クラシック音楽がイメージのBMW 523d限定発売

2015.10.19 自動車ニュース
「BMW 523d マエストロ」
「BMW 523d マエストロ」 拡大

クラシック音楽の世界をイメージした「BMW 5シリーズ」限定発売

BMWジャパンは2015年10月19日、「BMW 5シリーズ」の特別仕様車「523d MAESTRO(マエストロ)」を発表した。同年11月7日に、99台限定で発売する。

 
クラシック音楽がイメージのBMW 523d限定発売の画像 拡大
トランスミッションは8段AT。センターコンソールに、シリアルナンバー入りのプレートが添えられる。
トランスミッションは8段AT。センターコンソールに、シリアルナンバー入りのプレートが添えられる。 拡大
シート地には、南ドイツ産の高級な牛革が採用されている。
シート地には、南ドイツ産の高級な牛革が採用されている。 拡大

BMW 523d マエストロは、「クラシック音楽の知的で上品な世界観」をイメージして作られた、特別限定車。最高出力184ps/4000rpmと最大トルク38.7kgm/1750-2750rpmを発生する、2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載する。

「タキシードをまとった指揮者(マエストロ)を連想させるブラックサファイアのボディーカラー」や、「楽器職人のような匠(たくみ)の技が生かされたBMW Individualの特別装備」、「オーケストラの生演奏をほうふつとさせるharman/kardonサラウンドサウンドシステム」などが、セリングポイントとされている。

これらを含む主な特別装備は、以下の通り。

・ブラックサファイア(メタリックペイント)のボディーカラー
・19インチMライトアロイホイール・ダブルスポーク・スタイリング351M
・アダプティブLEDヘッドライト(LEDハイビーム/ロービーム、LEDフロントターンインジケーター、LEDスモールライトリング、LEDアクセントライン、LEDコーナリングライト、LEDフロントサイドマーカー)
・BMW Individualアルミニウムライン
・BMW Individualエクステンド・レザー・メリノ アマロブラウン
・BMW Individualファインウッド・シカモア・レッドブラウン・ダークインテリアトリム
・harman/kardonサラウンドサウンドシステム
・フロントシートヒーティング(運転席&助手席)
・ソフトクローズドア(フロント&リア)
・オートマチック・トランクリッド・オペレーション
・マルチ・ディスプレイ・メーターパネル(ブレーキエネルギー回生システムインジケーター付き)
・専用インテリアバッジ(シリアルナンバー入り)

価格は798万円。

(webCG)

関連キーワード:
5シリーズ セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW 5シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • TOM'Sスープラ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.8 試乗記 トヨタのオフィシャルチューナーであるTOM'Sから、「トヨタ・スープラ」のコンプリートモデル「TOM'Sスープラ」が登場。レースカーかと見まがうボディーにノーマル比+120PSのハイチューンエンジンを搭載したマシンは、“通(ツウ)”をもうならせる一台に仕上がっていた。
  • 第186回:コロナバブル恐るべし 2020.7.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第186回は「コロナバブル恐るべし」。新型ウイルスの感染拡大が叫ばれるなか、中古車市場にはある変化が起きていた! ポルシェやフェラーリの価格は? マニアックな世界でささやかれる、驚きの現象について考察する。
  • 第185回:骨の髄までしゃぶり尽くせ 2020.7.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第185回は「骨の髄までしゃぶり尽くせ」。愛車の「BMW 320d」が故障し、次々と警告が発せられた! 手を尽くした先に判明した、意外な原因とは? オーナーを混乱させる結果となった、BMWの設計にモノ申す。
  • 第183回:ドイツ車はアタリが付く 2020.7.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第183回は「ドイツ車はアタリが付く」。「アウディA6」のエントリーモデル「40 TDIクワトロ」に試乗。“感動的”と称賛した「55 TFSIクワトロ」との比較を交えながら、ドイツ車ならではの味わいを再確認する。
ホームへ戻る