スポーティーな日産ジュークNISMOが復活

2015.11.20 自動車ニュース
「日産ジュークNISMO」
「日産ジュークNISMO」 拡大

スポーティーな「日産ジュークNISMO」が復活

日産自動車は2015年11月18日、クロスオーバーモデル「ジューク」の新グレード「NISMO」を発売した。

ジュークNISMOは、モータースポーツの世界で培ったエアロダイナミクステクノロジーを生かしたエクステリアや、スポーティーな仕立てのインテリアを特徴とする、ジュークのプレミアムスポーツバージョン。

同じ車名のモデルは2013年2月19日に発売されたものの、2014年11月26日に、パワーユニットや足まわりにまで専用チューンを施した高性能モデル「ジュークNISMO RS」が発売されると同時に、カタログから消滅した。
今回は、スポーティーな内外装のジュークを求める市場の声に応える形での“復活”となる。

新生ジュークNISMOのベースとなるのは、1.6リッター直4ターボエンジンを搭載する4WDモデル「16GT FOUR」。
NISMO RSと共通の18インチアルミホイールやフロントグリル、前後バンパー、オーバーフェンダーなどでエクステリアがドレスアップされる。インテリアも、専用の本革/アルカンターラ巻き3本スポークステアリングホイール(レッドセンターマーク、レッドステッチ付き)、専用スエード調シート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付き)、専用内装フィニッシャーなどで飾られる。

さらに、専用の車速感応式電動パワーステアリングや専用サスペンションも装備。スポーティーなハンドリングと上質な乗り心地、高速安定性のトータルバランスを高めたという。

価格は297万1080円。

(webCG)

関連キーワード:
ジューク, 日産, 自動車ニュース

日産 ジューク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • 日産ジューク(欧州仕様) 2014.5.20 画像・写真 日産はマイナーチェンジを施した「ジューク」(欧州仕様)の写真を公開した。
  • 専用装備でドレスアップした新型「日産ノートAUTECH」登場 2020.11.24 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2020年11月24日、コンパクトカー「日産ノート」のフルモデルチェンジに合わせ、その量販グレード「ノートX」がベースの新型「ノートAUTECH」を同年12月に発売すると発表した。
  • 日産ノート 2020.11.24 画像・写真 日産がコンパクトハッチバック「ノート」をフルモデルチェンジ。2020年11月24日、3代目となる新型を発表した。2021年に発売されるEV「アリア」とともに新生日産を代表するクルマと位置づけられる最新型の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る