第21回: 新型SUV「ベンテイガ」にご注目!
インポーターに聞きました~ベントレー編~

2015.04.22 JAIA輸入車試乗会2015

長年にわたり高級グランドツアラーを手がけてきたイギリスの老舗、ベントレー。「JAIAの合同試乗会には参加しないので……」とのことだったので、都内で行われていたイベントの会場に伺い、インタビューを実施。2015年の注目ポイントを聞いてきた。

「コンチネンタルGT」や「フライングスパー」に搭載される4リッターV8エンジン。
「コンチネンタルGT」や「フライングスパー」に搭載される4リッターV8エンジン。 拡大
2014年5月に日本で発表され、同年秋にデリバリーが開始された「フライングスパーV8」。W12モデルには一歩譲るものの、0-100km/h加速は5.2秒、最高速度は295km/hという動力性能を発揮する。
2014年5月に日本で発表され、同年秋にデリバリーが開始された「フライングスパーV8」。W12モデルには一歩譲るものの、0-100km/h加速は5.2秒、最高速度は295km/hという動力性能を発揮する。 拡大
2014年のパリショーで発表された「ミュルザンヌ スピード」。エンジンの最高出力を537psに高めた、「ミュルザンヌ」の高性能バージョンである。
2014年のパリショーで発表された「ミュルザンヌ スピード」。エンジンの最高出力を537psに高めた、「ミュルザンヌ」の高性能バージョンである。 拡大
レーシングカー「コンチネンタルGT3」のノウハウを取り入れて開発された「コンチネンタルGT3-R」。販売台数は世界限定300台。日本への割り当てについては「両手の指で収まる程度になりそう」とのことだった。
レーシングカー「コンチネンタルGT3」のノウハウを取り入れて開発された「コンチネンタルGT3-R」。販売台数は世界限定300台。日本への割り当てについては「両手の指で収まる程度になりそう」とのことだった。 拡大
ベントレーにとって初のSUVとなる「BENTAYGA(ベンテイガ)」。発表は2015年秋を予定している。
ベントレーにとって初のSUVとなる「BENTAYGA(ベンテイガ)」。発表は2015年秋を予定している。 拡大
今回お話をうかがった、ベントレーモーターズジャパンの横倉 典さん。「新型SUVの日本での呼び名は『ベンテイガ』ですからね。皆さん、間違えないでくださいね」
今回お話をうかがった、ベントレーモーターズジャパンの横倉 典さん。「新型SUVの日本での呼び名は『ベンテイガ』ですからね。皆さん、間違えないでくださいね」 拡大

今までにないジャンルを切り開くニューモデル

――昨年(2014年1~12月)の日本市場における販売状況はいかがでしたか?

昨年のベントレーの販売台数は前年比+8.2%の317台でした。日本市場では2012年に販売が上向いて以来、非常に堅調な伸びを保ち続けており、今後も年に5~10%程度のペースで、ゆっくりと成長してきたいと考えています。

――好調をけん引したのは、どのモデルだったのでしょうか?

新しく導入された「V8 S」をはじめ、「コンチネンタルGT」から導入を進めているV8モデルが好調でした。販売全体の約30%がコンチネンタル系のV8になります。また、一昨年に導入した「フライングスパーW12」も通年で販売することができ、こちらも全体の約30%を占めるほどに皆さまから支持をいただきました。

――今注目の車種、また今年導入を予定している車種にはどのようなものがありますか?

今注目のモデルとしては、昨年の後半にデリバリーが開始された「フライングスパーV8」が挙げられます。ベントレー伝統のクラフトマンシップを受け継ぎつつ、快適性や実用性、そして環境にも配慮したモデルとなっております。今年はこのクルマを通じて、多くのお客さまにベントレーの世界を知っていただければと思っています。

そのほかのモデルとしては、今年は「ミュルザンヌスピード」のデリバリーが始まります。また、モータースポーツ部門とともに開発した「コンチネンタルGT3-R」についても導入を検討していますが、日本へ割り当てられる台数は限られたものになるでしょうね。

さらに年の後半には、先日正式なモデル名称が「ベンテイガ」と決定したSUVの発表も控えております。2016年のデリバリーに向け、インポーター、ディーラーともにすでに積極的に動き始めておりますので、ご期待ください。

――ベンテイガはどういったモデルになるのでしょうか?

一言で申しまして、前例のないモデルです。なにせ、ベントレーの位置するプレミアムカーの世界では初めてのSUVとなりますので。かつてコンチネンタルGTで実現したように、ベンテイガでも、これまでに存在しなかった新しいセグメントを開拓したいと考えております。

――全国の『webCG』読者に一言お願いします!

ベンテイガのお披露目はもちろん、昨年より多くの地域でのGT3レースへの参戦など、今年はベントレーにとってとてもエキサイティングな年になることでしょう。ベントレー史上最も多い、12種類の異なる特徴を持つモデルたちをお客さまにお届けできることを、楽しみにしております。

(インタビューとまとめ=webCG 堀田剛資/写真=webCG、ベントレーモーターズ)
 

ベントレー ベンテイガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター(FR/8AT)【試乗記】 2021.1.4 試乗記 新世代の「アストンマーティン・ヴァンテージ」にオープントップバージョン「ロードスター」が登場。早速ステアリングを握った筆者は、予想以上の官能性あふれる走りに、すっかり夢中になったのだった。
ホームへ戻る