快適さ増したフィアット・パンダ4×4、限定発売

2015.06.24 自動車ニュース
「フィアット・パンダ4×4コンフォート」。写真のボディーカラーは、ベネチアンブルー。
「フィアット・パンダ4×4コンフォート」。写真のボディーカラーは、ベネチアンブルー。
    拡大

快適さ増した「フィアット・パンダ4×4」、限定発売

FCAジャパンは2015年6月24日、「フィアット・パンダ4×4」の特別仕様車「パンダ4×4 Comfort(コンフォート)」を発表した。同年7月10日に、120台限定で発売する。


 

今回のパンダ4×4コンフォートは、6段MTの4WDモデル、パンダ4×4がベースの限定車。特別な装備として、リアプライバシーガラスとフルオートエアコンが与えられている。

価格はベースモデルより6万4800円高の258万1200円。ボディーカラーは、タスカングリーン(限定100台)とベネチアンブルー(限定20台)の2色がラインナップされる。

(webCG)

関連キーワード:
パンダ, フィアット, 自動車ニュース

フィアット パンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 電気で走るチンクエチェント!? 「フィアット500クラシケev」が示した新しいクラシックカー像 2020.9.23 デイリーコラム 世界中で愛される“ヌオーバ・チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」。このクルマを電動化した「フィアット500クラシケev」には、どんな提案が込められているのか? 「日々に彩りを添える、日常を楽しむクラシック」という、新しいクラシックカー像に迫る。
  • 第191回:マンゾクマンゾク、マンゾク倶楽部 2020.10.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第191回は、「ルノー・メガーヌR.S.トロフィー」で夜の首都高に出撃! 前回の「ポルシェ911 GT3 RS」では降り出した雨のせいで“男のマンゾク”を存分に味わうことなく終わったが、今夜は違う。
  • 新型「フィアット・パンダ」 2013.5.21 画像・写真 2013年6月1日に発売される、新型「フィアット・パンダ」のディテールを写真で紹介。
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
ホームへ戻る