最高速は315km/h! 「ロータス・エヴォーラGT430スポーツ」発売

2018.04.13 自動車ニュース
「ロータス・エヴォーラGT430スポーツ」
「ロータス・エヴォーラGT430スポーツ」拡大

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2018年4月13日、ロータスのフラッグシップスポーツカー「エヴォーラ」のラインナップに、新たなトップパフォーマンスグレードとなる「GT430スポーツ」を追加し、販売を開始した。

 
最高速は315km/h! 「ロータス・エヴォーラGT430スポーツ」発売の画像拡大
 
最高速は315km/h! 「ロータス・エヴォーラGT430スポーツ」発売の画像拡大
 
最高速は315km/h! 「ロータス・エヴォーラGT430スポーツ」発売の画像拡大
 
最高速は315km/h! 「ロータス・エヴォーラGT430スポーツ」発売の画像拡大

今回のエヴォーラGT430スポーツは、2017年8月に世界限定60台で発売された「エヴォーラGT430」のカタログバージョンである。リアの大型固定スポイラーを取り払うなど、GT430ほど“アグレッシブ過ぎない”バージョンを望む顧客に向けた装備内容となっている。

6段MT仕様のみだったGT430とは異なり、GT430スポーツには6段AT仕様も用意される。3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンはトランスミッションに合わせたチューニングが施されており、436psの最高出力は共通ながら、最大トルクはMT仕様が440Nm、AT仕様が450Nmで、0-100km/h加速のタイムもMT仕様が3.8秒、AT仕様が3.7秒となる。最高速はロータスのロードカー史上最速の315km/h(AT/MT共通)と公表されている。

エクステリアでは、前後バンパーやフロントアクセスパネル、ルーフパネル、リアクオーターパネル、ルーバー付きテールゲートなどにカーボンファイバー素材を採用。リアの大型スポイラーを廃したこともあわせて、車両重量はGT430よりも10kg軽くなっている。

エクステリアと同様、シートやドアシル、インストゥルメントパネルカバーなどにカーボンファイバー素材を使用したインテリアは、ブラックのアルカンターラとディンプルレザーのコンビネーションによる仕立て。赤と白のステッチがアクセントとして施されている。

価格は1782万円。

(webCG)

 

関連キーワード:
エヴォーラ, ロータス, 自動車ニュース

ロータス エヴォーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
ホームへ戻る