レクサス、マイナーチェンジしたISを披露【北京ショー2016】

2016.04.25 自動車ニュース
「レクサスIS」
「レクサスIS」 拡大

【北京ショー2016】マイナーチェンジしたレクサスISが北京でデビュー

トヨタ自動車は2016年4月25日、北京モーターショー2016(プレスデー:4月25日~26日、一般公開日:4月29日~5月4日)において、レクサスブランドのスポーツセダン「IS」のマイナーチェンジモデルを公開した。

今回のマイナーチェンジでは、“Aggressive Sports”をキーワードに、フロントグリルやヘッドランプ、リアコンビネーションランプ、フロントバンパー、リアバンパー、エキゾーストパイプなどの形状を変更。ISが本来持つ力強くスポーティーなイメージを、一段と際立たせたという。

インテリアについては、10.3インチに大型化したマルチメディアディスプレイを採用したほか、スタートスイッチが押しやすい角度になるようメーターフードを調整。さらにフードステッチの通し方を変更することで、スポーティーさを演出した。ヒーターコントロールパネルとオーディオパネルは、ヘアライン調の意匠を採用した上で、大型化した二―パッドで両端から挟み込む構成に。カップホルダーの使い勝手やアナログクロックの視認性についても向上が図られている。

衝突回避支援タイプの「プリクラッシュセーフティ」や、ステアリング振動機能付きレーンディパーチャーアラートなどからなる、最新の予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」が採用されたのもトピックだ。

新型レクサスISの日本における発売時期は、2016年秋ごろになる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
IS, レクサス, 北京モーターショー2016, イベント, 自動車ニュース

レクサス IS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスISプロトタイプ【試乗記】 2020.8.17 試乗記 2020年秋の発売が予告されている、改良型の「レクサスIS」。登場から7年を経てのマイナーチェンジでその走りはどう変わったのか? クローズドコースで3モデルのプロトタイプに試乗し、実力を確かめた。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • 「レクサスLS」のマイナーチェンジモデル発売 静粛性と乗り心地を改善 2020.11.19 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年11月19日、レクサスブランドのフラッグシップサルーン「LS」のマイナーチェンジモデルを発売した。静粛性や乗り心地の改善に加えて、先進運転支援システムの強化を図っている。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • レクサスLSプロトタイプ【試乗記】 2020.11.6 試乗記 レクサスの最上級セダン「LS」が、現行モデルの登場から3年を迎えて大幅な改良を受けた。運転支援システムやドライブフィールにみる進化のポイントを解説するとともに、クローズドコースで確かめたその出来栄えを報告する。
ホームへ戻る