日産、GT-Rの2017年モデルを国内初披露

2016.04.01 自動車ニュース

「日産GT-R」(2017年モデル)


	「日産GT-R」(2017年モデル)
	拡大

日産、「GT-R」の2017年モデルを国内初披露

日産自動車は2016年4月1日、ハイパフォーマンスカー「GT-R」の2017年モデルを、国内で初めて公開した。

ニューヨーク国際オートショー(会期:2016年3月23日~4月3日)で世界初公開された日産GT-Rの2017年モデルが、日本国内で初めて披露された。

既報の通り、2017年モデルのGT-Rには、従来の年次改良よりも大幅な仕様変更が施されており、走行性能のみならず洗練性の向上も図られている。(関連ニュース

具体的な変更点は、空力性能を向上させるべく手直しされたエクステリアや、水平基調の意匠が採用されたインストゥルメントパネル、シフトパドルや車両設定スイッチなどの操作系、パワーアップしたエンジン、ボディー剛性の向上とともにリファインされた足まわり、そして“音”の演出などである。

披露会であいさつに立った、日産自動車代表取締役CCOの西川廣人氏は、この最新モデルを「日産の“ものづくりパッション”を詰め込んで開発した、特別なクルマ」と紹介。同じ日、同社の入社式もGT-Rの前で行い、新入社員を鼓舞したというエピソードを披露した。

GT-Rの2017年モデルの正式発表は、2016年夏ごろになる予定だ。

(webCG)

→2017年型GT-Rのフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
GT-R, 日産, 自動車ニュース

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2021.1.16 画像・写真 日産が「GT-R50 by Italdesign」のテストカーを東京・銀座の「NISSAN CROSSING」に展示。「GT-R NISMO」をベースに伊イタルデザインと共同開発したモデルで、2021年中旬より順次納車が開始されるという。世界限定50台のスペシャルモデルを、写真で紹介する。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る