日産デイズ ルークスに充実装備の特別仕様車

2015.12.04 自動車ニュース
「日産デイズ ルークス ハイウェイスターX Vセレクション」(手前)と「デイズ ルークスX Vセレクション」(奥)。
「日産デイズ ルークス ハイウェイスターX Vセレクション」(手前)と「デイズ ルークスX Vセレクション」(奥)。 拡大

「日産デイズ ルークス」に充実装備の特別仕様車

日産自動車は2015年12月3日、軽トールワゴン「デイズ ルークス」に特別仕様車「Vセレクション」を設定し、販売を開始した。

「ハイウェイスターX Vセレクション」のアルミホイール。
「ハイウェイスターX Vセレクション」のアルミホイール。 拡大
「X Vセレクション」のインテリア。
「X Vセレクション」のインテリア。 拡大

今回のVセレクションは、量販グレードの「X」「ハイウェイスターX」をベースに、両側リモコンオートスライドドアやIRカットガラス、アルミホイールなどを装備した特別仕様車である。

また、ボディーカラーにはカタログモデルの設定色に加えて「オーシャンブルー」を設定。同色を選択した場合、ルーフの色はX Vセレクションではホワイト、ハイウェイスターX Vセレクションではブラックとなる。

価格は以下の通り。
・X Vセレクション(FF):149万9040円
・X Vセレクション(4WD):162万円
・ハイウェイスターX Vセレクション(FF):168万2640円
・ハイウェイスターX Vセレクション(4WD):180万4680円

(webCG)
 

関連キーワード:
デイズ ルークス, 日産, 自動車ニュース

日産 デイズ ルークス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 開発の決め手は“カバー”にあり!?
    「日産デイズ」の意外なこだわり
    2019.5.17 デイリーコラム 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。その専用仕立てのステアリングホイールは、自動車メーカーとして否定すべき“あのアイテム”を意識して作られたものだった!
  • 日産が「セレナ」「デイズ」「ルークス」に特別仕様車「アーバンクロム」を設定 2020.12.18 自動車ニュース 日産自動車が、「セレナ」「デイズ」「ルークス」の3車種に特別仕様車「アーバンクロム」を設定。ブラック基調のメッキグリルやブラックドアミラーなど、各専用装備でエクステリアの質感を向上させたモデルで、ルークスにはブラックの防水シートも装備される。
  • 日産が軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更 予防安全装備の機能を強化 2020.8.20 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更。予防安全・運転支援システムの設定を拡大するとともに、センサーにミリ波レーダーを採用し、機能を強化した。「ハイウェイスター」シリーズの安全装備の拡充や、ボディーカラーへの新色追加もトピックとなっている。
ホームへ戻る