BMW、「5シリーズ」のハイブリッド車を出展

2011.11.15 輸入車

BMW、「5シリーズ」のハイブリッド車を世界初公開

BMWジャパンは、2011年11月30日のプレスデイで開幕する第42回東京モーターショーに、「5シリーズセダン」のハイブリッド車「アクティブハイブリッド5」を出展すると発表した。

■日本導入は2012年第2四半期

BMWは、「アクティブハイブリッド5」を東京モーターショーで世界初公開する。「アクティブハイブリッド7」「アクティブハイブリッドX6」に続く同社3番目のハイブリッドモデルは、BMWの量産ハイブリッド車として初の、直6エンジンにモーターを組み合わせたパワーユニットを搭載する。

「アクティブハイブリッド5」のハイブリッドシステムは、エンジンが3リッター直6ターボにダウンサイズされているだけでなく、それに組み合わされるモーターや制御システムも従来のものと異なる。2モーター式の「アクティブハイブリッドX6」とはシステム構造が違い、「アクティブハイブリッド7」と比べると、シングルモーターである点と8段ATが組み合わされる点は共通するが、モーターの出力とトルクは「7」が20psと16.6kgmであるのに対し、「5」では55psと21.4kgmへと増大。モーターの果たす役割がより大きくなっている。

さらに「5」では、その高出力モーターで、最大60km/hまでのゼロエミッション走行(EV走行)が可能となっており、これも「7」にはなかった特徴である。

このシステムによりアクティブハイブリッド5は、6.4リッター/100km(=15.6km/リッター)の燃費(欧州テストサイクルによる数値)を達成。同じエンジンを搭載する「535i」比で約20%の燃費向上を実現している。

なおBMWジャパンでは、2012年第2四半期にアクティブハイブリッド5の発売を予定しているとのこと。

(webCG 曽宮)

「アクティブハイブリッド5」
「アクティブハイブリッド5」 拡大
「アクティブハイブリッド5」には、BMWのハイブリッド車として初めて右ハンドル仕様が設定される。
「アクティブハイブリッド5」には、BMWのハイブリッド車として初めて右ハンドル仕様が設定される。 拡大
 
BMW、「5シリーズ」のハイブリッド車を出展の画像 拡大
 
BMW、「5シリーズ」のハイブリッド車を出展の画像 拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW X7 M50i(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.16 試乗記 巨大な“キドニーグリル”と圧倒的なボディーサイズが特徴の「BMW X7」。ハイパフォーマンスとラグジュアリーな世界観を両立させたという最上級SUVの実力を確かめるために、トップモデル「M50i」をロングドライブに連れ出した。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • BMW 740d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.3 試乗記 BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」に、クリーンディーゼルと4WDシステムを搭載した「740d xDrive」が登場。新世代のドライブトレインが生み出すその走りを、東京ー群馬往復400km超のロングドライブで確かめた。
ホームへ戻る