ロールス・ロイス・ドーンの国内受注がスタート

2016.01.22 自動車ニュース
「ロールス・ロイス・ドーン」
「ロールス・ロイス・ドーン」 拡大

ロールス・ロイスの新型オープン「ドーン」の受注始まる

ロールス・ロイス・モーター・カーズは2016年1月21日、2ドアのオープンモデル「ロールス・ロイス・ドーン」の予約注文受付を開始した。

ロールス・ロイスのドーンは、クーペの「レイス」をベースとする4シーターのコンバーチブル。全長×全幅×全高=5295×1945×1500mm、ホイールベース=3110mmという、大柄なオープンカーである。車重は2640kg。

ソフトトップは電動式で、車速が50km/h以下であれば走行中でも開閉できる。全開の状態から完全に閉じるまでの所用時間は、20秒程度と伝えられる。

左右のドアは、レイスと同じ後ろヒンジの前開き。万が一、車体が横転する事態となった場合には、後席のヘッドレスト後ろ側に組み込まれたロールオーバー保護システムが作動し、安全を確保する。

エンジンは、レイスと同様の6.6リッターV12。最高出力と最大トルクは、レイスの632ps/5600rpm、81.6kgm/1500-5500rpmに対して、やや控えめな570ps/5250rpmと79.6kgm/1500-5000rpmとなっているものの、0-100km/h加速を4.9秒でこなす。最高速度は、リミッターで制限される250km/h。

10.25インチディスプレイやタッチパッドからなるインフォテインメントシステムや、熱源感知システム付きのヘッドアップディスプレイ、オートマチックハイビームといった装備も見どころとなっている。

ドーンの価格は、レイスよりも357万円高の3740万円。デリバリーの開始時期は、2016年の第2四半期(4~6月)が予定されている。

(webCG)

→「ロールス・ロイス・ドーン」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
ドーン, ロールス・ロイス, 自動車ニュース

ロールス・ロイス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ドーン(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.13 試乗記 ロールス・ロイスがラインナップする豪華絢爛なドロップヘッドクーペ「ドーン」。全長は5.3m、エンジンは12気筒ツインターボという巨艦でオープンエアを味わうというのは、いったいどのような行為なのか? 類例のないその体験を報告する。
  • ロールス・ロイス・ベイサイド ドーン エアロカウリング 2019.7.26 画像・写真 ロールス・ロイス・モーター・カーズ横浜が、海をモチーフにした「ロールス・ロイス・ドーン」のビスポークモデル「ベイサイド ドーン エアロカウリング」を発表。最先端の高級ヨットやスピードボートにインスパイアされたという、特別なドーンを写真で紹介する。
  • ロールス・ロイス・カリナン(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.10.19 試乗記 ロールス・ロイス初のSUVは、単なる“SUVブームの産物”なのか? 北米で試乗した「カリナン」は、そんな思いを吹き飛ばすほどの実力と将来性、そして老舗高級ブランドならではのマナーを兼ね備えていた。
  • ロールス・ロイス・カリナン 2018.5.11 画像・写真 2018年5月10日(英国現地時間)、「ラグジュアリーな正統派オフロード走行を実現する」とうたわれる、ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」がデビューした。その姿を写真で紹介する。
  • ロールス・ロイスが新型「ファントム」を発表 2017.7.28 自動車ニュース 英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2017年7月27日(現地時間)、新型「ファントム」を発表した。ファントムはロールス・ロイスのフラッグシップサルーンである。約14年ぶりにフルモデルチェンジされた新型は、通算で8代目のモデルとなる。
ホームへ戻る