東京モーターショー2015

レクサス、高性能セダンのGS Fを国内で初披露【東京モーターショー2015】

2015.10.09 自動車ニュース
「レクサスGS F」
「レクサスGS F」 拡大

【東京モーターショー2015】レクサス、高性能セダン「GS F」を国内で初披露

トヨタ自動車は2015年10月9日、第44回東京モーターショー(開催期間:2015年10月28日~11月8日。一般公開は10月30日から)に、レクサスブランドの高性能セダン「GS F」を出展すると発表した。

「GS450h」
「GS450h」 拡大

2015年1月の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で初公開されたレクサスGS Fが、日本国内でも披露される。エンジンのサウンドやレスポンス、伸び感を大切にしたという、高性能スポーツセダンである。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4915×1855×1440mmで、ホイールベースは2850mm。専用の大型スピンドルグリルや大型エアダクトなどを装備した車体に、北米仕様では467hpを発生する5リッターV8直噴エンジンを搭載。高出力と、自然吸気エンジンならではのリニア感やレスポンスのよさを実現するとともに、定常走行域ではアトキンソンサイクルとすることで、燃費を含む環境性能も向上させた。
ダイレクトな加速が味わえる8段AT「8-Speed SPDS」を介して得られるパフォーマンスは、0-60mph(約97km/h)加速=4.4秒(北米仕様)という。

東京モーターショー2015では、GS Fのほかに、すでに北米でデビューしているマイナーチェンジ後の「GS」も出展される。こちらは、新デザインのグリルや前後ランプ、前後バンパー、より強化されたボディー、シリンダーブロックごと変更された3.5リッターV6エンジンなどが見どころ。
GS F、新型GSともに、2015年内に国内で発売される予定だ。

(文=沼田 亨)

関連キーワード:
GS F, レクサス, 東京モーターショー2015, イベント, 自動車ニュース

レクサス GS F の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスES(マイナーチェンジモデル) 2021.4.19 画像・写真 トヨタがマイナーチェンジを施した「レクサスES」を上海ショーで発表。快適性や運動性能の改善、予防安全・運転支援システムの拡充などに加え、内外装のデザインにも手が加えられている。従来モデルとは異なるその意匠を、写真で紹介する。
  • トヨタが新型「レクサスES」を世界初公開【上海ショー2021】 2021.4.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2021年4月12日、中国で開催される2021年上海モーターショー(会期:4月19日~28日)において、「レクサスLF-Zエレクトリファイド コンセプト」を展示するとともに、新型「レクサスES」を世界初披露すると発表した。
  • レクサスES300h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.11 試乗記 7代目にして初めて日本に導入されたレクサスのFFセダン「ES」に試乗。テスト車は話題の新装備「デジタルアウターミラー」が装着された最上級グレード“バージョンL”。夜明け前から日暮れまでの長いドライブで浮き彫りになった、同車の秘めた二面性とは!?
  • 「レクサスES」がマイナーチェンジ ブランドの基幹セダンが全方位的に進化 2021.8.26 自動車ニュース トヨタがレクサスブランドのFFセダン「ES」をマイナーチェンジ。シャシーの改良によって快適性と運動性能を同時に改善したほか、予防安全・運転支援システムの機能も強化。内外装のデザインも変更している。価格は599万円から715万円。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
ホームへ戻る