フォルクスワーゲン・ポロの装備が充実

2015.07.28 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロTSI コンフォートライン アップグレードパッケージ」
「フォルクスワーゲン・ポロTSI コンフォートライン アップグレードパッケージ」
    拡大

フォルクスワーゲン、ポロのインフォテインメントシステムをアップグレード

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年7月28日、「フォルクスワーゲン・ポロ」の一部装備を見直し、販売を開始した。

 

今回新たに、Apple CarPlay、Android Autoに対応し、スマホとの連動が容易にできる「App Connect(アップコネクト)」や、iPodをはじめとするUSBデバイスが接続できるMEDIA-INが、ポロ全車に与えられた。

さらに、「ポロTSI コンフォートライン アップグレードパッケージ」にはオートハイトコントロール機能とLEDポジションランプの付いたLEDヘッドライトが、「ポロGTI」にはサスペンションやステアリングなどの設定が変えられる「Sport Select(スポーツセレクト)」が追加された。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・ポロTSI コンフォートライン:228万4000円
・ポロTSI コンフォートライン アップグレードパッケージ:262万9000円
・クロスポロ:280万8000円
・ポロ ブルーGT:289万5000円
・ポロGTI(DSG仕様):337万5000円

(webCG)

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ポロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.4.23 試乗記 新型「フォルクスワーゲン・ポロ」のモデルラインナップに、1.5リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「TSI Rライン」が加わった。気筒休止機構やコースティング機構など最新のテクノロジーを手にデビューした、中間グレードの出来栄えやいかに!?
  • トヨタGR 86プロトタイプ/スバルBRZプロトタイプ【試乗記】 2021.7.17 試乗記 日本の2メーカーの共同開発により生まれた「トヨタ86」と「スバルBRZ」。初代誕生から9年の時を経て世に出る2代目は、どんなスポーツカーに仕上がっているのか? サーキットで試乗した印象と進化のポイントをリポートする。
  • ヤマハMT-09 SP ABS(6MT)【レビュー】 2021.7.9 試乗記 アグレッシブな走りとスタイリングが自慢の、ヤマハのネイキッドスポーツモデル「MT-09」がフルモデルチェンジ。高い機動性に加え、上質なライドフィールも得た新型は、ヤマハ製スポーツバイクのスタンダードと呼べるマシンに仕上がっていた。
ホームへ戻る