東京モーターショー2015

航続距離が伸びた最新型の日産リーフ登場【東京モーターショー2015】

2015.10.05 自動車ニュース

【東京モーターショー2015】航続距離が伸びた最新型の「日産リーフ」登場

日産自動車は2015年10月5日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)に、マイナーチェンジを施した電気自動車(EV)「リーフ」ほか、販売予定車種を出展すると発表した。

量産型EVの代名詞的モデル、日産リーフがマイナーチェンジ。東京モーターショーで披露される。
今回の仕様変更では、一充電あたりの航続距離が280km(車内測定値)のグレードがラインナップに加えられるとともに、衝突回避を支援する「エマージェンシーブレーキ」や「LDW(車線逸脱警報)」が全車標準装備となる。
正式発表は2015年11月、発売は同年12月が予定されている。

そのほか、東京モーターショー2015の日産ブースには、SUV「エクストレイル」のドレスアップバージョンとなる「エクストレイル ハイブリッド モードプレミア」や、「スカイライン」「フーガ」「セレナ」に装備を追加したモデルなど、計20車種が出展される見込み。

(webCG)

「日産リーフ」
「日産リーフ」 拡大

関連キーワード:
リーフ, 日産, 東京モーターショー2015, イベント, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
  • 「日産リーフ」一部仕様変更 フラットデザインの新たなブランドエンブレムに 2021.4.19 自動車ニュース 日産自動車は2021年4月19日、電気自動車「日産リーフ」の一部仕様を変更するとともに新グレード「アーバンクロム」を追加設定し、同年夏に発売すると発表した。
  • スペック的にはお買い得なのに? 「日産リーフ」が苦境を迎えている理由 2021.2.24 デイリーコラム 日本を代表する電気自動車である「日産リーフ」の販売台数がここにきて急落している。航続可能距離322kmで332万円からというスペックは、最新のライバル車と比較しても決してヒケをとらないのだが……。苦戦の理由を清水草一が考えた。
  • 新型「日産リーフ」ワールドプレミアイベントの会場から 2017.9.6 画像・写真 日産のEV「リーフ」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、一新されたデザインや400kmにまで延びたという航続距離、さらに先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げた。千葉・幕張メッセで行われたワールドプレミアイベントの様子を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.30 試乗記 やはり排気量は正義である。新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の1.5リッターモデルには、1リッターモデルに抱いたような不満がまったく感じられない。ただし、それはパワートレインに限った話で、新型全体に共通する操作系の使い勝手は人を選ぶのではないだろうか。
ホームへ戻る