メルセデス、Cクラスに左ハンドルの特別仕様車

2015.07.16 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツC200スポーツエディション」
「メルセデス・ベンツC200スポーツエディション」
    拡大

メルセデス、左ハンドルの特別仕様車「C200スポーツエディション」を発売

メルセデス・ベンツ日本は2015年7月16日、「Cクラス」に特別仕様車「C200 Sports Edition(スポーツエディション)」を設定し、合計700台限定で注文の受付を開始した。発売は同年7月下旬を予定している。

■スポーティーな外装パーツや各種快適装備を採用

C200スポーツエディションは、「C200アバンギャルド」をベースにスポーティーな外装パーツやエアサスペンションなどからなる「AMGライン」や、シートヒーターやサンルーフといった快適装備を採用した特別仕様車である。またメルセデスAMGの「C63」「C63 S」を除くと、現行Cクラスのカタログモデルにはない左ハンドル車であることも特徴となっている。

ラインナップは人工皮革のシートを備えた「C200スポーツエディション(ベース仕様)」と、本革シートを備えた「C200スポーツエディション(本革仕様)」の2種類。各モデルの特別装備は、以下の通り。

C200スポーツエディション(ベース仕様)
・ベーシックパッケージ(パークトロニック/アクティブパーキングアシスト<縦列・並列駐車>/シートヒーター<前席>)
・AMGライン(レザーARTICO AMGスポーツシート<前席>/AMGスタイリングパッケージ<フロントスポイラー+サイド&リアスカート>/18インチAMG 5スポークアルミホイール/AMGスポーツステアリング/レザーARTICOダッシュボード/ステンレスアクセル&ブレーキペダル<ラバースタッド付き>/AMGフロアマット/「Mercedes-Benz」ロゴ付きブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク<フロント>/AIRMATICアジリティパッケージ)

C200スポーツエディション(本革仕様)
・パノラミックスライディングルーフ(挟み込み防止機能付き)
・レザーエクスクルーシブパッケージ(ベーシックパッケージ<パークトロニック+アクティブパーキングアシスト[縦列・並列駐車]+シートヒーター[前席]>+ヘッドアップディスプレイ+自動開閉トランクリッド+ハンズフリーアクセス<トランク自動開閉機能>+メモリー付きパワーシート<助手席>+電動ランバーサポート<助手席>+エアバランスパッケージ<空気清浄機能、パフュームアトマイザー付き>)
・AMGライン(AMGスポーツシート<本革、前席>+AMGスタイリングパッケージ<フロントスポイラー+サイド&リアスカート>+18インチAMG 5スポークアルミホイール+AMGスポーツステアリング+レザーARTICOダッシュボード+ステンレスアクセル&ブレーキペダル<ラバースタッド付き>+AMGフロアマット+「Mercedes-Benz」ロゴ付きブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク<フロント>+AIRMATICアジリティパッケージ)

ボディーカラーは「ポーラーホワイト」と「オブシディアンブラック」の2色。インテリアカラーは「ブラック」のみの設定で、インテリアトリムには「ブラックアッシュウッド」が用いられている。

各仕様の価格と販売台数は以下の通り。

C200スポーツエディション(ベース仕様):606万円
ポーラーホワイト(167台)/オブシディアンブラック(168台)

C200スポーツエディション(本革仕様):680万円
ポーラーホワイト(183台)/オブシディアンブラック(182台)

(webCG)
 

関連キーワード:
Cクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.11.23 試乗記 ライバルを突き放すべく、変更箇所が6500にも上るというマイナーチェンジを受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。今回のテスト車は1.5リッターターボエンジンにマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「C200アバンギャルド」。果たしてその出来栄えは!?
  • メルセデス・ベンツC180アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.9.24 試乗記 内外装ともエレガントで華やかに生まれ変わった「メルセデス・ベンツCクラス」。新型もこれまでどおりドイツ車の、いや世界のコンパクトクラスの模範たりえるか。シリーズの中核的存在「C180アバンギャルド」に乗って考えた。
  • レクサスRC F“パフォーマンスパッケージ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.23 試乗記 「限界走行性能の最大化」や「意のままに操れること」を目標に、徹底的に磨き込まれた「レクサスRC F」。その崇高な求道精神で“理想の走り”は実現できたのか? トップグレードの“パフォーマンスパッケージ”で確かめた。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.22 試乗記 BMWのオープントップモデル「Z4」の新型がいよいよ日本に上陸した。今回テストに連れ出したのは、3リッター直6ターボエンジンを搭載したトップグレード「M40i」。箱根のワインディングロードで、その出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る