快適さ増したフィアット・パンダ4×4、限定発売

2015.06.24 自動車ニュース
「フィアット・パンダ4×4コンフォート」。写真のボディーカラーは、ベネチアンブルー。
「フィアット・パンダ4×4コンフォート」。写真のボディーカラーは、ベネチアンブルー。
    拡大

快適さ増した「フィアット・パンダ4×4」、限定発売

FCAジャパンは2015年6月24日、「フィアット・パンダ4×4」の特別仕様車「パンダ4×4 Comfort(コンフォート)」を発表した。同年7月10日に、120台限定で発売する。


 

今回のパンダ4×4コンフォートは、6段MTの4WDモデル、パンダ4×4がベースの限定車。特別な装備として、リアプライバシーガラスとフルオートエアコンが与えられている。

価格はベースモデルより6万4800円高の258万1200円。ボディーカラーは、タスカングリーン(限定100台)とベネチアンブルー(限定20台)の2色がラインナップされる。

(webCG)

関連キーワード:
パンダ, フィアット, 自動車ニュース

フィアット パンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2021.5.12 試乗記 FFを基本としたエンジン横置きプラットフォームに、コンパクトな4ドアボディーを架装した「BMW 2シリーズ グランクーペ」。FRを信奉する古くからのファンには敬遠されそうなモデルだが、実際に乗ってみると、FFの乗用車として出色の出来栄えだった。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ(後編) 2021.5.9 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「ルノー・トゥインゴ」に試乗。前編では内装のつくりを絶賛した山野だったが、話題はいよいよ走りの印象におよぶ。「ハンドリングがそっくり」と語る意外な車名とは!?
ホームへ戻る