボクスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)【試乗記】 2018.8.16 試乗記 「ポルシェ718ボクスター」に設定された、装備満載の最上級グレード「GTS」。365psを発生する2.5リッター4気筒ターボと、さらにスポーティーに調律された足まわり、アクティブトルクベクタリングに代表されるハイテクが織り成す走りをリポートする。
ホームへ戻る