簡易型ハイブリッドのスズキ・ハスラー発売

2015.05.13 自動車ニュース
「スズキ・ハスラーX」
「スズキ・ハスラーX」
    拡大

簡易型ハイブリッドの「スズキ・ハスラー」発売

スズキは、軽乗用車「ハスラー」の一部グレードについて、仕様・装備を変更し、2015年5月13日に発売した。

「ハスラーG」。写真はボディーカラーが「クリスタルホワイトパール 2ブラック2トーンルーフ」のもの。
「ハスラーG」。写真はボディーカラーが「クリスタルホワイトパール 2ブラック2トーンルーフ」のもの。
    拡大

■簡易型のハイブリッドシステムを追加

今回、自然吸気エンジンを搭載するハスラーのCVT車に採用されていた「エネチャージ」が、「S-エネチャージ」に変更された。

S-エネチャージは「ワゴンR」にも用いられている“簡易ハイブリッドシステム”だが、今回ハスラーに搭載されたものは、ISG(モーター機能付き発電機)のモーターアシスト時間が6秒間から最長30秒間にまで延長されているほか、モーターアシストが行われる速度域も、これまでの「15km/h~85km/h」から「発進後~約85km/h」へと拡大されている。

0.66リッター直3エンジン(R06A型ユニット)そのものについても、圧縮比の向上、EGRシステムの採用、吸排気系の見直しを実施。低中速域の動力性能を高めた上で燃費性能を向上させた(JC08モード値で最高32.0km/リッター)。
エキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッドの採用や、触媒ケースの簡素化により、一段と軽量・コンパクトになったのもトピックである。

一部のグレードを除き、新たな車体色「クリスタルホワイトパール」「クリスタルホワイトパール 2ブラック2トーンルーフ」も追加設定されている。

S-エネチャージ搭載車の価格は、「G」(FF/CVT)の126万1440円から特別仕様車「J STYLE」(4WD/CVT)の162万1080円まで。

(webCG)

関連キーワード:
ハスラー, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ハスラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スズキ・ハスラー」発表会の会場から 2019.12.24 画像・写真 いよいよフルモデルチェンジされたスズキの軽クロスオーバー「ハスラー」。2代目となる新型は、どんなクルマに仕上がっているのか? その“見どころ”や、取り入れられた新技術の数々を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD) 2019.12.24 画像・写真 軽クロスオーバーのパイオニア「スズキ・ハスラー」が2代目にモデルチェンジ。従来モデルから刷新された内外装のデザインや、機能性が高められた車内空間、インフォテインメントシステムをはじめとした新装備など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドX(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.8 試乗記 軽クロスオーバーという古くて新しいジャンルを定着させた「スズキ・ハスラー」は、フルモデルチェンジによってどんな進化を遂げたのか。ISGを組み込んだ自然吸気エンジン搭載の「ハイブリッドX」をロングドライブに連れ出し、仕上がりを確認した。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD/CVT)【試乗記】 2020.3.17 試乗記 デビューからの6年間で48万台以上が世に出たという「スズキ・ハスラー」が2代目に進化。見た目はご覧の通りのキープコンセプトだが、肝心の走りの性能はどうなのか。一般道のみならず、高速道路や箱根の山道にも連れ出してみた。
  • トヨタGR 86プロトタイプ/スバルBRZプロトタイプ【試乗記】 2021.7.17 試乗記 日本の2メーカーの共同開発により生まれた「トヨタ86」と「スバルBRZ」。初代誕生から9年の時を経て世に出る2代目は、どんなスポーツカーに仕上がっているのか? サーキットで試乗した印象と進化のポイントをリポートする。
ホームへ戻る