レクサスLC500hの概要が明らかに【ジュネーブショー2016】

2016.02.19 自動車ニュース
「レクサスLC500h」
「レクサスLC500h」 拡大

【ジュネーブショー2016】ハイブリッドクーペ「レクサスLC500h」の概要が明らかに

トヨタ自動車は2016年2月18日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500h」の概要を発表した。

■見どころは“マルチステージハイブリッドシステム”

レクサスLC500hは、2016年1月の北米国際自動車ショー(通称デトロイトモーターショー)で初公開された「レクサスLC」の、ハイブリッドバージョン。同年3月に開催される第86回ジュネーブモーターショーへの出展が予定されている。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4760×1920×1345mmで、ホイールベースは2870mm(数値は全て欧州仕様車のもの。以下同じ)。フロントのサスペンションタワーやフロントフェンダー、ドアパネルにアルミニウムを、ルーフおよびドアパネル内側、バックドアにはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用することで、低重心化とヨー慣性モーメントの低減が図られている。

「マルチステージハイブリッドシステム」と名付けられた動力機構は、3.5リッターV6ガソリンエンジン(最高出力299ps/6600rpm、最大トルク35.5kgm/4900rpm)に2つの電動モーターと有段ギアの自動変速機構を組み合わせたもの。システム全体で、最高出力359psを発生する。エンジンとモーター、両方の出力を制御しつつ、低速域から高速域までシステム効率の高い動作点を選択、EV走行の領域も拡大することで、エモーショナルな走りと低燃費かつ快適なクルージングを両立させるという。
ハイブリッドシステムにマニュアル感覚のドライブを可能とする「Mモード」が備わるのも、特徴のひとつだ。

そのほか、艶やかな曲面とシャープなラインで構成されるロー&ワイドなエクステリアや、クラフトマンシップにこだわったインテリア、ボディー骨格も考慮した上で開発したオーディオシステム、予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」などもセリングポイントとなっている。

LC500hの日本市場における発売時期は、ガソリンエンジン車の「LC500」と同様に、2017年春ごろとなる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
LC, レクサス, 自動車ニュース

レクサス LC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • トヨタ・スープラRZ“ホライズンブルーエディション”(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.24 試乗記 デビューからわずか1年余りで、エンジンのパワーアップを伴う大きな改良を受けた「トヨタ・スープラRZ」。“いいものがあれば即座に使う”というGRならではのクルマづくりは、3リッター直6ターボの高性能スポーツカーに、劇的な進化をもたらしていた。
  • レクサスISプロトタイプ【試乗記】 2020.8.17 試乗記 2020年秋の発売が予告されている、改良型の「レクサスIS」。登場から7年を経てのマイナーチェンジでその走りはどう変わったのか? クローズドコースで3モデルのプロトタイプに試乗し、実力を確かめた。
  • 日産フェアレディZ プロトタイプ 2020.9.16 画像・写真 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。S30型と呼ばれる初代を筆頭に、歴代Zのモチーフを取り入れたというそのデザインは、7代目となる次期型フェアレディZにも踏襲されるという。同車の姿を、内覧会の様子とともに写真で紹介する。
  • 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を発表 伝統のロングノーズにV6ターボを搭載 2020.9.16 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。7代目となる新型「フェアレディZ」のデザインを示唆するモデルで、初代をほうふつさせるエクステリアが特徴。パワートレインは、V6ツインターボエンジンと6段MTを組み合わせているという。
ホームへ戻る