ホンダ、新型シビックのコンセプトモデルを発表【ニューヨークショー2015】

2015.04.02 自動車ニュース
「ホンダ・シビックコンセプト」
「ホンダ・シビックコンセプト」
    拡大

【ニューヨークショー2015】ホンダ、新型「シビック」のコンセプトモデルを発表

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2015年4月1日、ニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月1日~12日)で「シビックコンセプト」を発表した。

シビックコンセプトは、北米で2015年秋に発売を予定している、次期型「シビック」のデザインを示すコンセプトモデルである。

次期型シビックは北米では10代目にあたる。プラットフォームは新開発となっており、エンジンには北米では初となる1.5リッターVTECターボを採用。トランスミッションは新開発のCVTと6段MTを予定している。

北米でのラインナップについては、クーペとセダンに加え、新たに5ドアの設定を予定。デザインと開発は北米を中心に進めており、生産は、セダンとクーペは米国のインディアナ工場とカナダのオンタリオ工場で、5ドアは英国のスウィンドン工場で行う。

(webCG)
 

関連キーワード:
シビック, ホンダ, モーターショー, ニューヨークモーターショー2015, 自動車ニュース

ホンダ シビック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • 企画展「CIVIC WORLD 受け継がれるHondaのDNA」の会場から 2021.3.26 画像・写真 「ツインリンクもてぎ」内の博物館「ホンダコレクションホール」が、「シビック」の歴史をたどる企画展「CIVIC WORLD 受け継がれるHondaのDNA」を開催(2021年5月31日まで)。ホンダを支えてきた歴代シビックの姿を、写真で紹介する。
  • ホンダが「シビック」をマイナーチェンジ 運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備 2020.1.10 自動車ニュース ホンダが「シビックセダン」「シビックハッチバック」をマイナーチェンジ。外装デザインを変更したほか、運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備とした。また2020年夏発売予定の「シビック タイプR」の改良モデルについても、情報の先行公開を開始している。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
ホームへ戻る