400psのロータス・エヴォーラ、予約始まる

2015.07.24 自動車ニュース
「ロータス・エヴォーラ400」。写真は、2015年のジュネーブショーに出展されたときのもの。
「ロータス・エヴォーラ400」。写真は、2015年のジュネーブショーに出展されたときのもの。
    拡大

400psの「ロータス・エヴォーラ」予約始まる

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2015年7月24日、高性能スポーツカー「ロータス・エヴォーラ400」の予約受注を開始した。

エヴォーラ400は、2015年のジュネーブモーターショーに出展された、ロータスのスーパースポーツモデル。
従来型より22kg軽く仕立てられた車体に、車名の由来にもなっている400psの最高出力と41.8kgmの最大トルクを発生する、スーパーチャージャー付きの3.5リッターV6エンジンを搭載する。

最高速度は300km/hで、0-100km/h加速は4.2秒。英国へセルのテストコースにおいて、従来モデルより6秒速いタイムを記録したという。

エヴォーラ400の日本向け生産が始められるのは、2015年の10月。翌11月の正式発表を経て、2016年春にデリバリー開始となる予定だ。

価格は、MT車が1355万4000円で、AT車が1406万1600円。

(webCG)

関連キーワード:
エヴォーラ, ロータス, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • 「ロータス・エキシージ」の最後を飾る「ファイナルエディション」2モデルが登場 2021.2.8 自動車ニュース 「ロータス・エキシージ」の最終生産モデル「エキシージ スポーツ390ファイナルエディション/スポーツ420ファイナルエディション」が登場。ともにエンジンの高出力化による動力性能の向上が図られており、また既存のモデルにはない装飾や装備も特徴となっている。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
ホームへ戻る