レクサスLC500hの概要が明らかに【ジュネーブショー2016】

2016.02.19 自動車ニュース
「レクサスLC500h」
「レクサスLC500h」 拡大

【ジュネーブショー2016】ハイブリッドクーペ「レクサスLC500h」の概要が明らかに

トヨタ自動車は2016年2月18日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500h」の概要を発表した。

■見どころは“マルチステージハイブリッドシステム”

レクサスLC500hは、2016年1月の北米国際自動車ショー(通称デトロイトモーターショー)で初公開された「レクサスLC」の、ハイブリッドバージョン。同年3月に開催される第86回ジュネーブモーターショーへの出展が予定されている。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4760×1920×1345mmで、ホイールベースは2870mm(数値は全て欧州仕様車のもの。以下同じ)。フロントのサスペンションタワーやフロントフェンダー、ドアパネルにアルミニウムを、ルーフおよびドアパネル内側、バックドアにはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用することで、低重心化とヨー慣性モーメントの低減が図られている。

「マルチステージハイブリッドシステム」と名付けられた動力機構は、3.5リッターV6ガソリンエンジン(最高出力299ps/6600rpm、最大トルク35.5kgm/4900rpm)に2つの電動モーターと有段ギアの自動変速機構を組み合わせたもの。システム全体で、最高出力359psを発生する。エンジンとモーター、両方の出力を制御しつつ、低速域から高速域までシステム効率の高い動作点を選択、EV走行の領域も拡大することで、エモーショナルな走りと低燃費かつ快適なクルージングを両立させるという。
ハイブリッドシステムにマニュアル感覚のドライブを可能とする「Mモード」が備わるのも、特徴のひとつだ。

そのほか、艶やかな曲面とシャープなラインで構成されるロー&ワイドなエクステリアや、クラフトマンシップにこだわったインテリア、ボディー骨格も考慮した上で開発したオーディオシステム、予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」などもセリングポイントとなっている。

LC500hの日本市場における発売時期は、ガソリンエンジン車の「LC500」と同様に、2017年春ごろとなる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
LC, レクサス, 自動車ニュース

レクサス LC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300/ディフェンダー90 HSE P300【試乗記】 2021.7.15 試乗記 ランドローバーの本格クロスカントリーモデル「ディフェンダー」に、魅力的な2つの仕様が追加された。3ドア・ショートボディーの「90」と、最大トルク650N・mを誇る3リッター直6ディーゼル。日本に導入されたばかりの、両モデルの走りをリポートする。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.1 試乗記 「アウディRS 5クーペ」は、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系ともいうべきモデル。最高出力450PSのパワーユニットと40年にわたって磨きをかけられた4WDシャシーが織りなす走りを、ワインディングロードで味わった。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.12.2 試乗記 レクサスの最上級スペシャリティーモデル「LC」に、待望の「コンバーチブル」が登場。満を持してリリースされた、現行レクサスで唯一のオープントップモデルは、ライバルとは趣を異にする“ユニークな魅力”の持ち主だった。
ホームへ戻る