フォルクスワーゲン、ホットな3車種にMT車追加

2015.06.09 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロGTI」
「フォルクスワーゲン・ポロGTI」
    拡大

フォルクスワーゲン、「ポロGTI」「ゴルフGTI」「ゴルフR」に6段MT車を追加

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年6月9日、「ポロGTI」「ゴルフGTI」「ゴルフR」のMT仕様車を新たに導入すると発表した。3車種とも、受注は同年6月11日に始められる。

「ゴルフGTI」
「ゴルフGTI」
    拡大
「ゴルフR」
「ゴルフR」
    拡大

今回新たにラインナップされる3モデルのうち、ポロGTIの6段MT車は、既存の7段AT車とはアウトプットが異なる。最高出力の値(192ps)は変わらないものの、その発生回転数はAT車よりも1100rpm低い4300rpmに。最大トルクもAT車の25.5kgmから7.1kgmアップの32.6kgmへと変更されている。
ドライバーの好みにあわせてサスペンションセッティングが変更できる“Sport Select”シャシー付きスポーツパフォーマンスキットも備わる。

価格は327万5000円で、デリバリーの開始時期は2015年9月になる見込み。

ゴルフGTI(220ps、35.7kgm)とゴルフR(280ps、38.7kgm)は、エンジンのアウトプットやサスペンションセッティングの点で、MT車とAT車に違いはない。
後方の死角を検知する「ブラインドスポットディテクション」や、後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能「リアトラフィックアラート」、「アダプティブクルーズコントロール」といった安全装備の充実がセリングポイントとなっている。

ゴルフGTIの6MT車は389万円で、納車の開始時期は2015年10月。ゴルフRの6MT車は539万円で、同年9月にもデリバリーされる。

(webCG)

関連キーワード:
ポロ, ゴルフ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ポロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.2.18 試乗記 フォルクスワーゲンのBセグメントコンパクト「ポロ」に、新エンジン「1.5 TSI Evo」を搭載したスポーティーな新グレード「TSI Rライン」が登場。かむほどに味が出る、ジャーマンコンパクトならではの走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.4.23 試乗記 新型「フォルクスワーゲン・ポロ」のモデルラインナップに、1.5リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「TSI Rライン」が加わった。気筒休止機構やコースティング機構など最新のテクノロジーを手にデビューした、中間グレードの出来栄えやいかに!?
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • アウディA6アバント40 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.6.29 試乗記 “ドイツ御三家”がしのぎを削る欧州Eセグメント。そこで奮闘する「アウディA6」に、本命ともいえる2リッターディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」が追加された。新たなパワートレインを得たA6の走りを、幅広いシチュエーションでチェックした。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
ホームへ戻る