新エンジン搭載のボルボS60/V60/XC60発売

2015.07.23 自動車ニュース
「ボルボS60 D4 R-DESIGN」
「ボルボS60 D4 R-DESIGN」
    拡大

新エンジン搭載の「ボルボS60/V60/XC60」発売

ボルボ・カー・ジャパンは2015年7月23日、セダン「S60」とワゴン「V60」、クロスオーバーSUV「XC60」の仕様およびモデルラインナップの変更を発表。同日、販売を開始した。

「V60 D4 SE」
「V60 D4 SE」
    拡大
「XC60 D4 SE」
「XC60 D4 SE」
    拡大

今回、S60/V60/XC60ぞれぞれのラインナップに、2リッター4気筒クリーンディーゼル「D4」エンジン搭載モデルが追加された。(関連ニュース
アウトプットは、最高出力が190ps/4250rpmで、最大トルクが40.8kgm/1750-2500rpm。JC08モードの燃費値はS60が20.9km/リッター、V60が20.2km/リッター、XC60は18.6km/リッターで、「力強く滑らかな走りと高い環境性能を両立させた」とうたわれる。

ガソリン仕様の「T4」エンジンは、従来の1.6リッター直4ターボから、新開発の2リッター直4ターボにスイッチ。最高出力と最大トルクを190ps、30.6kgmとしながら、新開発の6段ATを組み合わせることで、S60で15.2km/リッター、V60で14.9km/リッターのJC08モード燃費を実現した。

S60/V60ともに、トップモデルは245psと35.7kgmを発生する2リッター直4ターボモデル「T5」。
XC60も同じT5の名称を最上級モデルに冠するものの、こちらのエンジンは2.5リッター直5ターボ(254ps、36.7kgm)で、駆動方式もFFのS60/V60とは異なり4WDとなっている。

モデルラインナップと価格は、以下の通り。
・S60 T4 SE(FF/6AT):429万円
・S60 T4 R-DESIGN(FF/6AT):504万円
・S60 D4 SE(FF/8AT):454万円
・S60 D4 R-DESIGN(FF/8AT):529万円
・S60 T5 SE(FF/8AT):515万円
・S60 T5 R-DESIGN(FF/8AT):554万円

・V60 T4 SE(FF/6AT):449万円
・V60 T4 R-DESIGN(FF/6AT):524万円
・V60 D4 SE(FF/8AT):474万円
・V60 D4 R-DESIGN(FF/8AT):549万円
・V60 T5 SE(FF/8AT):535万円
・V60 T5 R-DESIGN(FF/8AT):574万円

・XC60 D4 (FF/8AT):539万円
・XC60 D4 SE(FF/8AT):599万円
・XC60 D4 R-DESIGN(FF/8AT):675万円
・XC60 T5 AWD SE(4WD/8AT):599万円
・XC60 T5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT):675万円

(webCG)

関連キーワード:
V60, S60, XC60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
  • アウディRS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.19 試乗記 「アウディQ3」のトップパフォーマンスモデル「RS Q3」が2代目に進化。パワーアップした5気筒ターボエンジンやド派手なエクステリアパーツを手にした新型は、スポーツモデルとしての存在感がさらに強くなっている。クーペボディーの「スポーツバック」に試乗した。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.20 試乗記 大幅改良を受けた「ポルシェ・パナメーラ」のラインナップの中から、最高出力630PSの4リッターV8ターボエンジンを搭載した「ターボS」に試乗。ニュルブルクリンク北コースで“エグゼクティブカー”の最速タイムを記録したという、その実力の一端に触れた。
ホームへ戻る