第108回:ホンダ・ステップワゴンG・EX(前編)

2015.07.10 水野和敏的視点

このアイデアは素晴らしいが……

今年の4月にフルモデルチェンジを果たしたホンダ・ステップワゴンは、1996年に登場した初代から数えて5代目に当たります。通常どおり跳ね上げて使うだけでなく、左半分が普通のドアのように横方向にも開閉できるテールゲート「わくわくゲート」が話題になっています。

ラインナップは従来どおり、いわばノーマルバージョンの「ステップワゴン」と、スポーティーな内外装を持ち、装備が充実した「ステップワゴン スパーダ」に大別されます。エンジンは“ダウンサイジング”が図られ、新開発の1.5リッターターボ(150ps、20.7kgm)が搭載されました。トランスミッションは全車CVTです。スパーダの上級グレードにはシフトパドルが装備されます。

試乗車は、ステップワゴンの最上級グレードである「G・EX」(258万8000円)です。Hondaインターナビやリアエンターテインメントシステムといったオプション装備を付け、総額で318万7400円になっています。

さて、まずは新型ステップワゴンを特徴付ける、わくわくゲートを見てみましょう。「ホンダの開発チームはずいぶん頑張ったな」と感心していますが、ひとつ疑問があります。これだけ大きなテールゲートなのに、なぜ電動のパワーアシスト機構が付かないのでしょうか。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】 2020.11.21 試乗記 ホームコースの鈴鹿サーキットで、ホンダがFF車最速の座を宿敵ルノーから奪還した。その立役者となったのが、「シビック タイプR」のマイナーチェンジと同時に登場した「リミテッドエディション」。聖地・鈴鹿に赴き、進化と速さの秘密を探った。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • ホンダが「オデッセイ」をマイナーチェンジ フロントマスクを一新 2020.11.5 自動車ニュース 本田技研工業は2020年11月5日、ミニバン「ホンダ・オデッセイ」のマイナーチェンジモデルを、同年11月6日に発売すると発表した。今回は内外装デザインのブラッシュアップに加えて、機能装備や予防安全装備の強化を図っている。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る