フェラーリ・カリフォルニアT(後編)

2016.06.02 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「フェラーリ・カリフォルニアT」に試乗する。3.9リッターのV8ターボユニットの力強さと洗練されたフィールに感銘を受けた谷口。雨の箱根でFRの跳ね馬に挑むも、そう簡単に乗りこなさせてはもらえなかった……。

限界を教えてくれない!?

カリフォルニアTに搭載されるV8 3.9リッターエンジンはフェラーリの新時代を告げるターボチャージャー付き。同じ流れをくむエンジンが「488GTB」にも搭載されているが、ちまたでは過給エンジンの回転フィールやエキゾーストノートについてさまざまな議論が交わされている。その意味では、いま最もエポックメイキングなパワーユニットといえなくもないが、谷口は560ps/7500rpmと77.0kgm/4750rpmを生み出すこのエンジンを大いに気に入ったようだった。

「いま、そこをちょっと走りだしたくらいでも、すごい力強さを感じる。全然アクセルを踏んだわけじゃないんですよ。ちょっと踏んだだけ。そんなふうにすーっと走っていくだけでも、ものすごい分厚いトルク感がある。馬にたとえると、サラブレッドみたいに華奢(きゃしゃ)な競走馬じゃなくて、『北斗の拳』のラオウの愛馬みたいな、ぶっとい感じ。本当に力強いですね」

「しかも、回していってもターボラグとかは全然感じない。というか、ターボくささが全然しないですよね、このエンジンは」
そこに、前編で褒めちぎったギアボックスが組み合わされるわけだから、パワートレインが絶品であることは間違いなさそうだ。
「だからね、あんまり飛ばしてなくても気持ちよくて、すっごい上等なクルマに乗っているって感触がヒシヒシと伝わってくるんですよ」

それでも谷口は全然攻める気にならなかったと前編の冒頭で述べている。なぜだろうか?
「クルマのほうから『もっと攻めても大丈夫ですよ』みたいな信号を全然出してくれていない。もしかすると、本当は攻めてもちゃんと耐えてくれるかもしれないんですよ。でも、それをクルマが教えてくれている感じがしない。少なくとも僕にはわかりませんでした」

もっとも、フェラーリが持つ“特別さ”が、谷口をそんな気持ちにさせたのではないかとの推測も成り立つ。
「まあ、正直、車両の値段は関係しているかもしれませんね。それに、運転していてなんともいえない刺激感もあるから、いきなり乗ってポンと限界まで攻めようという気にはなりませんでした」

 
フェラーリ・カリフォルニアT(後編)の画像 拡大
 
フェラーリ・カリフォルニアT(後編)の画像 拡大
 
フェラーリ・カリフォルニアT(後編)の画像 拡大
フェラーリ・カリフォルニアT テーラーメイド
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4570×1910×1322mm/ホイールベース:2670mm/車重:1625kg/駆動方式:FR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:560ps(412kW)/7500rpm/最大トルク:77.0kgm(755Nm)/4750rpm/タイヤ:(前)245/35R20 (後)285/35R20/車両本体価格:2450万円/テスト車=3519万400円
フェラーリ・カリフォルニアT テーラーメイド
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4570×1910×1322mm/ホイールベース:2670mm/車重:1625kg/駆動方式:FR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:560ps(412kW)/7500rpm/最大トルク:77.0kgm(755Nm)/4750rpm/タイヤ:(前)245/35R20 (後)285/35R20/車両本体価格:2450万円/テスト車=3519万400円 拡大
 
フェラーリ・カリフォルニアT(後編)の画像 拡大

関連キーワード:
カリフォルニア, フェラーリ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【海外試乗記】 2018.3.7 試乗記 フェラーリの新しいV8GT「ポルトフィーノ」に南イタリアで試乗した。この「カリフォルニアT」の後継モデルは、グランツーリスモとして一段と洗練されていただけでなく、跳ね馬の名に恥じない熱い走りを備えていた。
  • 東京オートサロン2020展示車両(その11) 2020.1.12 画像・写真 日本車ベースのカスタマイズカーが数多く出展される東京オートサロン。しかしその中にあっても、イタリアンスーパーカーは特別な存在として来場者の視線を集めていた。大口径ホイールでカスタマイズされたTWSブースのフェラーリを写真で紹介する。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
ホームへ戻る