ダイハツ・コペンに黒と赤のツートン仕様登場

2016.04.04 自動車ニュース
「カラーフォーメーション type A」が選択された「ダイハツ・コペン ローブ」。
「カラーフォーメーション type A」が選択された「ダイハツ・コペン ローブ」。 拡大

ダイハツが「コペン」を一部改良 黒と赤のツートンカラーを設定

ダイハツ工業は2016年4月4日、軽規格のオープンカー「コペン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「カラーフォーメーション type A」が選択された「ダイハツ・コペン ローブ」のリアビュー。
「カラーフォーメーション type A」が選択された「ダイハツ・コペン ローブ」のリアビュー。 拡大
「レッドインテリアパック」
「レッドインテリアパック」 拡大
アルミホイールについては、写真の2種類のデザインが各モデルで選択可能となった。
アルミホイールについては、写真の2種類のデザインが各モデルで選択可能となった。 拡大

今回の改良では、樹脂外板パーツの塗り分けによるツートンカラー仕様「カラーフォーメーション type A」を「ローブ」「ローブS」に設定した。具体的には、車体色は「ブラックマイカメタリック」とし、フロントグリル、左右のロッカー、リアバンパーに「マタドールレッドパール」を採用。内装には赤いインパネガーニッシュやシート、ドアトリムからなる「レッドインテリアパック」を用いている。

また既存のオプションについても適応車種を拡大。ローブと「セロ」用のアルミホイールを「エクスプレイ」でも、またエクスプレイ用のアルミホイールをローブとセロでも選択可能としたほか、ローブ、セロ、エクスプレイの全車にレッドインテリアパックと「ブラックインテリアパック」「ベージュインテリアパック」を設定した。

装備の強化も図っており、マルチリフレクターハロゲンフォグランプや、ステアリングスイッチとインパネオーディオクラスターからなる「純正ナビ・オーディオ装着用アップグレードパック」を全車に標準で採用。カラーバリエーションについては、これまでローブ専用のボディーカラーだった「リキッドシルバーメタリック」をセロにも設定したほか、内装のインパネ・トリム基調色を全車ブラックに統一した。

価格は以下の通り。
・ローブ:185万2200円(CVT)/187万3800円(5MT)
・ローブS:205万2000円(CVT)/207万3600円(5MT)
・エクスプレイ:185万2200円(CVT)/187万3800円(5MT)
・エクスプレイS:205万2000円(CVT)/207万3600円(5MT)
・セロ:190万6200円(CVT)/192万7800円(5MT)
・セロS:210万6000円(CVT)/212万7600円(5MT)

(webCG)
 

関連キーワード:
コペン ローブ, コペン, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・コペン スパイダーVer./ハイゼット ジャンボ スポルツァVer. 2021.1.13 画像・写真 ダイハツが「バーチャルオートサロン2021」の出展車両を公開。披露された4台のコンセプトモデルの中から、まずはスパイダースタイルの「コペン スパイダーVer.」と、レーシーな「ハイゼット ジャンボ スポルツァVer.」を写真で紹介する。
  • 第210回:カーマニア最後の桃源郷 2021.7.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。愛車4台がすべて後輪駆動となったいま、カーマニアとして「人生の目的は達した」はずなのだが、なぜかココロは満たされない。その足りない何かに気づき、中古車サイトで検索したのは、まさかの“軽トラ”だった!
  • ルノー・カングー リミテッド ディーゼルMT(FF/6MT)【試乗記】 2021.7.19 試乗記 長く愛されてきた2代目「ルノー・カングー」の最終ロットがいよいよ日本上陸。しかもその中身は、最後にして最初となるディーゼルエンジン搭載モデルである。そしてこの希少な初物では、カングーの美点がガソリンモデル以上に味わえるのだからたまらない。
  • 何がライバルと違うのか? 「ゴルフ」が“基準のクルマ”とされるワケ 2021.7.12 デイリーコラム 1974年の初代誕生以来、FFハッチバック車のお手本とされてきた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。同カテゴリーの元祖でもないのに、かくも高く評価されているのはなぜか? その決定的なポイントについてリポートする。
  • ホンダ・ヴェゼルG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.7.12 試乗記 電動化! ハイブリッド! で攻勢をかけている新型「ホンダ・ヴェゼル」だが、注目度の低い(?)純ガソリンエンジン搭載モデルがあるのをご存じだろうか。この最廉価グレードはヴェゼルファンに対するホンダの良心か、それとも……?
ホームへ戻る