東京モーターショー2015

航続距離が伸びた最新型の日産リーフ登場【東京モーターショー2015】

2015.10.05 自動車ニュース

【東京モーターショー2015】航続距離が伸びた最新型の「日産リーフ」登場

日産自動車は2015年10月5日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)に、マイナーチェンジを施した電気自動車(EV)「リーフ」ほか、販売予定車種を出展すると発表した。

量産型EVの代名詞的モデル、日産リーフがマイナーチェンジ。東京モーターショーで披露される。
今回の仕様変更では、一充電あたりの航続距離が280km(車内測定値)のグレードがラインナップに加えられるとともに、衝突回避を支援する「エマージェンシーブレーキ」や「LDW(車線逸脱警報)」が全車標準装備となる。
正式発表は2015年11月、発売は同年12月が予定されている。

そのほか、東京モーターショー2015の日産ブースには、SUV「エクストレイル」のドレスアップバージョンとなる「エクストレイル ハイブリッド モードプレミア」や、「スカイライン」「フーガ」「セレナ」に装備を追加したモデルなど、計20車種が出展される見込み。

(webCG)

「日産リーフ」
「日産リーフ」 拡大

関連キーワード:
リーフ, 日産, 東京モーターショー2015, イベント, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
  • メルセデス・ベンツGLC F-CELL(RWD)【試乗記】 2020.7.24 試乗記 メルセデス・ベンツの燃料電池自動車「GLC F-CELL」が、いよいよ日本の道路を走り始めた。カタログに記された満タンからの航続可能距離は約377km。その実力を試すとともに、未来の生活では当たり前になるかもしれない(?)、水素補給も体感してみた。
  • 「日産リーフNISMO」がマイナーチェンジ 足まわりを中心にブラッシュアップ 2020.7.20 自動車ニュース 日産自動車がピュアEV「リーフNISMO」のマイナーチェンジモデルを発表。2020年1月にマイナーチェンジされた「リーフ」をベースに、足まわりやステアリングのセッティングを変更し、走行性能の向上を目指した。
ホームへ戻る