トヨタ・ヴィッツに上質な内外装の特別仕様車

2015.12.01 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツF“LED Edition”」
「トヨタ・ヴィッツF“LED Edition”」 拡大

「トヨタ・ヴィッツ」に上質な内外装がポイントの特別仕様車

トヨタ自動車は2015年12月1日、コンパクトカー「ヴィッツ」の特別仕様車「F“LED Edition”」を発売した。

「ヴィッツF“LED Edition”」のインテリア。
「ヴィッツF“LED Edition”」のインテリア。 拡大
 
トヨタ・ヴィッツに上質な内外装の特別仕様車の画像 拡大
「ヴィッツF“LED Edition”」。写真は、特別設定色「ボルドーマイカメタリック」のもの。
「ヴィッツF“LED Edition”」。写真は、特別設定色「ボルドーマイカメタリック」のもの。 拡大

今回のF“LED Edition”は、エントリーモデルの「F」をベースとする特別仕様車。LEDヘッドランプセットや、メッキ加飾を施したアウトサイドドアハンドルなどで、エクステリアがドレスアップされている。

一方インテリアは、ブルーブラック&ブラックの専用ファブリックシートや、ブラックの布目調フィルムをあしらったインストゥルメントパネルオーナメント、ブルーブラックの専用ファブリックを採用したドアトリムオーナメントなどで、上質感が演出される。スマートエントリーセットも備わる。

F“LED Edition”の価格は、137万2582円(1リッターのFF車)から、163万7673円(1.3リッターの4WD車)まで。ボディーカラーは、特別設定色の「ボルドーマイカメタリック」を含む全6色が用意される。

(webCG)

関連キーワード:
ヴィッツ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヴィッツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(前編)【試乗記】 2020.7.14 試乗記 かたや、小型車の常識を変えるという「トヨタ・ヤリス」。こなた、心地よさを強くアピールする「ホンダ・フィット」。今回は、今が旬のコンパクトなハイブリッドカー2台を乗り比べ、それぞれの持ち味を浮き彫りにした。まずは先攻、新型ヤリスについてリポートする。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
  • 第662回:新天地で復活の兆し!? 「トヨタiQ」は二度死ぬ 2020.7.3 マッキナ あらモーダ! 世界各地で華々しく導入されたものの、今ひとつパッとしなかった「トヨタiQ」。しかし2020年現在、新天地を見つけて再起を図っているというウワサがある。最新の状況を大矢アキオがリポートする。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
  • 第186回:コロナバブル恐るべし 2020.7.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第186回は「コロナバブル恐るべし」。新型ウイルスの感染拡大が叫ばれるなか、中古車市場にはある変化が起きていた! ポルシェやフェラーリの価格は? マニアックな世界でささやかれる、驚きの現象について考察する。
ホームへ戻る