最高速は315km/h! 「ロータス・エヴォーラGT430スポーツ」発売

2018.04.13 自動車ニュース
「ロータス・エヴォーラGT430スポーツ」
「ロータス・エヴォーラGT430スポーツ」拡大

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2018年4月13日、ロータスのフラッグシップスポーツカー「エヴォーラ」のラインナップに、新たなトップパフォーマンスグレードとなる「GT430スポーツ」を追加し、販売を開始した。

 
最高速は315km/h! 「ロータス・エヴォーラGT430スポーツ」発売の画像拡大
 
最高速は315km/h! 「ロータス・エヴォーラGT430スポーツ」発売の画像拡大
 
最高速は315km/h! 「ロータス・エヴォーラGT430スポーツ」発売の画像拡大
 
最高速は315km/h! 「ロータス・エヴォーラGT430スポーツ」発売の画像拡大

今回のエヴォーラGT430スポーツは、2017年8月に世界限定60台で発売された「エヴォーラGT430」のカタログバージョンである。リアの大型固定スポイラーを取り払うなど、GT430ほど“アグレッシブ過ぎない”バージョンを望む顧客に向けた装備内容となっている。

6段MT仕様のみだったGT430とは異なり、GT430スポーツには6段AT仕様も用意される。3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンはトランスミッションに合わせたチューニングが施されており、436psの最高出力は共通ながら、最大トルクはMT仕様が440Nm、AT仕様が450Nmで、0-100km/h加速のタイムもMT仕様が3.8秒、AT仕様が3.7秒となる。最高速はロータスのロードカー史上最速の315km/h(AT/MT共通)と公表されている。

エクステリアでは、前後バンパーやフロントアクセスパネル、ルーフパネル、リアクオーターパネル、ルーバー付きテールゲートなどにカーボンファイバー素材を採用。リアの大型スポイラーを廃したこともあわせて、車両重量はGT430よりも10kg軽くなっている。

エクステリアと同様、シートやドアシル、インストゥルメントパネルカバーなどにカーボンファイバー素材を使用したインテリアは、ブラックのアルカンターラとディンプルレザーのコンビネーションによる仕立て。赤と白のステッチがアクセントとして施されている。

価格は1782万円。

(webCG)

 

関連キーワード:
エヴォーラ, ロータス, 自動車ニュース

ロータス エヴォーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • 「ホンダ・シビック タイプR」に「リミテッドエディション」登場 走りを磨いた200台限定モデル 2020.2.20 自動車ニュース ホンダが「シビック タイプR リミテッドエディション」の情報を先行公開した。2020年秋に発売される台数200台限定のモデルで、大幅な軽量化や、BBS製鍛造ホイール&ミシュラン製専用スポーツタイヤの採用などにより、高い動力性能が追求されている。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
ホームへ戻る