BMW 118i、1.5リッター直3ターボを搭載し新発売

2015.08.24 自動車ニュース

1.5リッター直3ターボ搭載の「BMW 118i」発売

BMWジャパンは2015年8月24日、新たに1.5リッター直3ターボエンジンを搭載した「BMW 118i」の日本導入を発表した。同年9月5日に発売する。

新たに採用される1.5リッター直3直噴ターボエンジンの、透視イメージ。
新たに採用される1.5リッター直3直噴ターボエンジンの、透視イメージ。
    拡大

BMW 118iは、コンパクトハッチバック「1シリーズ」のエントリーモデル。今回、従来の1.6リッター直4ターボエンジン(最高出力:136ps/4400-6450rpm、最大トルク:22.4kgm/1350-4300rpm)に代えて、より排気量の小さな1.5リッター直3直噴ターボ(136ps/4400rpm、22.4kgm/1250-4300rpm)が採用された。

アウトプットの値そのものに変わりはないが、最大トルクの発生回転数は、100rpmダウン。これにより、ストップ&ゴーが多い市街地などでの走行が、さらに楽になるという。
JC08モードの燃費値も、16.6km/リッターから18.1km/リッターへと約10%向上した。

そのほかに、以下の装備が与えられる。
(※印は、スタンダードモデル118iを除く全車に標準装備)

・ドライビングアシスト(レーンディパーチャーウォーニング、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)(※)
・BMW SOSコール/BMWテレサービス
・ドラインビングパフォーマンスコントロール(ECO PROモード付き)
・LEDヘッドライト(LEDハイビーム/LEDロービーム、LEDフロントターンインジケーター、LEDスモールライトリング)(※)
・自動防眩ドアミラー/ルームミラー
・オートライトシステム
・オートマチックエアコンディショナー
・可倒式リアシート(60:40で分割可能)
・8インチワイドコントロールディスプレイ
・HDDナビゲーションシステム(VICS3メディア対応)
・iDriveコントローラー(コントロールディスプレイ用、ダイレクトメニューコントロールボタン、タッチパッド付き)
・インテグレイテッドオーナーズハンドブック
・ハンズフリーテレフォンシステム
・USBオーディオインターフェイス
・ITSスポット対応DSRC車載器(ルームミラー内蔵、ETC機能付き)(※)

ラインナップと価格は、以下の通り。
・118i:298万円
・118i スポーツ:338万円
・118i スタイル:338万円
・118i Mスポーツ:358万円

(webCG)

関連キーワード:
1シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
  • BMW 118dプレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.22 試乗記 BMWのエントリーディーゼルモデル「118dプレイ エディションジョイ+」を、片道300kmを超える長距離ドライブに連れ出した。高速道路と山岳路を組み合わせたタフなルートでステアリングを握り、あらためて確認できたBMWの走りに対するこだわりとは?
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2021.5.12 試乗記 FFを基本としたエンジン横置きプラットフォームに、コンパクトな4ドアボディーを架装した「BMW 2シリーズ グランクーペ」。FRを信奉する古くからのファンには敬遠されそうなモデルだが、実際に乗ってみると、FFの乗用車として出色の出来栄えだった。
  • フォルクスワーゲン・アルテオン シューティングブレークTSI 4MOTIONエレガンス【試乗記】 2021.7.23 試乗記 フォルクスワーゲンのフラッグシップ「アルテオン」がマイナーチェンジ。注目はこの改良を機に登場したステーションワゴン「アルテオン シューティングブレーク」である。流麗なフォルムと実用性の高さをうたうニューフェイスの仕上がりやいかに。
  • ポルシェが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタート 2021.6.17 自動車ニュース ポルシェジャパンが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタート。「911 GT3」をベースに内外装の意匠をやや控えめにしたモデルで、リアウイングに代えて可動式のリアスポイラーを採用。従来型にはなかった7段PDK仕様の設定もトピックとなっている。
ホームへ戻る