アストン、ザガートとの最新コンセプトカーを披露

2016.05.20 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート コンセプト」
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート コンセプト」 拡大

英アストンマーティンは2016年5月20日、イタリアで開催されるヒストリックカーイベント「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」(開催期間:2016年5月21日~22日)で「ヴァンキッシュ ザガート コンセプト」を公開すると発表した。

■アストンの“最新モード”とザガートの伝統を身にまとう

ヴァンキッシュ ザガート コンセプトは、アストンマーティンとイタリアンカロッツェリアのザガートによるコラボレーションモデルの最新作。両社の共作は1960年発表の「DB4GTザガート」以来、これで5作目となる。

デザインは、両社のデザインチームが密接なコラボレーションの下で手掛けた。エンジニアリングと開発については、イギリス・ゲイドンのアストンマーティン本社が行った。ボディーはカーボンファイバー製。大きな1ピースパネルを使うことにより、パネルの継ぎ目に現れる分割線を大幅に減らす工夫を施している。

エクステリアデザインでは、「One-77」由来のドアミラーや、「DB11」の流れをくむ彫刻的なリアエンド、リトラクタブルスポイラー、リアハッチなどに、アストンマーティンの現代的なデザイン要素が見て取れる。

ガラスエリアは鋭角的にボディーに回り込み、アグレッシブさを表現している。また、フロントホイールアーチの後方にはアストンマーティンデザインの象徴であるサイドストレーキ(フィン状の造形)が設けられている。

ルーフには、ザガートのアイコン的なデザイン処理であるダブルバブル(ルーフパネルが左右で盛り上がっている)が採用されている。ルーフラインはなだらかに後方に流れてリアウィンドウを形成し、特徴的なシルエットを作り出している。このアグレッシブなエクステリアに見合うようにと、自然吸気V12エンジンは600psまで強化された。

インテリアではアストンマーティンのクラフトマンシップが表現されており、ダッシュボードはヘリンボーンカーボンファイバーやアルマイト処理されたブロンズ、アニリンレザーなどを組み合わせている。また、ザガートのイニシャルである「Z」マークが、シートのヘッドレストにはエンボス加工で、センターコンソールにはステッチで記されているほか、シートの側面やドア部には「Z」をかたどったユニークなキルティングがあしらわれている。

(webCG)

関連キーワード:
ヴァンキッシュ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン ヴァンキッシュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
ホームへ戻る