東京モーターショー2015

新型トヨタ・プリウス、日本国内で初公開【東京モーターショー2015】

2015.10.08 自動車ニュース
「トヨタ・プリウス」(写真は北米仕様)
「トヨタ・プリウス」(写真は北米仕様) 拡大

【東京モーターショー2015】トヨタ、新型「プリウス」を日本国内で初公開

トヨタ自動車は2015年10月8日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)に、ハイブリッドカー「プリウス」の次期モデルを出展すると発表した。

 
新型トヨタ・プリウス、日本国内で初公開【東京モーターショー2015】の画像 拡大
 
新型トヨタ・プリウス、日本国内で初公開【東京モーターショー2015】の画像 拡大
新型「プリウス」のセンターコンソール。非接触型の充電パネルがレイアウトされている。
新型「プリウス」のセンターコンソール。非接触型の充電パネルがレイアウトされている。 拡大

2015年9月に米国ネバダ州ラスベガスで世界初公開、続いてフランクフルトショーに出展された4代目プリウス。ラテン語で“先駆け”を意味する車名にふさわしい革新的な進化を追求し、トヨタが推進するクルマづくりの構造改革「Toyota New Global Architecture(TNGA)」を初採用している。

エクステリアは、これまでのプリウスの特徴だった“トライアングルシルエット”を継承しつつ、TNGAによる低重心パッケージによって、より先進的でエモーショナルなデザインに。ルーフやボンネットの高さを現行モデル(3代目)より低く抑え、一段とスタイリッシュなシルエットを実現したという。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4540×1760×1470mmで、現行モデルに比べ60mm長く、15mm幅広く、20mm低い。2700mmのホイールベースは不変である。

熱効率を40%以上に高めたエンジン、より小型軽量化されたモーターやバッテリーなどで構成されるハイブリッドシステムは、さらなる低燃費を達成。ボディー剛性の強化やパワートレインの低重心・低配置化によって、操縦安定性と乗り心地も向上した。

安全装備も最新バージョンにアップデートされ、ミリ波レーダーと単眼カメラを用いた、歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティーをはじめとする衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」などを採用している。

日本市場においては、2015年末の発売を予定している。

(文=沼田 亨)

関連キーワード:
プリウス, トヨタ, 東京モーターショー2015, イベント, 自動車ニュース

トヨタ プリウス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • トヨタ・プリウスE(FF/CVT)【試乗記】 2016.3.7 試乗記 ちまたで大人気の新型「トヨタ・プリウス」。その廉価仕様にして、シリーズ随一の40.8km/リッター(JC08モード)を誇る“燃費スペシャル”グレードの「E」に試乗した。その走りやいかに?
  • トヨタ・プリウスα(アルファ) 7人乗り/5人乗り【試乗記】 2011.5.26 試乗記 トヨタ・プリウスα G ツーリングセレクション スカイライトパッケージ(FF/CVT)/S ツーリングセレクション(FF/CVT)
    ……400万7450円/338万6950円

    人気モデル「プリウス」よりひとまわり大きな、トヨタの最新型ハイブリッド「プリウスα」がデビュー。その実力を、7人乗りと5人乗り、ふたつのグレードで試した。
  • TOM'Sスープラ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.8 試乗記 トヨタのオフィシャルチューナーであるTOM'Sから、「トヨタ・スープラ」のコンプリートモデル「TOM'Sスープラ」が登場。レースカーかと見まがうボディーにノーマル比+120PSのハイチューンエンジンを搭載したマシンは、“通(ツウ)”をもうならせる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る